月別アーカイブ: 2014年4月

平成26年4月30日(水) ACミラン・ サッカースクール佐倉校体験無料レッスンスタート 場所; 岩名サッカー場

岩名サッカー場でACミランによる無料体験レッスンが始まりました。

体験レッスンは4月に2日間実施されましたが、5月7日・8日(18時~)にも開催致します。

これまで、2日間で、幼稚園から中学1年までの子供達がそれぞれ、約100名、計200名参加しました。

初めはコーチのルカ・モネーゼさんのイタリア語に恥ずかしがる子もいましたが、ルカ・モネーゼさんの合図で「フォルツァ!」(頑張れ!の意味)「ミラン!」と大きな声を出すと、一気に慣れてきて、最後は皆「チャオ!」とイタリア語で挨拶。子供達は本当に楽しそうに生き生きと身体を動かし、サッカーを、楽しんでいました。素晴らしく、良く出来たサッカー場で子供達も水を得た魚のように、はしゃいでいました。良かったと思います。

尚、プレ・スクールは5月12日(月)~15日(木)の4日間並びに19日(月)~22日(木)の4日間の計8日間開催されます。

プレ・スクールは入校手続き済みの小学生と中学1年生が対象ですが、佐倉市の小学生と中学生は特別に、無料で参加出来ます。

地元佐倉の子供達にサッカーを通じて、素晴らしい経験をして頂きたいと思っています。

問合せ先は次の通りです。
ジョッカミーチスポーツクラブ
TEL; 043-235-7615

平成26年4月29日(火・祝) 1、緑の祭り 2、日本ボーイスカウト印旛地区年次総会 3 、佐倉ジュニア合唱団発表会 4、明治大学マンドリン倶楽部演奏会

1、 10:00
緑のまつりオープニングセレモニー
場所; ユーカリが丘南公園

佐倉市は、東京近郊にありながら、水と緑に恵まれたまちです。

緑をテーマにしたお祭りが、毎年盛大に開催されますことは大変意義深いことです

このお祭りを通して、緑の大切さを喚起するのみならず、地域の賑わい創出や活性化に寄与し、又、花と緑の即売会や地元農産物の販売そして、親子で参加出来るイベントや地域の皆さんの協力による模擬店の開催など、地域の連携を深める良い機会でもあります。

緑のまつりの益々の発展を祈念します。


2、 11:30
ボーイスカウト千葉県連盟印旛地区年次総会
場所; 酒々井コミュニティプラザ

ボーイスカウト活動はキャンプやハイキングを通じて、協力し合う心、生命を尊重する心を養い、子供達の「生きる力」の基礎を育てる、非常に意義のあるものです。

ボーイスカウトのスカウトとは先駆者のことで、自らの人生を切り開く少年を育成する活動です。

今後とも、ボーイスカウト活動を通じて、青少年の健全育成にご尽力頂きたいと思っています。


3、 14:00
佐倉ジュニア合唱団定期演奏会
場所; 音楽ホール

佐倉ジュニア合唱団の第4回定期演奏会にお招き頂きました。

同合唱団は千葉県や神奈川県でのコンテストで金賞を受賞し、県内外で輝かしい成績を収めています。8月には、第28回少年少女合唱祭全国大会への出場も決定しています。

又、ハンガリーとの歌声の国際交流も積極的に進めています。

同合唱団の益々のご活躍を祈念します。


4、 16:00
明治大学マンドリン倶楽部演奏会
場所; 印西文化センター

明治大学マンドリン倶楽部演奏会にお招き頂きました。

一昨年は、佐倉市臼井の音楽ホールで演奏会が開催されましたが、今年は印西市文化ホールで行われました。

大正12年春、古賀政男ら6人のマンドリン愛好家によって、創立されています。

発足以来、「何でも弾いてやろう」というフロンティア精神が底流に有り、レパートリーはクラシックから歌謡・民謡・童謡の他、ラテン・フュージョン・ロック・ジャズなどあらゆるジャンルの音楽を取り入れています。

私は学生時代から明大マンドリン倶楽部の演奏は何度も聞いていますが、いつも感動させられます。

きょうも、学生達のパワー溢れる演奏は、観客の皆さんに、多くの夢と感動を与え、大盛況でした。

平成26年4月28日(月) 千葉県報道機関各社歴博訪問 場所; 国立歴史民俗博物館

千葉県の報道機関の皆様が国立歴史民俗博物館を訪れました。佐倉市役所からは、私と青木理事、上野副主幹が参加しました。

第一展示室(原始・古代)と第三展示室(近世)を久留島館長にご説明頂いた後、企画展示(歴史にみる震災)を原山准教授にご説明頂きました。
原山准教授は先日、皇太子殿下がいらっしゃった時にも、ご説明をされた方です。

皆さん、午後2時から4時30分まで熱心にご覧頂きました。

このような機会を捉え、佐倉の魅力の一端を、感じ取って頂けたら、幸甚です。今後とも報道機関に対して、佐倉の魅力に繋がる情報を積極的に発信して参りたいと考えております。

平成26年4月27日(日) 中志津自治会定期総会 場所; 下志津小学校体育館

中志津自治会の定期総会にお招き頂きました。

当自治会は市内最大の自治会として、又、先進的な取組みを数多く行っている自治会として、市内でお手本となっている自治会です。

当自治会に於かれては、「夏祭り」や「スポレク祭」の開催を通じて、地域の絆を深めて頂いている他、災害時の備えについても、毎年の防災訓練や自主防災組織の充実を通して、互助・共助の活動を行なって頂いております。

