月別アーカイブ: 2014年3月

平成26年3月31日(月) 1、退職辞令交付 2、消防組合退職辞令交付 3、教育委員会転出職員挨拶に来庁 4、 印旛広域事務組合退職辞令交付

1、9:30
退職辞令交付式
場所; 6階会議室
定年、勧奨等で退職される方、35名に対し、退職発令を致しました。皆さん、長い間ご尽力頂き、誠にありがとうございました。



2、10:30
消防組合辞令交付式
場所; 市長室

鈴木消防長、入江会計管理者両名の退職、と今井新消防長、小林新会計管理者の発令を致しました。

3、11:00
教育委員会転出職員挨拶に来庁
場所; 3階応接室

教育委員会から転出される先生方がご挨拶に見えました。

橋口先生 四街道市立南小学校長へ
林先生 栄町立栄中学校長へ
大橋先生 佐倉小学校教頭へ
小林先生 志津中学校教諭へ
佐藤先生 間の台小学校教頭へ
原先生 県立東金特別支援学校教頭へ

4、13:30
自民党「農業委員会・農業生産法人に関する検討プロジェクトチーム」
意見交換会

場所; 市役所6階大会議室

本日は、自民党による農業委員会及び農業生産法人に関する現地調査ということで、当市役所にみえました。

農業委員会については、多様な意見がある中で、今後はさらに農地中間管理機構と連携し、有機的かつ相乗的に取り組んで頂きたいと考えております。

5、15:30
印旛広域事務組合退職辞令交付式
場所; 印旛広域

⑴ 再任用更新職員辞令交付
⑵ 併任解除者辞令交付
⑶ 印旛沼環境基金 併任解除者辞令交付

平成26年3月30日(日) 佐倉朝日健康マラソン大会 場所; 岩名陸上競技場

第33回佐倉朝日健康マラソン大会が岩名陸上競技場をスタート及びゴール地点として、開催されました。
今大会は、過去最高を記録する13,000名を越えるランナーの皆様にお申し込みを頂き、盛大に開催することが出来ました。

本年より、本大会は、マラソンの部において、県内初の試みとなる、日本陸連公認大会となり、格上げが出来ました。

佐倉アスリート倶楽部の小出義雄代表と

この大会が、アスリートの皆様にとって、更に大きな舞台へと羽ばたく登竜門となれば、大変喜ばしく思います。

昨年は、長嶋茂雄氏への佐倉市民栄誉賞表彰式を長嶋茂雄記念岩名球場で行い、岩名に訪れたスーパースターを、お迎えし、子供から大人まで沢山の人々が夢と感動を分かち合う素晴らしい式典となりました。

又、この6月からは.岩名サッカー場に於いて、ACミラン少年サッカースクール(通年)が開始します。

マラソンや陸上競技が開催されるここ岩名陸上競技場とともに、長嶋茂雄記念岩名球場や岩名サッカー場が益々活性化し、岩名運動公園がスポーツの名所となり、多くのアスリートが岩名を目指し、頑張ってくれることを、大いに期待しております。

平成26年3月29日(土) 大村博士( 女子美大理事長) 「ガードナー国際保健賞」受賞

市長と握手を交わす大村智 女子美術大学理事長(2012.4.2佐倉市との協定書調印式にて)

佐倉市が連携・協力協定を締結している女子美術大学の大村智理事長(北里大学名誉教授、北里研究所元名誉理事長)が.発展途上国の医療・衛生問題の改善に貢献した研究者に贈られるカナダの「ガードナー国際保健賞2014」を受賞されました。

尚、同賞は2009年の創設以来、大村理事長が日本人として初の受賞となります。ガードナー財団が27日までに発表しました。

大村博士はこれまで、有機化学物質の中から、数々の酵素、薬剤、抗生物質を発見、開発し、医学、化学の発展に多大な貢献をされています。

中でも特筆すべきは、同博士が開発したイベルメクチンで、アフリカや南米の熱帯地方でオンコセルカ症(ブヨに刺されるとやがて失明する病気)という恐ろしい病気から年間2億人もの人を病魔から救っています。

