平成26年11月27日(木) 1、志津霊園区間道路開通記念式典 2、国立歴史民俗博物館用写真撮影

1、 9:30
都市計画道路勝田台長熊線開通式
場所; 志津霊園

本日、佐倉都市計画道路勝田台長熊線(志津霊園区間) の開通式を、多数のご来賓や市民の皆様のご臨席を頂き、開催いたしました。

都市計画策定から49年、土地買収交渉開始から32年、訴訟開始から20年が経過し住民の皆様には大変なご不便、ご不安をお掛けし、多くの市民の皆さんにご心配を、おかけしましたが、本日無事開通いたしました。

今後二度と、いわゆる「志津霊園問題」のような問題を起こさぬよう、市職員一丸となって、市勢発展のために努力していく覚悟を新たにしました。

近隣にお住まいの方々が、大変喜んで頂いている姿を見て、私自身も、今後どんなに困難に直面しても、市民を第一に考え、市民の喜ぶ姿を目指して、努力して参ることを改めて、心に誓いました。

これで、これまでの、市の負の遺産をほぼ一掃出来たわけで、これからは将来に希望の持てる「ふるさと佐倉」の創造を図るべく、粉骨砕身頑張って参ります。

2、 14:00
歴博企画展用写真撮影
場所; 旧平井家住宅、佐倉市新町

国立歴史民俗博物館が平成27年3月から企画展「大ニセモノ博覧会ー贋造と模倣の文化史ー」を開催する予定です。

これは、近世において、レプリカや贋作にも文化があったことをコンセプトにした展示とのこと。

本日は、当時の商家が掛軸や屏風の偽物を使用して客をもてなした場面の再現を行おうというもので、佐倉市に寄贈された旧平井家住宅を使って、撮影を行いましたが、久留島館長、他職員の皆さんと、写真撮影に協力しました。