月別アーカイブ: 2018年7月

平成30年7月19日(木) 印旛衛生議会行政視察 場所; 福島県伊達市・伊達地方衛生処理組合衛生センター

4市1町(佐倉市、八街市、富里市、四街道市、酒々井町)で構成する印旛衛生施設管理組合(屎尿処理施設)で行政視察を行ないました。

視察先は福島県伊達地方衛生処理組合 衛生センターです。
伊達地方衛生処理組合は伊達市、桑折(コオリ)町、国見町、福島市[平野、飯坂、茂庭(モニワ)のみ]の2市2町で構成されています。

規模的には、印旛衛生の方が大きいですが、伊達地方衛生処理組合はコンパクトに非常に効率的に運営されている感が有りました。

今回の視察を機に、印旛衛生の運営にも生かして参りたいと考えております。

平成30年7月17日(火) 花火大会全体会議 場所;大会議室

本日は、花火大会の関係者が一堂に会し、全体会議を行いました。

今年の花火大会は、毎年好評を頂いている、ビック プレミアム スターマインを昨年までの10分間6千連発から2千発を加えまして、8千連発の打ち上げを実施します。これまでより、更に色鮮やかに、より感動的なものとなります。


また、関東最大級の二尺玉4発の打ち上げや尺玉の30連発、青年会議所の皆さんによる手筒花火、そして水上スターマインなど昨年の1万6千発から、1万8千発へと増発しますので、より一層の盛り上がりを見せるものと期待しております。

平成30年7月16日(月・祝) 郡市民体育大会 場所; 岩名陸上競技場

男子4×100mリレー

本日は、郡市民大会最終種目の陸上競技を、岩名陸上競技場で応援しました。

私は、女子800mの優勝と女子リレー(4x100m)の準優勝を、見させて頂きました。

本日の陸上大会で優勝した種目は以下の通りです。
男子の部 (男子の部総合3位)
40歳以上100m
高校1500m
高校走り高跳び
高校走り幅跳び
高校砲丸投げ

女子の部 (女子の部総合1位)
共通女子3000m
高校100mハードル
共通女子800m
高校走り幅跳び
高校走り高跳び
高校砲丸投げ

尚、本日は、相撲で佐倉市が優勝した他、これまで、下記種目で佐倉市が優勝しました。

男子ソフトテニス、男子卓球、男子バスケットボール、男女ソフトボール
相撲、剣道団体

恐らく、今年も総合優勝は果たせるものと考えております。

炎天下での、選手の皆さんの大健闘に心から感謝致します。

平成30年7月15日(日) 1、ニッコー団地町会・野口会納涼祭 2、ローズタウン自治会夏祭り 3、上志津1区自治会夏祭り 4、上座夏祭り

1、ニッコー団地町会・野口会納涼祭
場所; 長谷津児童公園


2、ローズタウン自治会夏祭り
場所; ローズタウンB棟駐車場


3、上志津1区自治会夏祭り
場所; 西福寺境内


4、上座夏祭り
場所; 八坂神社境内

平成30年7月14日(土) 1.印旛郡市民体育大会巡回応援 2、ノーベル賞大村智先生講演会 3、女子美術大学と佐藤志津展

1、印旛郡市民体育大会巡回応援
場所; 四街道総合公園→富里社会体育館

四街道市総合公園で行われたテニス及び富里社会体育館で行われた剣道の試合を巡回応援致しました。
炎天下そして高温の中、選手の皆さんは皆、精一杯頑張ってくれました。

幸い、剣道団体で優勝してくれました。
選手の皆さんには、次の県大会に向けて、鋭気を養って頂きたいと思います。


2、大村智先生佐倉学特別講演
場所; 佐倉中央公民館

2015年にノーベル生理学・医学賞と文化勲章を受賞した北里大学特別栄誉教授で女子美術大学名誉理事長の大村智先生をお迎えし、「佐倉学特別講演会」を開催しました。

佐倉市と女子美術大学が締結している連携協定に基づく相互協力の一環として企画されたもの。
講演会のテーマは「私の歩んで来た道」

大村先生は長年に亘り、微生物が生産する有用な天然有機化合物の探索研究を続け、500余の化学物質を発見しています。

中でも、赤道直下周辺に住む人々が罹患する病(ブヨに刺され、やがて盲目になるオンコセルカ症や手足が腫れ上がるフィラリヤ症)から多くのアフリカの人々を救い、大変な貢献をしています。

大村先生は、この薬のロイヤリティを放棄していることから、現在WHOが3億人にたいし無償で供与しており、多くの人々が病への恐怖から解放されています。

また、先生は、研究以外でも次のようなこともされております。

(1)、北里柴三郎研究所の再建
(2)、北里病院を私財で建設
(3)、女子美術大学への支援
(4)、私費による韮崎大村美術館の建設

先生の素晴らしい生き方が、多くの市民に知られることとなり、子供達にも影響を与え、将来佐倉から先生のような偉人が、現れることを願っております。

尚、大村先生の講演会に合わせて、下記スケジュールにて、美術展が開催されております。

場所; 佐倉市立美術館
展覧会名; 女子美術大学と佐藤志津展
会期; 2018.7.7(土)〜2018.8.12(日)
ギャラリートーク; 2018.8.11(土・祝)
14:00〜
備考; 佐倉順天堂第3代堂主・佐藤進の妻、佐藤志津は財政難と火災で廃校の危機に瀕した私立女子美術学校(後の女子美術大学) を私財を投げ打って再建し、以降亡くなるまで、学校経営を担い、熱心に女子教育にあたりました。


