月別アーカイブ: 2014年5月

平成26年5月31日(土) 1、間野台小学校運動会 2、コミュニティカレッジ開校式 3、 庭のアート・クラフトフェア千葉 4、小竹小学校運動会

1、8:30
間野台小学校運動会
場所; 間野台小学校グランド

間野台小学校児童の姿勢や挨拶が素晴らしいという評判が届いております。
校長先生にお聞きしたところ、学校では、腰骨を立てて姿勢を正す立腰教育を進め、子供達の集中力とやる気を育てていると伺いました。

確かに児童の姿勢が立っている時も、座っている時も、行進している時も非常に良く、明るく爽やかで元気な挨拶が極めて印象的でした。

姿勢、挨拶は全ての基本となります。児童の皆さんが、この基本をしっかり身に付け、心身共に健やかに育ってくれることを心から願うと共に
大いに期待しております。

2、 9:30
コミュニティカレッジ開校式
場所; 臼井公民館

佐倉市には、中央公民館主催の市民カレッジ( 4年制 ) と志津公民館主催の志津市民大学( 1年制 ) が有りますが、昨年から、臼井公民館主催のコミュニティカレッジ(2年制 ) が創設されました。

本日は、第2期生の入学式を開催しました。

現代社会に於いて、様々な課題を抱えている中で、コミュニティカレッジが市民の皆様にとって、主体的に地域の課題に取り組むキッカケとなり、カレッジ生が将来、地域のリーダーとなって頂くことを期待しております。

3、 13:15
庭のアート・クラフトフェア千葉
場所; DIC川村記念美術館庭園

5月31日(土)・6月1日(日)の2日間、緑溢れるDIC 川村記念美術館庭園をお借りして、にわのわ実行委員会主催の「にわのわ アート&クラフトフェア千葉」が開催されました。

千葉県にゆかりの有るアート&クラフト作家と飲食店計約120組が屋外マーケットを開催したもので、今年で3回目を迎えます。

絵画・版画・陶磁器・ガラス・木工・染織・皮革を、扱う92名の作家が出店しました。

千葉を愛する人達によって「つくり手」と「つかい手」がつながる”わ”を生み出し地元の食や物産を紹介する”わ”を作ります。

ヘンリー・ムーアの金色に輝く彫刻の周りで、心に響く様々な”わ”と出逢うイベントです。

4、 14:20
小竹小学校運動会
場所; 小竹小学校グランド

運動会終盤の綱引きと紅白リレーを拝見致しました。

友達と力を合わせて頑張ったり、共に励ましあったりする姿、全力を出し合って競い合う姿、声をからして応援する姿、どれも一生懸命で、見ている人達を感動させました。

こういったスポーツを通して、お互いを讃えあい、友情を深め合い、絆を深め合うことは素晴らしいことです。

又、小竹小学校は子供達に熱心に読書に取り組ませるなど、長年に亘る学校図書館を活用した教育活動を展開した結果、それが認められ、先般、文部科学大臣表彰を受賞しました。

小竹小学校が今後とも、知・徳・体の3拍子揃った素晴らしい学校として活躍、発展されることを、強く願っております。

平成26年5月30日(金) 1、市町村職員年金者連盟佐倉支部総会 2、畜産組合連合会総会・懇親会

1、 12:00
年金者連盟佐倉支部総会
場所; おかやま食堂

年金者連盟佐倉支部総会にお招き頂きました。

佐倉市役所及び一部事務組合の職員OB 238名が加入し組成している連盟です。

職員のOBとしての皆さんが、いつまでも元気で、引き続きご指導頂き、市政運営にご支援、ご協力下さいますよう、お願い致したいと存じております。

2、 17:00
佐倉市畜産組合連合会総会
場所; えんや

平成26年度、佐倉市畜産組合連合会の総会にお招き頂きました。

最近の畜産を取り巻く情勢は、飼料高騰や生産者の高齢化、担い手の確保など、さまざまな課題が有り、厳しい状況が続いております。

TPPについては、豚肉や牛肉などで米国との厳しい折衝が続き、予断を許さない状況です。

一方、国内では、豚の病気が全国で猛威をふるい、県内でも北東部を中心に拡大しております。

TPPの妥結内容や産業競争力会議等の議論の方向性によっては、我が国の農業が大きく変わる可能性がありますので、その動向には十分注視する必要が有ると思います。

市では、市内畜産に対して、機械や施設の導入時の支援に加え、佐倉の畜産物の消費拡大に向け、引き続き支援してまいります。

平成26年5月29日(木) 定例記者会見 場所; 市役所3階会議室

本日は、定例記者会見を行いました。

私からは以下の事項について説明しました。
1、佐倉市制施行60周年事業について
2、ローズフェスティバルの開催について
3、第54回佐倉市民花火大会開催について
4、佐倉市住生活基本計画について
5、創業支援事業計画が国から認定
6、グループ型小規模保育所設置
7、インクルーシブ教育システムの構築
8、ACミランサッカースクール千葉・佐倉校の開校
9、志津霊園問題の進捗状況
10、大雪被害に対する被災農業者の再建支援事業
11、緊急雇用創出事業