そして、大村博士がこの特許ロイヤルティーを放棄し、現在、WHOが無償で配布、20年後にはこの病気での失明者は根絶される見込みです。

同博士の多くの業績に対して、これまで世界中の様々な賞が授与されており、あと期待されるのは、ノーベル賞のみと言われています。

それも、ノーベル生理学医学賞、ノーベル化学賞、ノーベル平和賞という3つの分野で受賞する可能性があります。

佐倉市としても、こんなに素晴らしい人とのご縁が出来、誠に光栄です。

因みに、大村博士は大の長嶋茂雄さんのファンで、燦々会にも所属されておられます。

平成26年3月29日(土) 子ども発達 支援「モチモチの木」開所式 場所; 八幡台

本日、「こども発達支援 モチモチの森」が開所しました。

青山理事長は元教員で、昭和45年から盲学校幼稚部の設立準備をはじめ、NPO法人コスモスの花の設立や千葉県の障害者相談員活動に従事してこられました。

障害児の活動支援への勢力的な取り組みに対して、深く敬意を表します。

この度、佐倉市を事業所の拠点として選ばれ、障害のあるお子さんやご家族が地域で明るく、元気に生活出来る取り組みを実現されたことを、大変嬉しく思っております。

また、障害のある方やご家族を支援する地域の方々との交流の場や、出会いの場としての役割も果たして頂けるものと期待しております。

佐倉市といたしましても、障害のある方に、住み慣れた地域で安心して暮らして頂けるよう、引き続き、福祉のまちづくりを推進して参ります。

平成26年3月28日(金) 1、いんば農協総代会 2、佐倉商工会議所総会 3、国立歴史民俗博物館・平川南館長を送る会

1、10:00
いんば農協通常総代会
場所; 中央公民館

いんば農協第12回通常総代会が開催されました。

いんば農協では、本年中に千葉みらい農協との合併を予定されておられ、より一層、農業者の交流を始め、販売網の拡充が図られるものと期待しております。

近年の農業を取り巻く環境は、高齢化、担い手不足、不耕作地の増加、TPP問題など、深刻な状況となっています。

佐倉市としても、耕作放棄地対策、新規就農支援、6次産業化などの対策の他、国の動向を注視しながら、農業の活性化や発展に寄与してまいりたいと考えております。

2、14:00
佐倉商工会議所議員総会
場所; 商工会議所3階会議室

第46回通常議員総会にお招き頂きました。

佐倉市は、本年、市制施行60周年を迎えます。市では様々な記念事業を予定しております。市の記念事業の一つとして、「プレミアム商品券の発行事業」を商工会議所と連携して行います。

商工会議所に於いても、地域の活性化に向けた取り組みを行なって頂けるものと期待しています。

市内の活性化に向けて、商工会議所の益々の活躍を、願っております。


3、19:00
歴史民俗博物館・平川館長を送る会
場所; ホテルガーデンパレス、本郷

国立歴史民俗博物館の平川南館長が定年退職されることから、本日、平川南先生を送る会が盛大に開催されました。

歴史好きの私としては、平川先生の著作を興味深く拝見させて頂いておりました。

中でも、1994年に出版された「よみがえる古代文書」を読んだ時の感動を忘れられません。先生が歴史学研究の原点とおっしゃる多賀城発掘調査の成果をまとめられたものです。多賀城跡から出土した漆紙文書を赤外線カメラを使って解読していく手法と先生の簡潔な文章によって、推理小説を読み解くような面白さで一気に読み進めたものです。

また、日本の文字文化の形成が古代朝鮮との密接な交流によることを、紹介され、考古学、民俗学、文学、自然科学の成果を取り入れ、歴史学を総合的な学問として形成されておられます。

さらに、1200年も前の気仙地方が交易の一大拠点であつたことを「東北・海道の古代史」にまとめられました。この本の出版に当たっては、3・11の大災害によつて亡くなった陸前高田市の職員の熱意に応えようとする、先生の人柄も加わり、読者の胸を打つものでした。

