月別アーカイブ: 2013年4月

平成25年4月30日(火) 塚本刀剣美術館見学 場所; 佐倉市裏新町1-4

先般、相川富里市長から岩崎家別邸をご案内頂いたお返しに、本日は、佐倉市にある、県下唯一の刀剣美術館である塚本刀剣美術館にご案内しました。

塚本美術館は、元陸軍将校で、戦後は実業家として活躍された塚本素山(そざん)氏の刀剣コレクションを展示する財団法人美術館です。塚本総業の塚本社長(2代目)の特別なお計らいで、貴重な刀剣の数々を拝見させて頂きました。
塚本美術館の2階に展示室が有り、鎌倉時代から江戸末期に至る名刀が展示されています。

当美術館が保有している刀剣は400本、美術館の隣りにある木造の倉庫にそのほとんどが収蔵されています。

日本刀は刀身そのものが素晴らしい芸術作品ですが、刀身のみならず、柄(つか)、柄巻、柄と柄巻の間に入る目貫(めぬき)、鍔(つば)、鍔を固定する切羽(せっぱ)、鞘(さや)等の付属品が有ります。そして、そのそれぞれについて、職人が別れていて、一本の刀を作るのに、7〜8人の職人が関わって完成させている、日本ならではの芸術作品なのだ、ということを、当館、学芸員の三角さんに説明して頂き、本日、改めて認識させられました。

尚、鍔迫り合い(つばぜりあい)とか切羽詰まる(せっぱつまる)と言った言葉はこの日本刀の部品が語源となっています。

平成25年4月29日(月・祝) 佐倉ジ ュニア合唱団第3回定期演奏会 場所; 市民 音楽ホール

佐倉ジュニア合唱団は、平成14年に、根郷少年少女合唱教室を母体として設立され、今年で創立10周年を迎えられました。

これまで、市内においては「合唱のつどい」「合唱フェスティバル」やミュージアム・コンサートへの出演等の活動を続け、県内外においてもコンテストで金賞を受賞するなど、輝かしい成績を収めています。

又、ハンガリー・プロムジカ女性合唱団との交流演奏会、ハンガリー演奏旅行、現地小学校との交流等、歌声を通しての国際交流を進めています。因みにハンガリーは合唱が大変盛んな国で優秀な合唱団や指導者を多く輩出しております。

こうした交流を通して、本場ヨーロッパの合唱の種を、佐倉市に蒔いて頂いて、将来大輪の花を美しく咲かせて頂ければと、思っています。

本日は、最後に佐倉ジュニア合唱団、佐倉小学校、根郷小学校、バイオリニスト安久津さん、ピアニスト山本さんとの合同演奏が行なわれましたが、素晴らしいものでした。圧巻でした。

本日の演奏会の開催にあたり、大変なご尽力を頂いた戸谷(とや)先生はじめ、関係者の皆様、保護者の皆様に深く感謝し、このような音楽活動が佐倉市に於いて、益々盛んになりますよう祈念します。市と致しましても、こうした文化活動には長期的、継続的に支援してまいりたいと考えています。

平成25年4月29日(月・祝) 日本ボーイスカウト千葉県連盟印旛地区年次総会 場所; 四 街道市文化センター

印旛地区ボーイスカウト連盟は佐倉市、成田市、四街道市、八街市、富里市、酒々井町、栄町で構成されています。式典の部で、地区を代表してご挨拶をしました。

今の青少年に求められているのは、「命を大切にする心」「仲間を思いやる心」「自然を愛する心」「くじけない心」だと思います。

又、大地震の発生が危惧される中で、発生した際には、助けが来るまでは、自分で生き抜く「たくましさ」も求められます。

「そなえよつねに」をモットーとするボーイスカウトの活動は生きる力や豊かな心を育むのに最も適しています。

ボーイスカウトの益々の発展と、今夏に山口県で開催される第16回日本ジャンボリーの成功を祈念しております。

平成25年4月29日(月・祝) 第30 回緑のまつり 場所; ユーカリが丘

本年は、みどりのまつりが30回を迎えるということで、関係者のご尽力に、心より敬意を表します。

みどりのまつりは、地域の賑わいや活性化に寄与するだけでなく、花と緑に触れ合いながら、地域の連携を深めると共に緑の大切さを再認識する貴重な機会です。

市では、畔田の西部自然公園、佐倉の城址公園、飯野の市民の森、野鳥の森、草ぶえの丘等の里山の保全整備を進めておりますが、人々に、より多くの安らぎや癒しを与えられるよう努力してまいります。

平成25年4月28日(日) 中志津自治会総会 場所; 下志津小学校体育館

中志津自治会の定期総会に、お招き頂きました。

中志津自治会は会員数7900人という大所帯ですが、自治会として登記し、統率の取れた自治会活動をされておられます。

また、1区から7区まで、全ての 区域で自主防災組織が設立されており、昨年2月には「志津が原まちづくり協議会」が設立され、大災害に備えた自助、共助の観点からの取り組みについて、先進的に活動頂いています。

