月別アーカイブ: 2018年10月

平成30年10月31日(水) 佐倉市八街市酒々井町消防組合行政視察 場所; 消防庁消防大学校消防研究センター

>昨今、全国の消防機関等が導入している「災害活動用ドローン」の情報収集を目的として、消防庁消防大学校消防研究センターを視察しました。

近年、予測不可能な大規模自然災害や大地震が発生している中で、災害現場での情報収集や人命救助活動を実施する上で、極めて有効な資機材としてドローンが活用されています。

本日の視察を契機としまして、住民の安全安心を守り、迅速な災害活動を行う為、災害活動用ドローンの活用をさらに研究して参りたいと考えております。


消防研究センターでの説明内容は以下の通りでした。

1、ドローン技術に関する研究開発の動向と消防分野における利活用の状況

2、ドローンの災害現場への適用、実例について

3、屋外救助実験

平成30年10月30日(火) 1、児童相談所視察 2、千葉県市長会定例会 3、千葉県市長会意見交換会

1、児童相談所視察
場所; 千葉県中央児童相談所

佐倉市を始め成田市、八千代市等県内12市町を管轄する千葉県中央児童相談所を訪問しました。

所長より児童相談所の業務について説明頂いた後、親元から一時的に保護されている子供達が生活している施設内を見学させて頂きました。

児童相談所では、保護期間中に、親や関係者と話し合いをし、多くの子供達は家庭に帰ることとなるとのこと。

しかし、帰宅することが出来ず、乳児院、児童養護施設、里親への委託といった社会的養護を受けることとなる子供もいるとのこと。

すべての子供は暖かな家庭的な雰囲気のもとに生活する権利が有り、その意味から里親制度の普及が重要と認識しました。

里親制度は県の事業ですが、市としても、これを広く社会に普及させていくことが、責務であると感じました。


2、千葉県市長会定例会

千葉県市長会の要望書を森田知事に提出

場所; オークラ千葉ホテル


3、千葉県市長会意見交換会
場所; オーシャンテーブル

平成30年10月28日(日) 1、佐倉市消防操法大会 2、国際ロータリークラブ地区大会 3、すくすく祭りねごう 4、水辺の風景画コンクール表彰式 5、歯ッピーカミングフェアー反省会

1、佐倉市消防操法大会
場所; 城址公園自由広場

近年最大の被害をもたらした東日本大震災から7年余りとなりますが、その間地震、台風等様々な自然災害が有りました。

今年も、西日本豪雨や北海道胆振東部地震など大規模な自然災害が各地で発生しております。

このような自然災害が、身近な地域で発生することも、想定される中で、佐倉市消防団の皆様は、日夜防災の最前線に立ち、市民の生命・身体・財産を守る為、献身的にご尽力頂いております。

本日は、多くの来賓の皆様をお迎えし、士気が上がり、有意義な操法大会となりました。

今後とも、消防団、常備消防、行政の緊密な連携の下、佐倉市の自然災害を最小とするよう努力してまいります。


2、国際ロータリー第2790地区(千葉県全域)大会
場所; ホテルニューオオタニ幕張

本日は、国際ロータリー第2790地区2018〜2019年度地区大会にお招き頂きました。

当クラブの皆様は、高い志のもと、国際交流、環境、スポーツなど地域に密着した奉仕活動を展開して頂き、大変心強く感じております。

今年度の地区テーマは、「伝統と未来〜誇りと連帯感」と伺いました。ロータリークラブの113年の長い歴史と、その崇高な奉仕の精神が未来へと大切に引き継がれますよう祈念します。


3、すくすく祭りねごう
場所; 根郷公民館

根郷地区青少年育成住民会議主催の「第29回すくすく祭り〜ねごう〜」にお招き頂きました。
当住民会議の皆様におかれては、「すくすく祭り」を始め、地域の非行防止パトロール等を通して、青少年の健全育成に取組んで頂いております。また、防災キャンプを実施して頂き、避難所での宿泊キャンプや地域防災活動にもご尽力頂いております。

根郷地区青少年育成住民会議の益々のご発展を願っております。


4、水辺の風景画コンクール表彰式
場所; 市立美術館

印旛沼環境基金主催による「第21回水辺の風景画コンクール」表彰式を開催しました。

本年度の応募数は印旛沼流域12市町の小中学校計132校から1809点の応募がありました。

作品からは、子どもたちが水と遊び、楽しみ、その美しさを感じ取っている心がひしひしと伝わり、水辺に対する関心の高さに驚くばかりでありました。


5、歯ッピーカミングフェアー反省会
場所; ウィシュトン

「第30回むし歯予防大会」が歯科医師会佐倉地区を始め、東京歯科大学千葉病院、印旛保健所並びに関係諸団体のご協力を得て、今年も成功裏に無事終了致しました。

当市では、平成26年に策定した、佐倉市歯科口腔保健基本計画に基づき、施策に取り組んでいます。

今年度は計画の中間見直しに当たります。幼児、小中学生のむし歯は減少しております。県や国と比較しても、むし歯が少ない状況です。

また、60歳で24本以上自分の歯を有している人、つまり6024(ロクマルにいよん)達成者は、約7割、80歳で20本以上自分の歯を有している人、8020(はちまるにいまる)達成者は約5割と、計画策定時より大きく増加し、当初目標値を達成しております。

