日別アーカイブ: 2015年5月13日

平成27年5月13日(水) 1、印旛沼環境基金理事会 2、太平洋美術展

1、 11:00
印旛沼環境基金理事会
場所; 3/F会議室
2、 14:00
太平洋美術展
場所; 国立新美術館

本日は、歴史ある太平洋美術会第111回太平洋展にお招き頂きました。
同会は前身が明治美術会であり、佐倉が生んだ「浅井忠」を中心とした日本近代洋画の先覚者たちによって設立されています。

浅井は佐倉藩士・浅井常明の長男として、1856年に江戸の佐倉藩中屋敷で生まれましたが、7歳から10年間佐倉で過ごし、佐倉藩校で学問や武芸などを学んだ他、早くから師について絵画を学んでいます。1873年(明治6年) 、上京し工部美術学校で、イタリアから招聘されたアントニオ・フォンタネージに師事し、明治洋画壇に於いて大活躍しました。

このようなご縁から、このたび、太平洋美術会より浅井忠ゆかりの地・佐倉から佐倉市長賞を出して欲しいとの要請があり、今回からご提供させて頂くこととなりました。

偶然にも、佐倉市長賞が佐倉市宮の台在住の國安さんに授与されることとなり、ご本人も大変喜んでおられました。

本日は、太平洋美術展にも、絵画作品を出品されたことがある、高円宮妃殿下をお迎えし、ご高覧頂きました。妃殿下にご来場頂き、とても盛り上がった展覧会となりました。

 

高円宮妃殿下と受賞作品鑑賞

 

受賞者:國安旁子様と