月別アーカイブ: 2018年5月

平成30年5月19日(土) 1、第67回利根川水系連合総合水防演習 2、国際文化大学開講式 3、産業まつり ⒋、根郷地区青少年育成住民会議総会

1、第67回利根川水系連合総合水防演習
場所; 栄町出津川地先(利根川河川敷)

本日は、利根川河川敷で1都7県による総合水防演習が開催されました。

演習内容は、本番さながらの厳しい演習が展開されました。
演習内容は以下の通りです。

⑴演習第一部
水防訓練
水防工法
準備工法
先堀防止工法
亀裂防止工法
越水防止工法

非常食炊き出し訓練
陸上自衛隊第一空挺団
日本赤十字社千葉県支部
栄町赤十字奉仕団

⑵ 演習第二部
救出・救護訓練


2、国際文化大学開講式
場所; 中央公民館

佐倉国際大学は佐倉国際交流基金が主催し、多文化共生の促進に寄与する事業を実施して頂いております。本年で設立30周年を迎えられます。

本大学のカリキュラムは、通常ではなかなか、お呼び出来ない素晴らしい講師陣による、質の高い豊かな内容となっております。

佐倉市民の皆様が、志を持ち、自ら進んで学びの場に参加される姿勢は特筆すべきものが有り、佐倉の誇りでも有ります。

同大学の授業を通して、世界情勢や多様な価値観など、知見を高めて頂くと共に佐倉への誇りや愛着を深めて頂きたいと存じます。


3、佐倉市産業まつり
場所; 佐倉市民体育館

本日から2日間の日程で、佐倉市産業まつり「佐倉モノづくりFesta 2018」を開催致しました。

市の産業振興の重要性の確認や地元事業者た市民のコミュニケーションの場として開催しております。又、子供達への啓発も図り、各種出展やイベントについては、小・中学生に合わせた内容としております。

来場した子供達が、将来佐倉市で働き、生活し、佐倉の産業を担って頂けるようになれば、この上ない喜びです。


4、根郷地区青少年育成住民会議総会
場所; 根郷公民館

根郷地区青少年育成住民会議の皆様におかれては、「防犯パトロール」や「機関紙すくすくの発送」「すくすくまつり〜ねごう〜」等の事業を通して、青少年の健全育成に多大なるご尽力を賜っております。

さて、昨今の子供・若者を取り巻く環境は、スマホ普及に伴うネットトラブルや事故、不審者など後を絶ちません。

私達は、こうしたことから子供を守る責任が有ります。

子供達が安心できる社会環境づくりの推進については、地域や家庭、学校が連携した取り組みが重要であります。

子供達一人一人が、佐倉市の次代を担う大切な宝でありますので、今後とも皆様には、引き続き、ご協力を賜りたいと存じます。

平成30年5月18日(金) 1、佐倉市暴力団排除対策協議会総会 2、千葉銀行頭取来佐 3、佐倉人権擁護委員協議会総会

1、佐倉市暴力団排除対策協議会総会
場所; 社会福祉センター

佐倉市に於いては、平成24年4月に「佐倉市暴力団排除条例」を制定致しました。平成25年2月には、佐倉市暴力団排除対策協議会を設立致しまして、入札事務を始め、各種イベントからの暴力団排除に取組んでいます。

又、一昨年には、佐倉市商店会連合会により「暴力団排除宣言」が行われ、昨年から商店会や民間主催のイベントについても、暴力団排除活動が展開されております。

今後も、警察・事業者・市民等関係機関との連携を密にして、「犯罪の無い安全で安心なまちづくり」に努めてまいります。


2、千葉銀行頭取来佐

塚本刀剣美術館

左から
並木第四銀行頭取、蕨佐倉市長、佐久間千葉銀行頭取、宮長中国銀行頭取、粟生塚本総業副社長、三角塚本美術館副館長

場所; 塚本刀剣美術館

全国地方銀行協会の会長を務めておられる佐久間千葉銀行頭取が、本日、中国銀行(岡山市)の宮長頭取と第四銀行(新潟市)の並木頭取をお連れになり、佐倉市の塚本刀剣美術館を視察され、私も同行方要請を受け、ご一緒させて頂きました。

