日別アーカイブ: 2018年5月9日

平成30年5月9日(水) 東日本鉄道文化財団・補助金贈呈式 場所; 市立美術館4階ホール

本年度、東日本鉄道文化財団より地方文化事業支援の一環として、八幡太郎義家山車人形保存整備実行委員会へ助成金の支援が有り、本日、支援承認書贈呈式が市立美術館で行われました。

明治7年(1874)に制作された「八幡太郎義家」の人形頭は、140年以上経過し、経年劣化からひび割れや剥離により、山車に載せての曳き回しが 困難な状況となっていました。

今般の助成による人形頭の修復とレプリカの作成により、継続的な山車の曳き回しがが可能となりました。

「八幡太郎義家」の山車人形は、弥勒町の皆様にとっての大切な宝であり、佐倉市の指定文化財となっていることから、佐倉市の宝でもあります。

これで、従来の山車3体に加え、4体が秋祭りで勢揃いすることとなりました。これを機に、多くの方々に秋祭りに足を運んで頂きたいと存じます。

後、2体(二番町の玉ノ井龍神と肴町の竹生島龍神)が復活すれば、合計6体となり荘厳な雰囲気、景色となります。

市としても、地元の方々と協力して、その方向で努力したいと思っています。