同時に、被災地再生に当たり、歴史・文化が地域社会の基盤となることを、ご提示されましたことは、我々が、歴史を学ぶ意義を再認識するに至る示唆となりました。

先生からは、佐倉市については、「歴史・文化・自然」という観点を大事にすべきこと、又、佐倉市としては、農業振興と平和施策をしっかりやるべきだとのご提言を頂いておりましたが、このご指導を真摯に胸に刻み、今後共、推進してまいる所存です。

先生のご健勝と更なるご活躍並びに、国立歴史民俗博物館の益々のご発展を祈念致します。

平成26年3月27日(木) 東邦大学との連携・協力に関する基本協定締結 場所; 東邦大学大森キャンパス医学部本館

学校法人東邦大学 炭山嘉伸理事長と市長

佐倉市と学校法人東邦大学とは、平成3年、東邦大学医療センター佐倉病院を佐倉市が誘致したことを契機に、様々な協力関係を築き上げてまいりました。

そのような経緯を踏まえ、本日、佐倉市と東邦大学間で、「連携・協力に関する基本協定」を正式に締結致しました。

協定による連携・協力事項は以下の通りです。


1、医療・保健に関する事項
2、健康教育・生涯学習に関する事項
3、環境の保全に関する事項
4、地域防災整備に関する事項
5、その他佐倉市と東邦大学が必要と認める事項

このたび、本協定を締結したことにより、今後益々、多岐に亘る分野において、協働事業の推進が図られるものと、大いに期待しております。

平成26年3月26日(水) 保護司会佐倉市分会研修会 場所;「 アンシャンテ」石川

保護司会佐倉市分会自主研修会にお招き頂きました。

保護司の皆様には、罪を犯した人達の社会復帰を図る為の指導・援助の他、犯罪を未然に防止する為の啓発活動など、並々ならぬご尽力を賜り、心から感謝しています。

平成25年度の犯罪白書によると、刑法犯の認知件数、少年による刑法犯の検挙件数共に、平成16年度以降、減少が続いています。
これもひとえに、保護司の皆さんのご努力の賜物と深く感謝申し上げます。

青少年の非行、犯罪を未然に防ぐには、学校・家庭・地域住民と連携して対応していくことが重要で、保護司の皆様のご尽力が必要不可欠となっております。

行政としても、青少年の健全育成並びに明るい社会づくりに、保護司の皆様のご協力を頂きながら、努力してまいりたいと考えております。

平成26年3月23日(日) 元衆議院議員・実川幸夫氏叙勲祝賀会 場所; 成田ビューホテル

この度、元衆議院議員・実川幸夫氏が旭日重光賞を受賞されたことから、祝賀会が開催され、出席しました。

実川幸夫氏は、よど号がハイジャックされた際、身代わりとなった故山村新治郎代議士の秘書を長く務め、その後県議を経て、平成5年7月から平成21年8月まで、5期16年にわたり衆議院議員を務められました。

この間、運輸政務次官、法務副大臣、総務委員長等の要職を歴任されました。

同氏は、成田空港の発展及び周辺のインフラ整備や酒々井インターチェンジの設置促進そして東関東自動車道富里インターチェンジ周辺整備等地域住民の生活基盤の拡充に注力され、地元そして国政の発展に著しく貢献されました。

