月別アーカイブ: 2013年10月

平成25年10月31日(木) 「マルシェかしま」竣工式典 場所; ふるさと広場

ふるさと広場の真向かいに、「マルシェかしま」が竣工しました。

「マルシェかしま」は地元の野菜、米といった農産物の販売を行う他、地場農産物を使用した菓子、ケーキ等の製造販売のほか、各種イベントの会場提供を行うことを目的にしております。

佐倉市では、農業従事者が農産物生産のみに止どまらず、付加価値を付けることにより、農業所得向上と農業の活性化が図れるよう、6次産業化事業を推進しております。

農業従事者の方々が新商品の開発や販路拡大、加工販売の取組みを行なう場合、機械・施設の整備に対して支援を行なうものです。

「マルシェかしま」は佐倉市では第1号の6次産業認定事業です。
これを機に、多くの農業従事者が6次産業化に挑戦し、魅力ある農業の育成を目指して頑張って頂きたいと、願っています。

行政としても、佐倉市の農業の発展の為、誠心誠意、支援して参りたいと考えております。

平成25年10月30日(水) 災害対策要請 場所; 千葉県 県土整備部河川環境課

台風やゲリラ豪雨の際の急激な河川水位上昇を極力抑え、洪水被害を招かぬよう、印旛沼の早期放流を、改めて、県担当課(県土整備部河川環境課)に要請しました。

先方:小池県土整備部長
龍崎河川整備課長
松本副課長

当方: 蕨佐倉市長
小坂酒々井町長

印旛沼の水位は通常、利水の観点から、水資源開発機構が管理しています。従って、千葉県の指示が無いと、水資源機構としては、勝手に水位を下げられないという、組織上の問題が、現実として存在します。

一方で、作今の集中豪雨は、短時間に一気に大量の雨をもたらします。やはりなんと言っても、人命が第一でありますので、事前に大雨が予想される場合には、空振りを恐れることなく、早期に印旛沼の水位を下げておくような、臨機応変な対応をして頂くよう、重ねて要望致しました。

先方より、関係者の打合せを十分に図り、しっかり対応する旨の回答が有りました。

平成25年10月29日(火) 第8回 佐倉市子ども議会 場所; 市議会議場

「佐倉市子ども議会」は平成10年に「中学生議会」として開始されました。その後、平成18年から、小学生による議会も実施することとなり、同時に、名称を「こども議会」に変え、現在に至っております。

本日は、市内小学校23校の内、11校の
小学生が各校2名づつ、参加し、それぞれ佐倉市についてどのような思いを抱いているか述べてもらいました。

小学生の皆さんには、きょうの「こども議会」をきっかけに、今まで以上に、身近な地域や、社会の仕組みに関心を持ち、多くを学び、様々な場面で活躍する人間になって頂きたいと思っています。

本日の議会に向け、小学生へのご指導並びに引率を頂きました各小学校の先生方に御礼申し上げます。

平成25年10月29日(火) 佐倉幼稚園100周年記念式典 場所; 佐倉幼稚園

佐倉幼稚園の100周年記念式典が開催されました。
佐倉幼稚園は幼児教育の発展を進めながら、100年という長い歴史を重ねて、今日を迎えました。

この100年間、人々の生活や考え方も大きく変わりました。しかし、子供たちの笑顔やあどけなさは、いつの時代も変わりません。

これまでの100年同様、これからの100年も佐倉幼稚園が子供たちの笑顔で溢れ、子供たちが心身ともに、健やかに成長出来る幼稚園であることを願っています。

そして、本園の輝かしい歴史の中に、創意と先見性に富んだ幼児教育の新たな1ページが加えられることを期待しています。

平成25年10月27日(日) 「第25回むし歯予防大会」歯ッピーかみんぐフェア反省会 場所; ウィシュトン

本年も、歯ッピーかみんぐフェアが盛況のうちに無事終了することができました。
これも、印旛市郡歯科医師会佐倉地区の先生方を始め、東京歯科大学千葉病院、東邦大学佐倉病院、印旛保健所、並びに関係諸団体の皆様のご協力の賜物と心より感謝申し上げます。