本日は、岡山市に因み、備前長船の刀剣を数多く、ご覧頂きましたが、同刀剣美術館には約700本の日本刀が所蔵されております。

日本刀は鍛治職人一人のみで作れるものではなく、7〜8人の職人が関わって出来上がる美術品・芸術品です。刀鍛治(刀工)、研師(とぎし)、鞘師(さやし)、鐔師(つばし)、金工師、塗師(ぬりし)、柄巻師(つかまきし)、白金師(しろがねし…鞘が落ちずに固定される金具を作る)等の多くの職人が関わって出来上がるものとのこと。

本日は3人の頭取に心いくまで、日本刀の美やその見事な構造をご堪能頂きました。

尚、塚本美術館の最近の来館客は8割が刀剣女子とのことでした。刀剣乱舞というゲームで有名になった同田貫(どうだぬき)や沖田総司が使っていた刀と同じ刀工の作の刀を見に来ているとのこと。
尚、同田貫は熊本の加藤清正のお抱え刀工が作ったものが始まりです。


3、佐倉人権擁護委員協議会総会
場所; ウィシュトン

人権擁護委員 の皆様におかれては、人権擁護活動にご尽力頂いております。

本年は、「世界人権宣言」の国連での採択、そして、人権擁護委員制度創設70周年の節目の年になります。

佐倉市では、平成9年に「人権尊重・人権擁護都市宣言」を行い、人権尊重の教育や啓発活動を進めてまいりました。

この節目の年に、改めて、人権の尊さ、大切さを認識し、絶え間ない取り組みを行って行くことの重要性を再確認しているところです。

平成30年5月17日(木) 全国市長会関東支部総会 場所; ヴィラデマリアージュ太田、群馬県太田市

全国市長会関東支部総会が群馬県太田市で開催され、出席致しました。

全国市長会関東支部は山梨県を含む関東地方の216の市区で構成されています。

1、議案審議内容は以下の通り。
⑴ 平成29年度全国市長会関東支部歳入 歳出決算及び監査報告
⑵ 平成30年度全国市長会関東支部歳入歳出予算
⑶ 都県市長会提出議案審議
①行財政関係
地方分権推進と行財政基盤強化につい て
②教育・厚生関係
福祉行政と地域保健医療対策及び教育 文化行政の充実強化
③農政・建設・その他
都市基盤整備、生活環境、防災対策の充実強化
④こども・子育てに関する緊急決議


2、その他
⑴ 総務省説明
① 地方税制の動向と課題
② 地域力創造に係る施策について
⑵ 消防庁
消防団員の加入促進等について
⑶ 関東地方郵便局長会説明
地方創生の取組
⑷ 内閣官房説明
ホストタウンの推進等について
〜2020年東京大会に向けて〜

以上

平成30年5月16日(水) 1、印旛広域事務組合研修開講式 2、太平洋美術展授賞式

1、印旛広域事務組合新採研修(第2陣)開講式
場所; 志津コミュニティセンター


2、太平洋美術展授賞式
場所; 国立新美術館

第114回太平洋美術展にお招き頂きました。

佐倉市からは、「浅井忠ゆかりの地 佐倉市長賞」を毎年、授与させて頂いていることから、出席方要請があったものです。

1889年浅井忠らが中心となって、日本初の洋画美術会である明治美術会が発足しました。この明治美術会は1957年に太平洋美術会と名称変更され、現在に至っています。

絵画部門、彫刻部門、版画部門、染色部門等の作品が一堂に展示されています。
どれも力作ばかりで、さすが伝統と歴史有る美術協会展にふさわしい秀作揃いです。

本日は、高円宮妃殿下が来館され、ご高覧頂きました。
高円宮妃殿下も太平洋美術展の周年記念展には、ご自分の作品をお出しになっておられます。因みに、来年は第115回の周年記念展となります。

