平成30年4月24日(火) 1、郵便局との協定締結式 2、聖隷佐倉市民病院第4期増築起工式 3、吉見藤棚視察

1、郵便局との協定締結式
場所; 応接室

本日、郵便局の「見守りサービス」をふるさと納税の返礼品とすることに関する協定を締結いたしました。

これまでも、不法投棄や道路の損傷などに係る情報連携体制の構築を行って頂いております。

今後とも、郵便局との連携を深め、地域課題解決の一助として参りたいと考えております。


2、聖隷佐倉市民病院第4期増築起工式
場所; 聖隷佐倉市民病院

聖隷佐倉市民病院の第4期工事起工式にお招き頂きました。

今回の工事は、新病棟、手術棟の増築をされると伺いました。
当病では、入院患者、外来患者とも、年々増加傾向にある中で、より一層地域医療の充実に繋がるものと期待しております。

今後とも、地域医療の向上にご貢献頂きたいと願っております。


3、吉見藤棚(市保存樹)視察
場所; 栗原邸

本日は、佐倉市吉見の農業、栗原隆さん宅の藤棚を拝見させて頂きました。樹齢70年を越える立派な枝ぶりが、丁度満開の時期を迎えておりました。

藤は日本固有種だそうで、本州、四国、九州に分布するマメ科の落葉木本(もくほん)です。木本とは、根の露出部が年々発達した多年生植物で、枯死しなくなることから、(不死=フジ)と呼ばれるようになったということです。

栗原さん宅の藤は、市の名木・古木に選定しており、日頃からその管理にお骨折り頂いております。

栗原さん宅の近くに有る光の子保育園の子供達も見に来ているとのことでした。