平成29年1月11日(水) 国立歴史民俗博物館特集企画展開会式 場所; 歴博展示室

前列右から6番目
 台北駐日経済文化代表處 謝 長廷 代表
中央(右から5番目)
 国立台湾歴史博物館 王 長華 館長
右から4番目
 国立歴史民俗博物館 久留島館長
右から2番目
 蕨 佐倉市長

台湾と日本の歴史の中の震災にスポットを当てる特集展示「日本と台湾ー震災史とともにたどる近現代ー」が歴博で開催されました。

久留島館長は「日本と台湾の歴史的地震は連動しているのが明らかだが、それに注目した展示はこれまでなかった。」とその意義を強調されました。

首都直下地震発生の可能性が高まっている現況下、誠に時宜を得た展示となりました。