尚、今年の1月20日に高円宮妃殿下のご配慮の下、佐倉市で妃殿下ご所蔵の根付の展覧会(佐倉市立美術館)と妃殿下のご講演(音楽ホール)を頂いたところであり、心から感謝申し上げております。

平成30年5月15日(火) 1、佐倉市5月臨時議会 2、佐倉市美術協会展

1、佐倉市5月臨時会
場所; 市議会議場


2、佐倉市美術協会展
場所; 市立美術館

佐倉美術協会工芸彫刻部会は、佐倉市在住・在勤・在学の工芸作家によって構成され、佐倉市の芸術文化振興と会員相互の親睦を目的として設立されています。

現在は87名の会員を有しており、2年に1度の展覧会を開催しております。

本年の作品はどれも、とても洗練されて、素晴らしい出来栄えです。
それも、陶磁器、竹工芸、織物、刺繍、金工、彫刻等多彩でレベルの高いものとなっており、会員の皆さんのご努力に心から敬意を表します。

尚、今回は10回展を記念して美術館所蔵作品の中から、佐倉市ゆかりの作品が特別展示されています。

平成30年5月13日(日) 1、白銀小学校区まちづくり協議会総会 2、うすいまちづくり協議会総会 3、市民カレッジ入学式・始業式 4、山王小学校区まちづくり協議会総会 5、表町 町内会総会

1、白銀小学校区まちづくり協議会総会
場所; 白銀小学校体育館

「地域まちづくり協議会」は平成19年に1番目に臼井小学校区を認証し、翌年
白銀小学校区を認証させて頂きました。
今では、14のまち協が設立され、活動されております。

当まち協は、今年度については、「通学路除草・清掃」「通学路見守り挨拶運動」「里山保全活用」「防災講演会・防災教室」「広報」の5つの事業を進める由。

その中でも特に、「里山保全活用」事業に於いては、NHKが年間を通して里山整備やその活用を取材していると伺っております。

その様子が放映され、他のまち協の励みになればと思っています。


2、うすいまちづくり協議会総会
場所; うすい荘

うすいふるさとづくり協議会は発足して13年目を迎えられます。充実した活動を展開され、他の地域、他の団体の模範となっておられます。

今年の事業は以下の通り多彩です。
「防犯・交通規範児童公募とのぼり旗の作成・掲出」「自転車の乗り方教室」「地域防災担当者の机上訓練」「子ども防災教室」「広報紙の発行」「福祉課題の共有・対応」「住民向け防災アンケート調査」「臼井ふるさとウォーキング」「昔遊び体験教室」

各種取組みにつきましては、「共助」の取組みとして、大変期待しております。


3、市民カレッジ入学式・始業式
場所; 中央公民館

平成30年度佐倉市民カレッジ入学式を盛大に挙行しました。

新入生の皆様は、何十年振りかの入学式に、心地よい緊張感と共に、学習、活動、新たな仲間づくりへの希望に胸を膨らませていらっしゃることと存じます。

再び学び舎に向かおうとする皆様の熱意と向学心に深く敬意を表します。

例年、市民カレッジの皆様の学びへの意欲と真摯な姿は、特筆に値するものであり、佐倉市の誇りでもあります。

皆様のご活躍を大いに期待致します。


4、山王小学校区まちづくり協議会総会
場所; 敬愛短大

山王小学校区まちづくり協議会におかれては、平成26年の設立時より「住民の協働」をコンセプトに各種事業を進めておられます。

今年度は以下の事業を計画されています。
「青色防犯パトロール」「防犯講習会」「防災協力井戸の確保事業」「認知症を学ぶ」「山王小児童の校外活動支援」「ゴミの不法投棄対策」「広報公聴活動」の合計6分野、7事業です。

当まち協の益々のご活躍を祈念します。


5、表町町内会定期総会
場所; 表町区民センター

表町町内会の定期総会にお招き頂きました。

当町内会は、600世帯を超える自治会を一つにまとめておられます。
そして、防犯活動に積極的にご協力頂いている他、佐倉の秋祭りへの参加等、各種地域コミュニティ活動の推進に取り組まれておられます。役員の皆様のご尽力に心から敬意を表します。