平成26年5月28日(水) 1、印旛地区高齢者クラブ連合会総会 2、シルバー人材センター総会 3 、観光協会総会

1、 10:30
印旛地区高齢者クラブ連合会総会
場所; 社会福祉センター3階

本日は、印旛地区高齢者クラブ連合会の定期総会が佐倉市で開催されました。

現在、印旛地区管内では、約2万人の会員の方々がボランティア、スポーツ、文化活動などを通じて、生きがいづくりや社会参加活動を目的とした多彩な活動を、展開されておられます。

引き続き、会員の皆様には、これまで培ってきた知識や経験を生かし、様々な社会活動に取り組んで頂ければ幸いです。

2、 13:00
佐倉市シルバー人材センター総会
場所; 中央公民館大ホール

シルバー人材センターの定時総会に出席しました。

シルバー人材センターに於かれては、この4月より訪問介護事業の指定を受けられ、入浴、食事等の訪問介護サービスに取組んでおられます。

センターの設立理念である「自主・自立・協働・共助」のもと、時代の変化に機敏に対応できる組織運営を継続され、より一層のご活躍を期待しております。

3、 14:00
佐倉市観光協会総会
場所; 市立美術館4階ホール

市内外から多くの観光客を呼び込む為には、行政だけの力だけではなく、広く、観光協会をはじめ関係者の力を結集することが重要です。

佐倉が北総一の観光地となるよう、様々な関係者、ボランティアと連携を保ち、事業を進めてまいります。

平成26年5月27日(火) 1、印旛広域臨時議会 2、印旛沼環境基金理事会 3、千葉県市町村長会議

1、10:00
印旛郡市広域市町村圏事務組合
議会臨時会
場所; 議会棟全員協議会室

印旛郡市広域市町村圏事務組合 ( 7市2町 ) の臨時議会を招集しました。

議事日程の主なものは以下の通りです。

1、副管理者の任期満了に伴う選挙
2、専決処分2件の承認を求める議事

副管理者には、小坂酒々井町長が再任され、議案も全て承認されました。引き続き、印旛広域の結束を強め、様々な課題に対処して参りたいと考えています。

尚、当組合の役員は以下の通りです。
管理者: 蕨 佐倉市長
副管理者: 小泉 成田市長
副管理者: 小坂酒々井町長

2、 11:00
印旛沼環境基金理事会
場所; 議会棟全員協議会室

公益財団法人印旛沼環境基金の理事会を招集しました。

印旛沼環境基金は印旛郡市広域市町村7市2町に加え、千葉市、船橋市、鎌ケ谷市、八千代市が加わっています。( 計13市町 )

本日は、公益財団法人へ移行して初めての理事会でした。

印旛沼は依然として、全国湖沼の水質順位でワースト1位という不名誉な状況です。

印旛沼の水の流動化や大量に堆積した汚泥の除去等、新たな抜本的な対策を立てなければならない段階に入っています。

当基金は昭和59年11月20日の設立以来、本年で設立30年を迎えます。本年11月22日には、設立30周年式典の開催を予定しており、この機会に、その果すべき役割を再認識し、印旛沼浄化に向けて、新たに前進しなければなりません、

3、 14:30
千葉県市町村長会議
場所; 県庁本庁舎5階大会議室

県庁において、平成26年度市町村長会議が開催されました。

本年度の千葉県の主な取組みは以下の通りとの説明が知事から有りました。

1、東京オリンピックに向けた取組み

2、ちばアクアラインマラソンの開催

3、高規格幹線道路網の整備

4、防災基本条例等について

5、不法ヤード対策

6、振り込め詐欺や悪徳商法の被害防止

7、待機児童の解消

8、いじめ防止対策推進条例

9、地域医療を支える医師・看護師の確保

10、定期巡回・随時対応型 訪問介護看護サービス支援事業

平成26年5月26日(月) 1、献血推進協議会 2「社会を明るくする運動」佐倉市推進委員会 3 、子育て支援推進委員会 4、佐倉朝日マラソン大会実行委員会・意見交換会

1、10:00
献血推進協議会
場所; 社会福祉センター

平成26年度佐倉市献血推進協議会を開催、新委員に、委嘱状を交付させて頂きました。

厚労省によると、平成6年から10年以上減少傾向を、示していた献血者数は、平成19年を境に上昇に転じました。ただ、10代~30代の献血者数は減少傾向です。引き続き、若年層への啓発を推進する必要が有り、委員の皆様に、ご協力を依頼しました。