尚、平成24年6月には富里市の名誉市民として顕彰されています。

温厚、真摯にして、非常に面倒見の良い人で、私も尊敬させて頂いております。

平成26年3月22日(土)1、内郷地区社協福祉まつり 2、 NCさくら会表彰式

1、13:00

ボランティア参加の
佐倉中学の生徒さん達と

内郷地区社協福祉まつり
場所; ミレニアムセンター佐倉

恒例の内郷地区社会福祉協議会主催の福祉バザーがミレニアムセンター佐倉で盛大に開催されました。

年々、盛んになり、なによりです。
今年は、野菜の出来具合いが良く、売れ行きが良かったようです。

他の人達も頑張って頂いて、活気がありました。

今年も佐倉中の生徒がお手伝いしてくれていました。佐倉中の生徒さん、ありがとう。


2、14:00
NCさくら会・小中学校卒業生、作文コンクール表彰式
場所; 坂口電熱佐倉R&Dセンター講堂

受賞された小中学生の皆さん、おめでとうございます。

卒業という人生の節目だからこそ、書くことの出来る今回の作文、とても意義深いものだと感じました。ご両親や先生、そしてたくさんの方々への感謝の思いに溢れていました。

高度情報化社会の世の中で、情報端末や電子媒体を通して、たくさんの言葉が行き来していますが、原稿用紙に向かい、直接「書く」ことが、自分自身を見つめ直し、又、両親を始め、お世話になった人達に感謝の気持ちを伝え、自分の行動をより良いものに変えて行くことが出来る機会となっています。

生徒の皆さんには、歴史と文化の薫り高いこの佐倉の地で学び、日々の努力の積み重ねを大事にし、これからの社会を担う力を身につけるべく、更に前進して欲しいと思います。

今回で11回目を数える卒業生作文コンクールですが、小中学生に自己と向き合う貴重な機会を与えて下さっている、NCさくら会の皆様に心より御礼申し上げます。

平成26年3月20日(木) 1、聖隷佐倉市民病院10周年 2、東邦大学佐倉病院・田上前院長への佐倉市表彰 3、モンキー・パンチ様佐倉市表彰

1、13:00
聖隷佐倉市民病院10周年記念式典
場所; 聖隷佐倉市民病院6階ホール

聖隷佐倉市民病院が開院10周年を迎えると共に、外来棟及び透析・健診棟の第3期工事が竣工しました。
心からお祝い申し上げます。

聖隷佐倉市民病院は、国立佐倉病院の廃止に伴い、その後継の医療機関として、平成16年3月に開院しました。

開院以来、「隣人愛」の理念に基づき、患者に優しく、親切な医療を提供して頂いております。

又、入院患者数、外来患者数共に、年々増加する中で、病床の拡張を進め、その時々において、必要とされる事柄に迅速かつ丁寧に対応し、地域の中核的な医療機関として機能しています。

今後共、利用者の立場に立ち、高度かつ救急機能を持つ総合的な医療機関として、市民が安心して暮らす為の大きな拠り所となつていただくよう願っております。

2、16:00
東邦大学佐倉病院・田上前院長表彰
場所; 市長室

東邦大学医療センター佐倉病院の前院長、田上 恵先生がこの度、退職されることになりました。

田上先生は、茨城県鹿島市の小山総合病院の院長に転出されます。

田上先生は、佐倉市に於いて、医療の「一体化」を進めて頂き、佐倉病院と消防、警察、行政、企業との連携を強化して頂きました。

同時に、同病院のレベルアップを図り、市民からの強い信頼を得られるまでに、改善されました。

市民の安心・安全な生活の維持に大変なご尽力を頂きましたことに、深く感謝し、佐倉市表彰をさせて頂きました。

田上先生の今後、益々のご健康とご活躍を祈念致します。

3、17:00
モンキー・パンチ様佐倉市表彰
場所; 市役所3階応接室

モンキー・パンチ様には、このたび、佐倉市が市制60周年を記念し、交付する「ルパン三世」ご当地ナンバープレートの作成にあたり、多大なるご理解、ご協力を頂きました。

そして又、これまでにも大好評を博した「佐倉市カレンダー」の原画を制作頂くなど、佐倉市の知名度向上に大きく貢献され、市の活性化、観光振興にご尽力頂きました。

そのようなことから、本日、佐倉市表彰をさせて頂きました。

モンキー・パンチ様からは、引き続き佐倉市のお役に立てるようなことをしていきたいとのお話を頂き、大変心強く感じた次第です。

モンキー・パンチ様には、佐倉市を舞台に、「ルパン三世」のニューバージョンを書いて頂きたいと願っております。