有事の際には、地域コミュニティの助け合いが何よりも大事ですので、地域の絆を引き続き強めて頂きたいと存じます。

平成30年5月12日(土) 1、佐倉市PTA連絡協議会総会 2、サクラ・オートヒストリーフォーラム 3、根郷小学校区まちづくり協議会総会

1、佐倉市PTA連絡協議会総会
場所; 厚生園記念館

佐倉市PTA連絡協議会の皆様、各学校の校長先生並びに先生方には、子供達の健やかな成長を願い、日頃から献身的な活動を継続されておられることに、深く感謝申し上げます。

今、佐倉市の子供達は、どの学校でも、明るく気持ちの良い挨拶が出来、また学習活動に真剣に取り組んでおり、健やかに成長していると感じております。

佐倉市で育った子供達が「生きる力」を身につけ、立派に成長することを願い、市PTA連絡協議会の事業を通じ、関係者の意思疎通のもと、協力し合える体制づくりと実践の積み重ねをお願い致します。


2、サクラ・オートヒストリーフォーラム

右から 堀田家13代当主堀田正典氏、奥様、
蕨市長、佐藤商工会議所副会頭、
バラ文化研究所前原氏

場所; 草ぶえの丘

第8回サクラ・オートヒストリーフォーラムが草ぶえの丘を会場に開催されました。

時代を担ってきたクラシックカーはオーナーの愛情と保護により保存されて来ました。
これらのヒストリックカーやビンテージバイクは個性的なデザインを有し、動く芸術作品と評され、今も歴史を刻み続けています。

佐倉藩主堀田家11代堀田正恒伯爵が昭和初期ヨーロッパからバラの花とスポーツカーを佐倉に持ち帰った史実を尊重し、国際的にも評価が高いバラ園を有する会場で開催されるフォーラムは、大変意義深い催しです。

佐倉に、クラシックカーとバラの文化がさらに育まれることを願っています。


3、根郷小学校区まちづくり協議会総会
場所; 南部福祉センター

根郷小学校区まちづくり協議会は、平成23年2月設立より、8年目を迎え、多様な活動を通して、いざという時に住民同士で助け合いが出来るまちづくりの実現に向け、着々と歩みを進めておられます。

今年度も、まち協農園での食育や収穫体験事業、防災、青色防犯パトロール事業、広報事業等の実施により、誰もが安心して暮らせるまちづくりに邁進する計画と伺いました。

まち協の活動は、ひとえに、地域をより良いものにしたいという皆様の熱意と強い責任感、そして地域住民の皆様方のご理解とご協力に支えられております。

根郷小学校区まちづくり協議会の益々の充実にご期待申し上げます。

平成30年5月11日(金)1、市民憲章推進協議会総会 2、藤本育英会目録受領 3、佐倉市体育協会表彰式

1、市民憲章推進会議
場所; 社会福祉センター

佐倉市市民憲章は、昭和46年に設立され、様々な分野でご活躍されている委員の皆様の活動内容は、市民協働によるまちづくりの視点からも、先駆け的存在であり、基盤となる組織であると認識しております。

来年は、市民憲章推進協議会の全国大会が佐倉市で行われる予定となっています。

委員の皆様には、佐倉市の理想のまちづくりを掲げた、市民憲章の理念の普及に、一層のご理解とご協力を賜りますよう、お願いを申し上げます。

2、藤本育英会目録受領
場所; 応接室

藤本育英会の藤本理事長が来庁され、佐倉市の全中学校へ楽器、図書、教材備品など約300万円相当のご寄付を頂きました。大変有難く思っております。

藤本育英会では、経済的困難を抱える学生達を支えると共に、毎年、中学校に対し図書や学習教材等、教育の充実に資する多額のご支援を頂いております。

このご寄付を教育活動におおいに活用させて頂きたいと存じます。


3、体育協会表彰式
場所; 社会福祉センター

平成29年度に活躍したスポーツ関係者に対する、佐倉市体育協会からの協会表彰式が開催されました。功労賞を受賞された方、又、優秀選手賞を受賞された個人・団体の皆様、ご受賞誠におめでとうございます。

