日別アーカイブ: 2014年12月30日

平成26年12月30日(日) 書道作品創り

佐倉市民カレッジ事務局からの要請で、110枚の白紙の色紙を渡され、揮毫をするよう依頼が有りました。本日は一日、卒業生にお渡しをする色紙書きをしました。
卒業生が約80名と皆勤賞、精勤賞を入れて100枚書きました。
少々くたびれました。

尚、これとは別に、新年に佐倉市立美術館で開催される新春書道展(2015年1月6日~1月18日)では、私の作品を2種類発表します。

1点目は「空手牽鉄牛」(くうしゅにしててつぎゅうをひく)です。(横60cm縦240cm)
意味は手を使わないで鉄牛を引く。自由自在の境地を得た禅僧の、融通無碍(ゆうずうむげ)のはたらき。「空手」は何も持たないこと。「鉄牛」は禹王(うおう)が黄河の氾濫を防ぐために鋳て祀ったと伝えられる大鉄牛のことで、不動にして堅固なものをさす。悟りの心、仏の心の比喩に用いられることも多い。

2点目は、日展審査員の久保浩先生とのコラボレーションで先生の作品の塑像「霹靂」の後ろに私の書作品「霹靂」(へきれき)を展示します。晴天のへきれきの「霹靂」です。
意味は落雷、カミナリあるいはエネルギーです。(横80cm縦180cm)
多くの方々に楽しんで頂ければ幸いです。