更に、しずが原まちづくり協議会の活動も活発に行なって頂いています。

中志津自治会の益々の発展を祈念します。

平成26年4月26日(土) 山川成美氏 観世流能楽師・師範就任祝賀会 場所; ウィッシュトン

山川成美氏が能の師範を許され、本日祝賀会が開催されました。

本年は、室町時代に観阿弥・世阿弥父子が3代将軍足利義満と出会い、今日の能の隆盛の礎を築いてから、丁度、640周年となる記念すべき年です。

その記念すべき年に、山川氏が観世流宗家から師範を許されたことは、誠に喜ばしく、おめでたいことと心からお喜び申し上げます。

山川氏は能のほかにも、佐倉市歌謡連合会会長や佐倉市文化団体連絡協議会の副会長を務められ、市の文化振興に多大なご貢献を頂いております。

山川氏に於かれては、700年近い歴史を有する能を通して、日本の伝統文化の素晴らしさを広く市内外に広めていただくと共に、市の文化振興に引き続きご尽力頂きたいと願っております。

平成26年4月25日(金) 中小企業家同友会佐倉支部懇親交流会 場所; ウィッシュトン

中小企業家同友会佐倉支部の懇親交流会にお招き頂きました。

同支部は県内16番目の支部として、一昨年3月に設立され、研修会や様々な事業に取組まれ、地域の活性化にご尽力頂いております。

佐倉市は、中小企業支援策として、中小企業・資金融資制度に加え「創業支援資金」を創設したところです。

又、本年度から、第二創業や分社化の場合も、融資を活用出来るよう制度の改正を行ないました。

今後とも、中小企業の皆様の声を伺いながら、産業振興に係わる各種施策に取組んで参ります。

平成26年4月24日(木) オランダ国王陛下生誕記念レセプション 場所; オランダ王国大使公邸

亀山 紘 石巻市長 ラーディンク・ファン・フォレンホーヴェン駐日オランダ王国特命全権大使と大使公邸にて

昨年4月30日にオランダ王国・国王に即位されたウィレム・アレクサンダー国王の生誕記念レセプションにお招き頂きました。

 

ウィレム・アレクサンダー国王は19世紀に即位したウィレム3世以来、123年ぶりの男性国王です。

誕生日は4月27日ですが、当日はオランダ本国で、盛大に記念式典が行われる為、オランダ大使も帰国し式典に出席することから、3日早い本日、オランダ大使館脇の大使公邸で生誕記念レセプションが行われました。

オランダ大使館の人達も、佐倉市にいらっしゃった方が増えてきつつあり、だいぶ顔なじみになりました。

昨年、着任した大使も近々、佐倉市にみえることになりました。楽しみです。

平成26年4月23日(水) 1、更生保護女性会総会 2、人権擁護委員協議会第一部会総会

1、10:30
佐倉市更生保護女性会総会
場所; 社会福祉センター3階会議室

更生保護女性会の皆様には、非行や犯罪を犯した 人の更生への支援や、犯罪を未然に防ぐ啓発活動、青少年の健全育成にご尽力頂いております。

又、例年行われている「社会を明るくする運動」関連の1円募金、講演会や演奏会、そして市内駅前街頭啓発活動等多大なご尽力を頂いております。

地域と行政が密接に連携しながら、佐倉市が明るく魅力のあるまちとなるよう、引き続きご協力頂きたいと思っています。

2、 15:00
人権擁護委員協議会第一部会
場所; 議会棟第4委員会室

平成26年度の佐倉人権擁護委員協議会第一部会総会が開催されました。

人権擁護委員の皆様には、日頃から人権相談や人権教室などの人権に係わる啓発事業に積極的に取組んで頂き、市民生活の安定に大きくご貢献頂き、感謝しています。

これからは、少子高齢化が一段と進み、認知症の方々への対応も含め、思いやりの心、助け合いの精神がより一層大切になってまいります。

人権擁護委員の皆様の充実した活動、積極的な事業に期待しています。

平成26年4月22日(火) 佐倉市産業まつり実行委員会 場所; 市役所3階会議室

産業まつりの開催を1ヶ月後に控え、本日最終的な詰めを行う為、実行委員会を、開催しました。

産業まつり「佐倉モノづくりFesta2014」の概要は以下の通りです。

1、日時 平成26年5月17日(土)18日(日)
午前10時〜午後4時
2、 会場 佐倉市民体育館及び
駐車場特設テント

3、出店状況
⑴ 農・商・サービス業 大即売会

⑵ 工業展
[ 展示 ] 24社
[ 相談・啓発] 中小企業診断士、社労士、行政書士
[ その他 ] 歴博ミュージアムショップ、DIC川村記念美術館、ACミランサッカースクール、学校給食(教育委員会指導課)

⑶ その他
・県立佐倉東高 調理国際科、服飾デザイン科 展示
・サッカーボールおにぎりプレゼント
・ヨーヨー風船プレゼント
・佐倉のお米すくい取り

4、モノづくりワークショップ

5、 集客イベント
・ 市内小中学校音楽発表
・ 出展者PR タイム&抽選会
・ ACミランコーチとリフティング対決
・ 転倒年齢測定会
・ ミニ四駆大会

平成26年4月21日(月) 皇太子殿下行啓 場所; 国立歴史民俗博物館

皇太子殿下が、国立歴史民俗博物館 ( 歴博 )にお出でになり、開催中の「歴史にみる震災」を見学されました。


歴博に到着された皇太子殿下を、以下のメンバーでお出迎えしました。

ご先導:     久留島館長
お出迎え: 小松研究振興局長(文科省)
                  平川理事(人間文化研究機構)
                  蕨佐倉市長
                  川名部市議会議長

皇太子殿下は「東北の地震・津波」と20世紀前半の大規模地震を取り上げた「近代の震災」をご見学されました。

同展は古代から近現代までの震災の歴史を振り返る企画展で、5月6日まで開催されています。