平成29年3月5日(日)1、佐倉市少年野球春季大会開会式 2、佐倉市綱引き大会 3、 国立歴史民俗博物館講演会

1、佐倉市少年野球春季大会開会式
場所; 岩名第ニ球場

佐倉市春季少年野球大会が開幕しました。いよいよ球春到来です。

この少年野球大会からは、読売ジャイアンツの重信選手、オリックスの小林投手、ロッテの島投手が巣立って行きました。

現在の野球少年からも、この3選手に続いて、プロ野球で活躍する選手が誕生してくれることを期待しています。

監督、コーチの皆様の御尽力に感謝致します。


2、佐倉市綱引き大会
場所; 佐倉市立体育館

佐倉市青少年相談員協議会の皆様のご尽力により、第30回綱引き大会が開催されました。

綱引きは一本の綱を相互に引き合うシンプルなスポーツですが、かつてはオリンピックの競技であったように、力まかせでは勝てない、集中力やチームワークを必要とする奥の深いスポーツです。

本日は、選手の皆さんに於かれては、怪我の無いように、綱引きに取組んで頂くと共に、他校の選手とも交流を深め、思い出に残る大会にして頂きたいと思っています。


3、歴史民俗博物館久留島館長講演
場所; 歴博講堂

佐倉市は昨年、城下町佐倉として、日本遺産に認定されました。日本遺産を構成する文化財として、国立歴史民俗博物館が立地する佐倉城跡があります。
このようなことから、昨年、佐倉市と国立歴史民俗博物館が連携協定を締結しました。

本日は、1周年を記念して、久留島館長より「近世社会の特質についてー今、近世社会からどのようなことを学ぶことが出来るか?」というテーマでご講演いただきました。

明治維新に始まる近代の前提となった江戸時代後半の地域社会、民衆社会の成熟について、さらには民衆の視点で作られた館内の第3展示室について、お話をいただきました。