3、女子美術大学と佐藤志津展
場所;市立美術館

平成30年7月13日(金) 1、青少年問題協議会 2、全国市町村あやめサミット

1、青少年問題協議会
場所; 全員協議会室

佐倉市青少年問題協議会を開催しました。関係機関、関係団体の皆様方におかれては、日頃から、佐倉市の子供達が安心して生活出来るよう、多大なるご尽力を頂いております。

近年は、ネットトラブルの急増を始め、いじめや虐待等、青少年。取り巻く環境は厳しい状況にあります。

佐倉市では「第3次佐倉市青少年育成計画」を策定して、全ての子供・若者が健やかな育成と、困難を有する子供・若者やその家族への支援をして参る所存です。


2、全国市町村あやめサミット
場所; 香取市役所

本年は、香取市にてアヤメサミットが開催されました。

本年は、地方創生、地域活性化策についての意見交換が交わされました。

どこの市も、人口減少対策に頭を悩めており、子育て支援に繋がる施策を展開しておりました。

日本全国、多くの地方自治体が子育て支援という目標に向かって、努力すればやがては、良い方向に向かってくるのではないかとも感じたところです。

尚、来年のアヤメサミットは、茨城県潮来市に決定致しました。

平成30年7月12日(木) 1、アビロン絵画展 2、内外情勢調査会 3、成田山書道美術館

1、アビロン絵画展
場所; 臼井公民館

佐倉出身の浅井忠とゆかりのある、太平洋美術会の会員で、佐倉市にお住まいの方々の絵画の会・アビロン絵画展にお招き頂きました。

どれも、精力的な絵で、感服致しました。

皆さんの末永いご活躍を期待致します。


2、内外情勢調査会
場所; ホテル日航成田


3、成田山書道美術館名品選
場所; 成田山書道美術館

成田山書道美術館より、「明治150年の書道」展にお招き頂きました。

成田山新勝寺が建設した、この書道美術館も開館25周年を迎えることから、その記念展ともなっている。

現在、約6000点に及ぶ収蔵作品を本年一杯、3期に分けて展示するとのこと。

書家の作品だけでなく、政治家や文化人、学者、その他能書として知られた人々を網羅しており、圧巻です。

中でも、私としては、以下の作品に大変な感銘を受けました。

勝海舟「易経一節」、副島蒼海(種臣)「観方孝孺詩」、大久保甲東(利通)「漢詩幅」、中村不折「墨龍図題詩」、尾崎紅葉「重義如泰山」、正岡子規「五月雨五句」、夏目漱石「菅虎雄宛書簡」

2期目、3期目の展示も、大変楽しみです。

平成30年7月11日(水) 1、佐倉東高校定時制振興会総会 2、佐倉商工会議所コンペ打ち上げ

1、佐倉東高校定時制振興会総会
場所; 佐倉東高校


2、佐倉商工会議所コンペ打ち上げ
場所; 佐倉カントリー倶楽部

「第5回商工会議所親睦ゴルフ大会」が、盛大に開催され、その表彰式に招かれました。

会員の皆様におかれましては、市内産業の活性化にご尽力頂き、心から感謝申し上げます。

来たる夏の花火大会には、皆様のご協賛により、今年は例年以上に素晴らしい大会となります。

10分間で打ち上げるプレミアム・スターマインが従来6,000発でしたが今年は8,000発となり、合計18,000発と一層感動的になります。

今後共地域経済の発展に御貢献頂きたく、よろしくお願い致したいと存じます。

平成30年7月10日(火) 1、千代田小学校訪問 2、印旛衛生臨時議会 3、夏の交通安全街頭キャンペーン

1、千代田小学校訪問
場所; 千代田小学校


2、印旛衛生臨時議会
場所; 印旛衛生施設管理組合


3、夏の交通安全街頭キャンペーン
場所; 印旛合同庁舎玄関前

夏の交通安全運動街頭キャンペーンに参加しました。

これから、夏休みを迎え、子供達や若者が頻繁に移動します。
又、行楽地に向かう車の量も増えると思われます。

千葉県は現在、全国ワースト2位の自動車事故数に達しています。
佐倉市については、事故数はかなり減っていますが、死亡事故が既に4件発生し、県内トップとなっています。

行政としては、佐倉警察署及び関係団体とも緊密に連携して、安心安全なまちづくりを進めて参りたいと考えております。

平成30年7月7日(土) 社会を明るくする運動・講演会 場所; 志津コミュニティセンター

本日は、「社会を明るくする運動」のメインイベントである「講演と合唱のつどい」か開催されました。

この「社会を明るくする運動」は法務省の主唱により、「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ」をスローガンとして、全国的に展開されている運動です。

佐倉市では、市民の皆様からお寄せ頂いた「愛の一円募金」により、このイベントを開催しております。

本日第一部の講演では、元警視庁警察官で子供を守る為の防犯等を専門とされている、幸島美智子様をお招きし、「子供を犯罪の被害者にも加害者にもしない子育て」と題し、防犯・少年犯罪予防、段階的な子育て等について、お話して頂きました。

子育てに迷う親や防犯に取り組む人たちに大きな力を与えてくれる内容でした。

又、第二部では佐倉東小学校及び間野台小学校の素晴らしい合唱が披露されました。