月別アーカイブ: 2014年11月

平成26年11月29日(土) 1、県中学校剣道新人大会 2、東邦大学佐倉病院 北村享之教授 就任祝賀会 3、東邦大学佐倉病院公開講座 4、楽友協会定期演奏会 5、国際文化大学修了式

1、 10:10
県中学校剣道新人大会
場所; 市民体育館

県内19支部の激戦を勝ち抜いた剣士の皆さんが、文武両道のまち、佐倉に集まり千葉県中学校剣道新人大会が開催されました。

剣道は人間形成の道という剣道の理念に基づき、正々堂々と戦い、力を出し切ってもらいたいと思います。そして、剣の道を求める仲間と試合後は交流を深めて頂きたいと思っています。

2、 11:30
東邦大学佐倉病院 北村享之教授就任
祝賀会
場所; ホテルニューオータニ幕張

当病院の麻酔科の先生である北村享之先生の教授就任祝賀会が盛大に開催され、お招き頂きました。

3、 14:00
東邦大学佐倉病院公開講座
場所; 東邦大学佐倉病院7階講堂

東邦大学佐倉病院は昨年、認知症疾患センターに指定されました。
今年も「認知症」をテーマに治療に関わる各科の医師からお話を頂きました。
市民の皆様が安心して治療に臨めるキッカケの場となれば幸甚です。

4、 14:50
楽友協会定期演奏会
場所; 西志津ふれあいセンター

佐倉楽友協会第23回定期演奏会にお招き頂きました。当会は10数年前に、市内のクラシック音楽の演奏家が互いに交流・協力して技術を練磨し、クラシック音楽の普及・発展に資する為に結成されました。現在は、ここ足掛け8年の間、ピアノ演奏家の久保節子先生が会長を務め、会をまとめて頂き、勢力的にご活動頂いております。

クラシックは古典という意味の他に、格式の高いという意味もあり、一般的にはとっつきにくいといった印象を持たれる人もおりますが、楽友協会の皆様は、市立美術館や病院でのロビーコンサート等を通じ、クラシックの普及に貢献され、クラシックを身近なものに感じられるようご努力頂いております。

日々、修練わ重ね、たゆまぬご努力を続けられている皆様に心より敬意を表します。

5、 15:45
国際文化大学修了式
場所; 志津コミュニティセンター

国際文化大学の修了式に出席しました。

本年度も、国際社会に関する政治や経済、文化に至るまで、非常に内容の濃いカリキュラムのもと、多くの著名な講師を招き、講義を頂きました。

将来的に、佐倉市においても、外国人の来訪者や在住者が増加すると思われます。
本大学で学ばれた市民の皆様には、本大学で学ばれたことを活かし、市民レベルの相互理解と国際交流に貢献頂けるものと期待しております。

平成26年11月27日(木) 1、志津霊園区間道路開通記念式典 2、国立歴史民俗博物館用写真撮影

1、 9:30
都市計画道路勝田台長熊線開通式
場所; 志津霊園

本日、佐倉都市計画道路勝田台長熊線(志津霊園区間) の開通式を、多数のご来賓や市民の皆様のご臨席を頂き、開催いたしました。

都市計画策定から49年、土地買収交渉開始から32年、訴訟開始から20年が経過し住民の皆様には大変なご不便、ご不安をお掛けし、多くの市民の皆さんにご心配を、おかけしましたが、本日無事開通いたしました。

今後二度と、いわゆる「志津霊園問題」のような問題を起こさぬよう、市職員一丸となって、市勢発展のために努力していく覚悟を新たにしました。

近隣にお住まいの方々が、大変喜んで頂いている姿を見て、私自身も、今後どんなに困難に直面しても、市民を第一に考え、市民の喜ぶ姿を目指して、努力して参ることを改めて、心に誓いました。

これで、これまでの、市の負の遺産をほぼ一掃出来たわけで、これからは将来に希望の持てる「ふるさと佐倉」の創造を図るべく、粉骨砕身頑張って参ります。

2、 14:00
歴博企画展用写真撮影
場所; 旧平井家住宅、佐倉市新町

国立歴史民俗博物館が平成27年3月から企画展「大ニセモノ博覧会ー贋造と模倣の文化史ー」を開催する予定です。

これは、近世において、レプリカや贋作にも文化があったことをコンセプトにした展示とのこと。

本日は、当時の商家が掛軸や屏風の偽物を使用して客をもてなした場面の再現を行おうというもので、佐倉市に寄贈された旧平井家住宅を使って、撮影を行いましたが、久留島館長、他職員の皆さんと、写真撮影に協力しました。