さらに、毎年恒例の夏祭りや運動会の開催をはじめ、町内美化活動や防犯パトロールなど各種事業が盛んです。
佐倉市最大の自治会として、更なる充実と飛躍を期待しております。

平成25年4月28日(日)佐倉市春季市民ソフトボール大会 場所; 岩名野球場

本日は、記念すべき「第30回 佐倉市春季市民ソフトボール大会」が、男女合わせて17チームの参加を得て、盛大に開催され、私は開会式に出席しました。

男性も女性も皆さん、とても技術的レベルが高いことから、絶好のお天気にも恵まれ、熱戦が期待されます。

日頃の練習の成果をいかんなく発揮され、思い出に残る大会にして頂きますと同時に、ソフトボールを通した仲間づくりや健康づくりの素晴らしさを、多くの皆様に伝えて頂きたいと、思っています。

ソフトボール協会役員や関係者の皆様のご尽力に深く敬意を表します。

平成25年4月26日(金) ベイFM 放送局災害協力協定締結式 場所;幕張 ベイFM

本日、(株)ベイエフエム の事務所に於いて、「災害時における放送協力に関する協定書」を締結しました。

佐倉市内において災害が発生した場合または発生が予想される場合の災害に関する予報もしくは警報、通知等の情報を発信していただく為に協力協定を締結したもの。

実際に震災が発生した場合、被害状況、ライフラインの復旧状況、市が立ち上げる臨時災害FM放送局の周波数の周知、福祉避難所を含めた避難所の対応状況等を速やかに市民の皆様に発信出来ることになります。

これを機に、ベイエフエムとのつながりをより強め、災害対策のみならず、佐倉市の魅力を市内外に発信してまいりたいと考えています。

平成25年4月26日(金) ちば消防共同指令センター開設披露式典 場所; 千葉市消防局1 階講堂

千葉消防共同指令センターは千葉県北東部・南部の20消防本部が集約化され 、本年4月1日から、運用が開始されています。

本日は、森田知事はじめ各首長、各消防長、各消防団長等の関係者が出席し、開設披露式典が千葉市消防局で開催されました。

このことにより、119番通報の受信や消防指令業務が一元化され、大規模・広域災害等の発生時において、迅速・的確な対応が可能となりました。

因みに、ちば消防共同指令センターは我が国最大規模の指令センターとのことでした。今後の活躍が期待されます。

平成25年4月25日(木) オランダ王国女王陛下生誕記念レセプション 場所; オランダ王国大使 公邸

オランダ王国ラーディンク・ファン・フォレンホーベン大使

Queen’s day (女王の日) は4月30日。
この日は現女王ベアトリクス女王の即位日で、先代ユリアナ女王の誕生日でもあります。現女王の誕生日1月31日とは関係のない日付ではありますが、この日に現女王の誕生も祝われるとのことです。この日には、オランダ全土でオレンジ色( オランダ王家の色 )の飾りが掲げられ、さまざまなパレードや音楽祭が催される由。

本日は、一足先にオランダ大使公邸で お祝いの会が催され、お招き頂きました。

オランダ大使公邸庭園に於いて、オランダの関係者約200名の立食パーティーが催されて、お祝いすると共に、関係者間で親交を深めることが出来ました。本年、新たに着任したラーディンク・ファン・フォレンホーベン大使は、近い内に佐倉市を訪問したいとのことでした。さすが、大使は蘭医学発祥の地・佐倉を良くご存知でした。同氏の佐倉訪問が楽しみです。

オランダ大使公邸庭園でのレセプションの写真はこちら

尚、ベアトリクス女王は本年、75歳になられ、オランダ王制も200周年を迎えることから、これを機に本年4月30日に、退位され新たに、ウィレム・アレクサンダー皇太子が即位されます。

平成25年4月25日(木) 佐倉市手をつなぐ育成会総会 場所; 南部地域福祉センター

佐倉市手をつなぐ育成会の第45回総会が開催されました。

同回は、昭和43年に「佐倉市手をつなぐ親の会」として発足以来、45年に亘り障害への理解を促す為の啓発活動を進めてこられました。皆様のご努力に深く敬意を表します。

さて、本年7月に重症心身障害児者の為の通所施設「重心通所さくら」が佐倉市山崎にオープンします。この施設は佐倉市手をつなぐ育成会の会員の矢部さんをはじめ、さくらクローバーの会、生活クラブ風の村、佐倉市、関係団体が約2年の検討期間を経て、開設の運びとなりました。
重い障害を重複している方々が、住み慣れた地域で、その人らしく暮らすことが出来るようになります。

今後共、佐倉市では障害者に優しいまちづくりを推進してまいりたいと考えています。