2、 13:30
「社会を明るくする運動」
佐倉市推進委員会
場所; 社会福祉センター

委員の皆様には、地域福祉推進や青少年健全育成などに、ご尽力頂き感謝しています。

「社会を明るくする運動」は、法務省が主唱し、全ての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人達の更生について、理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行の無い明るい社会を築こうとする全国的な運動で、強調月間が7月となっています。

佐倉市としても、平成15年からの犯罪減少傾向を継続させるべく、関係機関との連携を強め、地域に根ざした活動を展開し安心・安全なまちづくりを推進してまいります。

3、 14:00
子育て支援推進委員会
場所; 市役所6階大会議室

当委員会は、佐倉市の子育て支援の推進全般を審議頂く諮問機関です。

来年度から、子育て支援制度が大きく改正され「子ども・子育て支援新制度」となり、幼児期の学校教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に進めるものです。

私は、市長就任以来、子育て支援の充実を重点課題と位置づけ、学童保育待機児童ゼロ達成、認可保育園の定数増、子ども医療費・入院費の中学3年生までへの拡充等、多様な取組みを進めて参りました。

今後とも、あらゆる手段を駆使して子育て支援に力を注いで参る所存です。

4、 18:00
佐倉朝日マラソン大会実行委員会
及び意見交換会
場所; 成田エクセルホテル東急

本年3月、第33回佐倉朝日健康マラソン大会の意見交換会が開催されました。

今大会は過去最高となる13,100名を超える方々にエントリーして頂き、盛況の内に、終えることが出来ました。

本大会は、佐倉アスリート倶楽部小出義雄監督の選手激励をはじめ、同倶楽部のトップランナーと一緒に走れることも、大変な魅力となっています。

また、今回から、千葉県初の日本陸連公認大会として認められ、大会の記録が正式記録として認識されることとなり、一層参加者の意欲が増したものと考えております。

今後とも、様々な面で改善を加え、より高いレベルでの大会運営を目指して参りたいと考えております。

平成26年5月25日(日) 1、ゴミゼロ運動 2、臼井ふるさとづくり総会 3、ACミラン少年サッカー教室開校式

1、 8:30
ゴミゼロ運動
場所; 御三階駐車場

本日は1都9県で、ゴミの散乱防止とリサイクルの普及・啓発を目的として、一斉清掃が行われました。

ゴミゼロ運動は、佐倉市では昭和57年に始まり、今年で33回目となります。市内130団体、約1万5千人の方々が、本日の運動に参加してくれました。

一人一人がほんの少しの注意を払い、ゴミを家に持ち帰って頂ければ、散乱ゴミは確実に減り、それが佐倉市を綺麗な住みよい街にすることに繋がります。

この運動がきょう1日にとどまらず、通年に亘って、市民の間に広まることを期待しています。

2、 10:00
臼井ふるさとづくり協議会総会
場所; うすい荘

当協議会の皆様には、市内の先駆けとして、平成18年度に協議会を立ち上げて頂きました。

以来、佐倉市に於ける「まちづくり協議会」のお手本として、そして模範として、様々な活動を、行なって頂いております。

当協議会が取組まれる「防犯活動」「防災活動」「昔の遊び体験教室」「地域クリーン作戦」「臼井ふる
さとウォーキング」等は「共助」の事業として、大変期待させて頂いております 。

このような取組みを継続できるのも、ひとえに地元をより良いものにしたいという皆様の熱意と責任感のおかげと言っても過言ではありません。

皆様のご尽力に深く感謝します。

3、 14:00
ACミラン少年サッカースクール
佐倉校開校式
場所; 中央公民館ホール

いよいよ、待ちに待ったACミラン少年サッカースクール佐倉校の開校式が開催されました。

24日、欧州チャンピオンズリーグは、リスボンで決勝が有り、同じ街マドリードを、本拠地とするダーピーマッチとなった一戦はレアル・マドリード(スペイン) がアトレチコ・マドリード(スペイン) を、延長戦の末、4-1で下しました。
12季ぶり10度目の優勝(歴代最多) を飾り、大変な盛り上がりを示しました。

