月別アーカイブ: 2018年6月

平成30年6月30日(土) 1、防犯研修会 2、印旛郡市PTAバレーボール大会

1、防犯研修会
場所; 志津コミュニティセンター

本日は、防犯指導員委嘱状交付式と防犯研修会を開催致しました。

佐倉市では、防犯指導員を中心とした市民の皆様の活動により、犯罪発生件数が、平成13年から減少傾向を示しております。

一方、高齢者を対象とした振込め詐欺などの犯罪被害は依然として発生しており、今年になってからも約4千万円程の被害が発生しています。

市としては、安心して暮らせるまちづくりを主要施策に掲げ、佐倉警察署や関係機関との連携を強化して、市民の皆様と共に「安心、安全なまちづくり」に取組んで参ります。


2、印旛郡市PTAバレーボール大会
場所; 八街市スポーツプラザ

本日は、志津中PTAチームが準決勝に進んだことから、応援に駆けつけました。

冷房の無い体育館の中で、志津中チームが大健闘しましたが、惜しくも2対1で公津の杜中に惜敗してしまいました。

実力的には、志津中の方が上だったと思いますが、中盤からリズムが崩れ、流れが先方に行ってしまい、残念でした。

志津中は今、子供達が素晴らしい学校生活を送っています。
その保護者の皆さんが心を合わせ、頑張った結果ですので、高く評価してあげたいと思っています。

平成30年6月27日(水) 佐倉市優良建設業者並びに佐倉市上下水道事業優良建設業者 表彰式 場所; 大会議室

佐倉市優良建設業者表彰式を行いました。

今回の表彰は市内業者の皆様が、より質の高い工事に取組んで頂いたお陰であります。

これからも、市外業者に負けないよう競争力を高められ、佐倉市で多くの工事を手掛けられるよう期待しております。

優良建設業者は以下の通り。

1、インバ建設(株)
2、(株)佐栄電気
3、(株)佐藤興業
4、大昌建設(株)
5、東豊土木工業(株)
6、(株)ナカムラ
7、山清建設(株)
8、(株)輪奏電気
9、(有)石坂工業

平成30年6月26日(火) 佐倉商工会議所総会 場所; 商工会議所

本日は、佐倉商工会議所の第55回通常議員総会が開催され、各議案が承認されました。

商工会議所の皆様には、日頃から、市内産業の活性化にご尽力頂いているところであり、心から感謝いたします。

さて、本市の産業振興を進めていく上で重要となる「佐倉市産業振興ビジョン」の計画期間が来年度に最終年度を迎えますことから、本年度より改訂の検討を本格化して参る予定です。

又、ビジョンと現場との乖離がないよう、市内企業の声をお聞きしながら、作業を進めてまいることとしております。

今後とも、市と会議所が問題認識を共有し、解決の方向性を共に考え、具体的な取り組みについて実効性のあるビジョンを作ってまいりたいと考えております。

平成30年6月24日(日) 青少年相談員連絡協議会ソフトドッチボール交流大会 2、書初回顧展

1、青少年相談員連絡協議会ソフトドッチボール交流大会
場所; 市立体育館

青少年相談員の皆さんの運営によるソフトドッジボール交流大会が開催されました。19小学校48チームの参加があり盛大となりました。

この大会は勝ち負けや体力づくりだけではなく、ドッチボールを通して、同じ学校や他の学校の選手達と交流を深められる大会となっています。そして、このことは青少年相談員の皆さんの願いでもあります。

是非、友達をたくさん作って、友情や絆を深めて欲しいと思っています。

怪我をしないよう準備運動をしっかりと行なって頂くと共に、熱中症にも気をつけて頑張ってもらいたいとご挨拶しました。


2、書初回顧展
場所; 市立美術館

平成30年6月23日(土) 1、国際文化大学公開講座 2、ユーカリが丘地区懇親会

1、国際文化大学公開講座
場所; 志津コミュニティセンター

佐倉国際交流基金の事業の一環である佐倉市国際文化大学の公開講座にお招き頂きました。

本日は東京大学大学院法学政治学研究科の教授で外交、国際関係のの専門家である小原雅博先生から「国益とは何か 国際秩序激動の時代に考える」と題したご講演を頂きました。

国際情勢が変動し、世界経済が不透明な中、又、多様な価値観が存在する現在、改めて日本の国益について、考えることは大変重要な視点であると思います。

これからの日本は、中国の台頭を踏まえ、日米中の関係を強化しつつ、国際協調主義に基づく積極的平和主義を推進することが、益々重要になってくると感じました。


2、ユーカリが丘地区懇親会
場所; ウィシュトン

ユーカリが丘地区各種団体懇親会にお招き頂きました。

ユーカリが丘地区では、本年11月スカイプラザモール内に「ユーカリが丘出張所」を移転、開所することになっています。

併せて、その隣に市内5ヶ所目となる「子育て世代包括支援センター」を開設し、子育て期の総合相談を実施します。

また、志津北部の交通空白地域に、コミュニティバスを試験運行しておりますが、来年1月には、地域の皆さんのご意見を踏まえた上で、微修正を加えて、本格運行に切り替えます。

今後とも、市民ニーズをしっかり把握しながら、「選ばれるまち」を目指して佐倉市の魅力向上を図って参ります。

平成30年6月21日(木) 佐倉市PTA連絡協議会バレーボール大会開会式 場所; 市立体育館

佐倉市PTA連絡協議会バレーボール大会にお招き頂きました。

23小学校11中学校の計34チームが一堂に会し、盛大に開催されました。

選手の皆さんは、日頃の家事、育児、そしてお仕事に加え、各学校のPTA活動をして頂く傍ら、バレーボール選手として練習を重ねて頂き、改めてその取り組みに敬意を表します。

この大会は、会員相互の親睦も目的の一つであり、選手の皆さん同士の心の繋がりが、子供達を見守る温かなネットワークともなっております。

まだ、戦う相手チームの皆さんとも、広く親睦を深めて頂き、子供達の健やかな成長の為に、本大会が有意義なものとなるよう願っています。

優勝チーム、準優勝チームが郡大会そして、県大会へと駒を進めることとなりますが、皆さんの健闘を期待します。

平成30年6月19日(火) ボツワナ大使来庁 場所; 応接室

本日、駐日ボツワナ大使が来庁されました。ボツワナは南アフリカ共和国のすぐ北に接した国です。

8月2日(木) から千葉県で開催される世界女子ソフトボール選手権大会に、ボツワナがアフリカ第1代表として出場しますが、7月23日にボツワナチームが佐倉入りし、岩名第2球場で開幕直前までキャンプを張り、練習に励むことになっております。

この度は、佐倉市にお世話になるということで、大使がご挨拶に見えました。

このボツワナ・ソフトボールチームには、市立井野中学校出身で、日体大、実業団で内野手として活躍した、中村藍子さんが、JICA青年海外協力隊として、2017年1月にボツワナに赴任し、コーチとして選手強化に当たりました。

赴任に先立つ2016年12月、中村さんは佐倉市役所宛、表敬訪問されましたが、「予選を勝ち抜いて、選手権の際、佐倉市にお世話になりたい」と決意を述べて行かれました。この決意が実を結び、この度故郷に錦を飾った形となりました。

生憎というか、幸運にもというか、初戦が対日本となりました。私達としては、両方応援することとなりましたが、いずれにせよ、リーグ戦なので、両チームとも勝ち上がって行くチャンスは十分あります。

両チームの選手の健闘を祈ると共に、両国の絆が一層深まることを願っています。