平成26年11月26日(水) 臼井文化懇話会・吉田会長来庁 場所; 応接室

去る11月3日に開催された、臼井文化懇話会30周年記念式典が大盛況にて終了したことの報告がてら、吉田会長が創立30周年記念号「うすい」をお持ち頂きました。

今から30年前、故 野口甫氏、立原三知男氏、故 伊藤俊一氏、大木勲氏等が中心となって発足した臼井懇話会ですが、今でも野口精神が脈々と生き続けています。

王子台の区画整理事業に伴う、新旧住民の融和を図る為の地域コミュニティの構築と臼井の歴史、文化の継承を目的とした、臼井文化懇話会が素晴らしい成果をあげたわけですが、今後共益々、発展されますことを願っております。

平成26年11月23日(日) 1、ターゲットバードゴルフ大会 2、市民活動フェスタ2014 3 、福祉大会 4、鏑木会フェスタ 5、合唱フェスティバル 6、内郷地区懇談会 7、先崎地区市政報告会

1、 9:15
ターゲットバードゴルフ大会
場所; 小篠塚

第7回TBG競技資格者ターゲットバードゴルフ大会が千葉県各地から82名の出場者の参加を得て、盛大に開催されました。

公認指導資格者の大会て、関東大会、全国大会に繫がる大きな大会と伺いました。

寺田会長をはじめ千葉県ターゲットバードゴルフ協会および関係者の皆様のご尽力に敬意を表します。

2、 10:00
市民活動フェスタ
場所; 中央公民館ホール

佐倉市では、市民公益活動への市民参加促進を目的として、市民公益活動団体登録を行なっていますが、現在169の団体に登録して頂き、福祉、環境、防災、まちづくり、子育て支援など様々な分野で活躍して頂いております。

本日は、その市民活動団体が一堂に介して、「ボランティア・市民活動フェスタ2014佐倉」を盛大に開催されました。
皆さんの活躍は、その独自性、先駆性、専門性など特筆すべきものが有り、佐倉市の誇るべき財産であると思っています。

3、 10:30
佐倉市社会福祉大会
場所; 中央公民館学習室

本日、多年に亘る地域福祉活動やご寄附などにより、福祉功労者として表彰、感謝状を受けられました皆様の、社会福祉へのご尽力、ご功績に対して、深く敬意を表します。また、心より感謝を申し上げます。

4、 12:00
かぶらぎ会フェスタ
場所; 志津公民館

かぶらぎ会では、平成7年の発足以来、毎月、研修会や講演会を開催され、また「いこいのひろば」や「おやじの会」など仲間作りやご家族同士のコミュニティ作りなど、地域に根付いた活動を積極的に展開して頂いております。

かぶらぎ会フェスタが障害のある方と地域の方との交流の場となり末永く継続されますことを願っています。

5、 13:00
合唱フェスティバル
場所; 音楽ホール

第24回佐倉合唱フェスティバルを、市内および近隣市町から31団体のご参加を得て、盛大に開催致しました。

本日の合唱フェスティバルは全身の合唱祭から数えると38回を数える、大変歴史のある催しです。

本日のゲストは東京農工大学・女子美術大学混声合唱団をお迎えしました。

女子美術大学は佐倉順天堂第3代堂主佐藤進の妻しずが第2代校長を務め、火災で校舎が消失した際、私財を投げ打って再建するなど大学の継続・運営に大きく貢献しています。

6、 14:00
内郷地区市政報告会
場所; 佐倉ミレニアムセンター

内郷地区自治会役員並びに有志の方々に市政報告を致しました。

7、 15:30
先崎地区市政報告会
場所; 先崎集会所

先崎地区並びに近隣地区の有志の皆さんに市政報告を行ないました。

平成26年11月22日(土) 印旛沼環境基金30周年記念式典 場所; ウィシュトン

公益財団法人印旛沼環境基金設立30周年記念式典を開催致しました。私、佐倉市長が当環境基金の理事長を務めております。

当基金は昭和59年11月、千葉県と当時の印旛沼流域15市町村が印旛沼の水質改善と流域の環境保全を目的として、設立されました。

基金設立後、印旛沼流域の水質浄化や環境保全に資する様々な啓発活動を、行なって参りました。

しかしながら、沼の水質は、平成23年度及び24年度共にCOD 11ミリグラム・パー・リットルを記録、25年度はさらに悪化して、12ミリグラム・パー・リットルと全国湖沼の水質順位がワースト1位という憂慮される状況が続いています。