さて、昨年は第68回印旛郡市民体育大会で、佐倉市は7年連続で総合優勝という輝かしい成績を収めました。これもひとえに佐倉市体育協会専門部の皆様によるご尽力のおかげと感謝致します。

東京オリンピック開催まで、いよいよ後2年となる中、今回表彰された皆様を始め、佐倉市にゆかりのあるアスリートの皆様の今後の活躍がとても楽しみであります。

市としても、事前キャンプ地誘致やスポーツ環境の整備などをより一層積極的に進め、スポーツのまちづくりに取り組んでまいります。

平成30年5月9日(水) 東日本鉄道文化財団・補助金贈呈式 場所; 市立美術館4階ホール

本年度、東日本鉄道文化財団より地方文化事業支援の一環として、八幡太郎義家山車人形保存整備実行委員会へ助成金の支援が有り、本日、支援承認書贈呈式が市立美術館で行われました。

明治7年(1874)に制作された「八幡太郎義家」の人形頭は、140年以上経過し、経年劣化からひび割れや剥離により、山車に載せての曳き回しが 困難な状況となっていました。

今般の助成による人形頭の修復とレプリカの作成により、継続的な山車の曳き回しがが可能となりました。

「八幡太郎義家」の山車人形は、弥勒町の皆様にとっての大切な宝であり、佐倉市の指定文化財となっていることから、佐倉市の宝でもあります。

これで、従来の山車3体に加え、4体が秋祭りで勢揃いすることとなりました。これを機に、多くの方々に秋祭りに足を運んで頂きたいと存じます。

後、2体(二番町の玉ノ井龍神と肴町の竹生島龍神)が復活すれば、合計6体となり荘厳な雰囲気、景色となります。

市としても、地元の方々と協力して、その方向で努力したいと思っています。

平成30年5月8日(火) 1、印旛広域事務組合研修開講式 2、佐倉市赤十字奉仕団委嘱状交付式

1、印旛広域事務組合研修開講式
場所; 成田市役所

本日は、印旛郡市7市2町で組成している印旛郡市広域市町村圏事務組合による新規採用職員の研修を行いました。

私は、印旛郡市市町村圏事務組合の管理者として、開会のご挨拶をしました。

印旛広域市町村圏事務組合の合計面積は691㎢で、東京都23区の合計面積549㎢より若干大きい面積となっております。
圏域人口は、約72万8千人、千葉県人口の11.4%を占め、今後も発展が期待されております。

当組合は、各自治体が個別に事業を行うより共同で処理することにより、効率的かつスケールメリットが期待できるもの、具体的には下記4件の事業を行なっています。

1、市町職員共同研修
2、職員採用共同試験
3、第二次救急医療機関事業の運営
4、水道用水供給事業の経営

この研修を通して、今、各自治体が抱えている様々な課題解決の為の、高い職務遂行能力の醸成と士気の高揚、また公務能率や住民サービスの向上の土台を作って頂きたいと思っております。


2、佐倉市赤十字奉仕団委嘱状交付式
場所; 社会福祉センター

日本赤十字社千葉県支部佐倉市赤十字奉仕団の役員会にお招き頂きました。

奉仕団の皆様には、赤十字活動資金の募集や献血事業への協力、成田赤十字病院での奉仕活動など並々ならぬご尽力を賜っております。

さて、本日5月8日は赤十字の創始者アンリー・デュナンの誕生日です。それにちなみ、毎年5月、6月は「赤十字運動月間」と定められ、様々な活動が予定されております。又、本年は千葉県赤十字奉仕団設立70周年にあたり、11月には記念大会も予定されていると伺いました。

佐倉市は、高齢化の影響も有り、年々団員数が残念ながら減少傾向を示していますが、地域住民の安心、安全や大規模災害発生時の備えの為にも、官民連携して啓発活動等を行うことにより、団員数の復活を遂げて参りたいと考えています。