全身の健康の入り口である、歯と口腔の健康管理を今後とも、市民のご協力のもと推し進めてまいります。

平成30年10月27日(土) 1、印旛沼浄化推進運動 印旛沼クリーンウォーク 2、アグリフォーラム&ユニバーサル農業フェスタ 3、千葉県主催環境体験フェスタ 4、農畜産物直売会場視察 4、佐倉皐月会秋季展 5、市民文化祭華道展

1、印旛沼浄化推進運動
佐倉クリーンウォーク
場所; ふるさと広場


2、アグリフォーラム&ユニバーサル農業フェスタ
場所; 音楽ホール


3、千葉県・環境体験フェア
場所; ふるさと広場


4、農畜産物直売会場視察
場所; 御伊勢公園


5、佐倉皐月会秋季展
場所; 臼井公民館


6、市民文化祭華道展
場所; 志津コミュニティセンター

平成30年10月26日(金)1、佐倉の山車人形展 2、地区社会福祉協議会懇談会 3、印旛広域市町長会議 4、印旛市町負担金審議会 5、印旛広域定例会

1、佐倉の山車人形展
場所 川村記念美術館

左: 日本武尊、右: 関羽

石橋

玉ノ井龍神

竹生島龍神

猩々

八幡太郎義家

川村記念美術館で開催された佐倉の山車人形展を視察しました。

佐倉の秋祭りを彩る山車人形は、江戸時代の名工人形師(仲秀英、原舟月、横山朝之等)が製作した芸術的評価が高い作品です。

これまで、2台(石橋、関羽)が秋祭りにお目見えしていましたが、山車人形保存会の皆さんのご努力により、更に2台(日本武尊、八幡太郎義家)が修復、復活し、現在は4台が秋祭りで荘厳な姿を見せております。

この山車は江戸時代、徳川家光の時代に山車とお神酒所がセットになって江戸天下祭りが行われたとのことで、この天下祭りを再現できるのは、佐倉だけと言われております。

何とか、残る3台を復活し、佐倉の地で江戸天下祭りが再現できれば、素晴らしいと思っております。


2、地区社会福祉協議会懇談会
場所 社会福祉センター地下研修室


3、印旛広域市町長会議
場所 第一委員会室


4、印旛市町負担金審議会
場所 全員協議会室


5、印旛広域定例会
場所 全員協議会室

平成30年10月21日(日) 1、佐倉市秋季市民ソフトボール大会 2、佐倉市民防災訓練 3、生谷コスモス祭り 4、吉見例大祭 5、市民文化祭美術展表彰式 6、佐倉オランダ児童交流ウェルカムパーティー 7、生谷コスモスまつり意見交換会

1、佐倉市秋季市民ソフトボール大会
場所; 岩名球場


2、佐倉市民防災訓練
場所; 根郷中学校グラウンド


3、生谷コスモス祭り
場所; 生谷圃場


4、吉見例大祭
場所; 吉見住吉神社


5、市民文化祭美術展表彰式
場所; 市立美術館4/Fホール


6、佐倉オランダ児童交流ウェルカムパーティー
場所; 福祉センター3/F


7、生谷コスモスまつり意見交換会
場所; 花苑

平成30年10月20日(土) 1、佐倉市子ども相撲 2、学警連柔剣道大会 3、佐倉東部社協敬老会 4、内郷地区自治会協議会懇談会 5、オリオンまつり 6、国際交流基金30周年記念事業 7、専門家ネットワークセミナー 8、市民文化祭華道展 9、市民文化祭写真展

1、佐倉市子ども相撲大会
場所; 岩名相撲場


2、学警連柔剣道大会
場所; 佐倉中学校体育館


3、佐倉東部社協敬老会
場所; 佐倉小学校体育館


4、内郷地区自治会協議会懇談会
場所; ミレニアムセンター


5、オリオンまつり
場所; オリオンハウス


6、国際交流基金創立30周年記念事業
場所; 国立歴史民俗博物館講堂


7、専門家ネットワークセミナー
場所; 佐倉中央公民館


8、佐倉市文化祭華道展
場所; 佐倉中央公民館


9、市民文化祭写真展
佐倉市立美術館

平成30年10月17日(水) 生活クラブ風の村設立20周年記念祝賀会 場所; 京成ミラマーレ

生活クラブ風の村は、平成10年に「赤ちゃんから看取りまで」を標榜し、誰もがその人らしく地域で暮らすことの出来るコミュニティ「風の村」の実現に向けて事業を展開されてこられました。

佐倉市内に於いては、平成16年から生活介護や児童発達支援などの障害福祉事業を始められ、その後高齢者福祉事業や生活困窮事業などを展開され、平成28年からは佐倉東保育園を運営されるなど、幅広い支援に取り組んでこられました。

市としても、様々な福祉施策の推進に当たり、風の村と緊密に連携して行くことは、極めて重要なことと考えております。

設立20年という大きな節目を迎えた生活クラブ風の村の益々のご発展を祈念します。