本田選手が移籍したACミランも来季は頑張ってもらい、また黄金時代を、築いてもらいたいと思っています。

そのACミランメソッドに、基づいたトレーニングを指導してもらうことにより、子供達の技術は格段にレベルアップすると思います。

しかし、技術だけでなく、しっかりとした身体づくりや精神づくりそして、何より立派な人格を持った人間に成長して欲しいと願っています。

イタリアは幼児教育の発祥地とのこと。人間育成には並々ならぬ熱意が感じ取れます。むしろこちらの方に私達は、期待したいと思っています。

平成26年5月24日(土) 1、上志津小学校運動会 2、しづ市民大学開講式 3、千葉県行政書士会懇親会

1、8:30
上志津小学校運動会
場所; 上志津小学校グラウンド

上志津小学校の運動会開会式に出席しました。

児童は皆、やる気と自信に溢れ、一生懸命練習して来た様子が伺えました。

当小学校は、長年、食育と体育を中心に取組まれておられます。その実績は高く評価され、市内の先進校となっています。

また、順天堂大学と連携した体力向上の為の授業や、情報機器を利用した授業に取り組むなど、新しい試みをされ、活力溢れる学校であります。

上志津小学校の益々の発展を期待します。

2、9:30
しず市民大学開講式
場所; 志津コミュニティセンター

しず市民大学の開講式に出席しました。

しず市民大学は1年制で4つの課程に分かれています。(尚、佐倉市にはこの他、2年制のコミュニティカレッジと4年制の市民カレッジがありますが、いずれも、大変な人気を呈しています。)

⑴ しず学入門
⑵ 地域健康学
⑶ くらしの情報学
⑷ おやじの食事学

本年の入学生数は154名です。皆さんの勉学意欲は旺盛て、頭が下がる思いです。

皆さんが、いつまでもご健康で、これまでに培った知識や経験に、しず市民大学での学びを加えて、より幅広い視野で、佐倉市の発展の為に活かして頂ければ、有難いと思っています。

3、17:30
千葉県行政書士会懇親会
場所; 三井ガーデンホテル

千葉県下では、約1,750名の行政書士が事務所を構え、中小企業や個人の身近な法律家として活躍して頂いております。

佐倉市でも、通常の行政書士業務のほか成年後見制度に大変なご尽力を頂いているところです。

今後益々、行政書士の業務の範囲が広がる方向にあることから、更なる飛躍が期待されています。

行政としても、より連携を密にして、市民に安心して生活して頂けるよう、努力して参りたいと考えております。

平成26年5月23日(金) 1、広報モニター会議 2、環境審議会委員委嘱 3、千葉県防犯協会総会

1、 10:00
広報モニター会議
場所; 3階会議室

広報モニター会議を、開催致しました。
佐倉市の広報紙や広報番組に忌憚の無いご意見を頂く為、市内在住の皆様に広報モニター(10名)を委嘱しています。

市の施策や魅力を市内外にわかりやすく、丁寧に発信することで、住み続けたい、訪れたい、そして住んでみたいと思って頂けるような、選ばれるまちづくりを推進する為、皆さんのご意見を活かして行きたいと思っています。

2、 13:30
環境審議会委員委嘱状交付
場所; 議会棟全員協議会室

佐倉市は豊かな自然環境が多く残されており、それが佐倉の大きな魅力となっています。

市としては、まちづくり協議会やワークショップなどの活動を通して、市民の皆様のお力もお借りしながら、その保全・整備に努めているところです。

行政、市民、事業者が力を合わせ、地球温暖化問題や印旛沼の水質改善に努力して参りたいと考えています。

3、 16:00
千葉県防犯協会総会
場所; ヴェルシオーネ若潮

平成25年の千葉県の刑法犯認知件数は、77,913件で11年連続で減少し、過去最多の平成14年の約16万8千件の半数以下に減少しました。

しかし、自動車盗は全国ワースト1位、空き巣などの侵入犯罪も増加した他、振り込め詐欺やひったくりが後を絶たず、まだまだ安全・安心を実感できるまでには至っていません。

このような諸情勢のもと、県・市町村・警察・関係団体・防犯ボランティア等と緊密な連携を図り、安心・安全なまちづくりを一層進めてまいります。

平成26年5月22日(木) 1、民生委員・児童委員協議会総会 2、臨時市議会

1、 10:00
民生委員・児童委員協議会総会
場所; 志津コミュニティセンター

平成26年度佐倉市民生委員・児童委員協議会総会が盛大に開催されました。

民生・児童委員の皆様には、地域福祉活動の担い手として、様々な相談や援護活動、児童虐待の防止に取組んで頂いており、心から感謝致します。

午後の研修では、千葉大学名誉教授の服部先生をお招きし、少子高齢化、若年層の減少、住宅の老朽化、空き家の増加、商店街の衰退など複合的な課題を抱える街の再生というお話を、頂く予定です。

とても参考になるものと考えております。

今後とも民生・児童委員の皆様には、多方面に亘ってご尽力頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

2、 13:00
臨時市議会
場所; 市議会議場

佐倉市議会臨時会が開催されました。

当臨時市議会で、新たに議長に中村孝治議員が、副議長に押尾豊幸議員が選出されました。

又、各常任委員会( 総務、文教福祉、経済環境、建設 ) の委員が選出された他、議会運営委員会委員が選出されました。

議会並びに執行部が新しい体制となり、更なる住民福祉の向上に向けて頑張ってまいりたいと考えております。