平成30年9月1日(土) 1、イースタンリーグ 千葉ロッテマリーンズ対読売ジャイアンツ 2、東京大学農学部農家実習閉校式

1、イースタンリーグ公式戦
千葉ロッテマリーンズvs読売ジャイアンツ
場所; 長嶋茂雄記念岩名球場

佐倉市は本年1月に締結した、千葉ロッテマリーンズとの「ALL for CHIBA フレンドシップ協定」に基づき、6月17日にZOZOマリンスタジアムに於いて、読売ジャイアンツとの一軍交流戦を佐倉市デー」として開催して頂きました。

当日は、千葉ロッテマリーンズの選手の皆さんに佐倉市名ロゴ入りのユニフォームを着用して頂きました。

本日のイースタンリーグ、ロッテマリーンズ対読売ジャイアンツ戦においても、同じロゴ入りのユニフォームを着て、試合に臨んで頂きました。

佐倉市の少年野球チームの皆さん500名も招待致しました。

佐倉市と致しましては、今後もプロ野球公式戦の誘致をはじめ、長嶋茂雄読売巨人軍終身名誉監督の少年野球教室等の開催により、野球を通じて、佐倉市を盛り上げて参りたいと考えております。


2、東京大学農学部農家実習閉講式
場所; リッチタイム

本日、3泊4日の農家実習を終了し閉講式を行いました。
学生の皆さんは、日々の農作業を始め、集出荷の手伝い、家畜の世話や農業機械の運転など、農業体験を通して、大学では学ぶことの出来ない貴重な経験が出来たことと思います。

受け入れ農家の皆様には、農繁期の大変お忙しい時期にも関わらず、学生の皆さんを受け入れ、我が子同然にお世話をして頂いたことは、学生の皆さんの一生の思い出となるものと思っております。

学生の皆さんには、実習を受け入れて下さった農家の皆さんのことや、「佐倉の豊かな自然」は農家の方々が、食料を供給する役割だけでなく、その生産活動を通して、国土の保全、水源の涵養、生物多様性の保全、良好な景観の形成など、様々な役割を担って下さっており、その効果は地域住民を始め国民全体が享受していることを、心に留め置いて頂けると、嬉しく思います。

この農家実習を通して習得した知識・技術・経験をフルに活かし、日本の農業・農村づくりを先導し、地域農業を支える人材に成長して頂くことを切に願っております。