当基金としては、設立30周年を機に、国、県を始め流域市町、関係機関、関係団体との一層の連携協力のもと、水質浄化に向けての抜本的対策( 水の流動化やヘドロの除去等) の検討を含め、沼の再生活動に邁進していく所存です。

本日は関係者との意見交換を通し、印旛沼水循環健全化会議との連携を強化し、更に踏み込んだ施策を行なっていくこと等を含め、実効性の有る対策を、今後立てていくことで意見の一致を見ることが出来、とても有意義な式典となりました。

平成26年11月21日(金) 1、交通安全祈願 2、下志津小学校訪問 3、佐藤優香選手来庁

1、 10:00
交通安全祈願
場所; 志津霊園

長らく懸案事項となっていた志津霊園区間関連道路の開通式典を来週27日(木)に控え、開通後の交通安全を祈願して、安全祈願法要を実施しました。
開通後の無事故を心から祈念します。

2、 11:00
下志津小学校訪問
場所; 下志津小学校

下志津小学校を訪問しました。同校の日常活動のモットーは、挨拶、歌声、清掃、読書です。

明日、地域の皆さんに歌を披露するに当たっての練習風景を見させて頂きました。皆さん、声が通っていて、素晴らしい歌声でした。

子供達は挨拶も良く出来とても明るい雰囲気の学校です。地域の人々に見守られながら子供たちが心身ともに健やかに成長されることを心から願っています。

3、 14:30
佐藤優香選手来庁
場所; 応接室

佐倉市出身( 内郷小、佐倉中出身 ) の佐藤優香さんが来庁されました。

佐藤さんは、トライアスロンの選手で先般9月26日開催されたアジア競技大会(混合リレー )と10月26日開催された日本トライアスロン選手権東京港大会の両大会に優勝し、その報告に見えました。

4年前の2010年、シンガポールで開催されたユースオリンピックで優勝し、ご挨拶に来庁されましたが、当時から将来を嘱望されていた方です。

身長も4年前に比較し2cm伸びたということで一段と立派になりました。
リオデジャネイロで3位入賞、東京オリンピックで金メダルを目指すとのこと。頑張って頂きたいと思います。
市をあげて応援して参りたいと思います。

平成26年11月20日(木) 1、定例記者会見 2、住生活基本計画委嘱状交付

1、 11:00
定例記者会見
場所; 3階会議室

私からは、以下11項目について説明しました。

⑴ 志津霊園区間道路開通式( 11/27)
⑵ はくすい保育園開園 ( 12/1 )
⑶ 吉見光の子保育園の認定こども園への移行( 1/1))
⑷ 就労支援研修会開催( 12/11)
⑸ 怒鳴らない子育て練習講座
⑹ さくらヒューマントーク( 2/7 )
⑺ 第34回佐倉朝日健康マラソン大会
( 3/29 )
⑻ 佐倉市 PR 展示ブース設置 ( 岩名陸上競技場玄関、市役所ロビー )
⑼ 更生保護就労支援に関する協定
(10) 地域総合整備資金貸付事業
(11) (仮称) 千代田ふれあいセンター施設整備事業

2、 14:00
住生活基本計画委嘱状交付
場所; 議会棟第2委員会室

佐倉市住生活基本計画推進検討委員会の委嘱状交付式を行いました。

住生活基本計画は、市民生活に直接関わるものであり、定住人口の維持増加、あるいは交流人口の増加、そして選ばれるまちづくりの為にも、重要な施策です。

佐倉の自然、そして文化を継承しながら、都市としてのポテンシャルを高め、創造性、個性、魅力に溢れたまちづくりを推進委員の皆さんのご協力の下に進めて参ります。