歯と口腔の健康はしっかりと食べることだけでなく、生活習慣病や認知症の予防へとつながるなど、全身の健康を保持する為の重要な要素です。

佐倉市は、平成25年3月に施行した「歯と口腔の健康づくり推進条例」を始め、「健康さくら21」(第2次)に基づき、歯と口腔の健康づくりを推進して参ります。

健康のまちづくりの一環として、前向きに取り組んで参ります。

平成25年10月27日(日) ユーカリフェスタ2013 場所; 志津コミュニティセンター

ユーカリフェスタ2013が開催されました。今回で18回を数え、歴史を刻んで来ました。

地域のお祭りとして、賑わいの創出、地域商業の活性化に大きな役割りを果たして頂いております。

今年のユーカリフェスタは昨日までの生憎の天候で、残念ながら中止となった催し物があったようですが、毎年地域の人びとの楽しみになっています。。

ユーカリが丘商店街連合会のご努力に敬意を表します。

平成25年10月27日(日) 特別養護老人ホーム佐倉白翠園竣工式 場所; 佐倉白翠園

特別養護老人ホーム佐倉白翠園のユニット型50床が増築され、本日、竣工式が開催されました。

社会福祉法人誠友会におかれては、平成9年より、佐倉白翠園を開所し、その後、栄町に栄白翠園を開所して、佐倉市はもとより、印旛郡市における社会福祉事業に並々ならぬご尽力を頂いております。

本日、新設の建物、設備を拝見させて頂き、まさしく佐倉市の高齢者福祉の促進を担って頂くに相応しい施設と感じました。

佐倉白翠園が介護サービスの拠点として、さらに貢献くださいますよう、ご期待致します。

平成25年10月27日(日) 佐倉市秋季市民ソフトボール大会 場所; 長嶋茂雄記念岩名球場

創立30周年記念佐倉市秋季市民ソフトボール大会が、男女17チームの参加を得て盛大に開催されました。

これは、佐倉市ソフトボール協会が佐倉市体育協会に加盟してから30周年ということで、それ以前からの大会から数えると38回を迎えると伺いました。

このように、長く続いたことは、ひとえに役員、関係者そして選手の皆さんの熱意の賜物であり、深く敬意を表します。

ソフトボールが益々盛んになり、今後、オリンピック競技に復帰できることを、強く願っています。

そして又、去る7月12日に行なった長嶋茂雄氏市民栄誉賞表彰式でお誓いした通り、この球場を長嶋さんの名に恥じない球場にしていく為に、来年度から、一歩一歩着実に整備をしていきたいと考えております。

平成25年10月27日(日) 朝市出展者組合チャリティーバザー 場所; 京成佐倉駅南口

本日は、早朝6時半から朝市出展者組合の皆様による恒例のチャリティーバザーが開催されました。

朝市は毎週日曜日に開催されておりまして、日曜の朝の集いの場となつており、同組合の皆様には地域の賑わいを醸成して頂き、活性化を図って頂いております。

また、本日は、チャリティーバザーを開催して頂き、売上の一部を佐倉市社会福祉協議会にご寄付頂くことになっており、社会福祉にもご貢献頂いております。心から敬意を表します。

この朝市が益々、盛んになりますことを願っています。

平成25年10月26日(土) 佐倉皐月会 秋季展示会 場所; 臼井公民館集会室

第39回佐倉皐月展示会が開催されました。春はサツキの花の美しさを表す展示会ですか、秋はサツキの盆栽の中に自然の雄大さを示す展示会となっています。

サツキは本来、山奥の岩肌などに自生していたもので、旧歴の5月(皐月)の頃に一斉に咲き揃うことから、その名がついたと言われています。

サツキは、水やり、土変え、根の剪定、枝振りの矯正等きめ細かく面倒を見る必要が有り、根気のいる作業となることから、サツキの素晴らしい盆栽をお持ちのかたは、それだけて人柄がしのばれます。

園芸も一つの芸術であり、魅力ある佐倉のまちづくりに資するものであることから、サツキ展示会が益々、盛んになることを期待しております。