内外情勢調査会」カテゴリーアーカイブ

平成30年9月11日(火) 1、内外情勢調査会 2、並木秀俊・截金(きりがね)作品展

1、内外情勢調査会
場所; ホテルニューオータニ東京

駐日中国大使・程 永華氏の講演をお聞きしました。概要は以下の通りです。

「本年5月の李克強首相の来日からしても、日中の関係は改善されつつある。同来日時、日中の第三国での経済協力の在り方を議論する官民フォーラム設置で合意したので、今後もアジアで協力したい。

習近平主席が提唱し、5年目を迎えたシルクロード経済圏「一帯一路」について、日中協力の新しいプラットフォームとして日本の協力を期待する。

日本で警戒感の有る「一帯一路」は共に協議、建設し、成果を分かち合うことが原則である。

エスカレートする米中貿易戦争については、中国に進出した米企業の輸出が増大したという側面も有り、貿易不均衡の責任は米国に有り、この問題は米国の構造的問題に起因している。」


2、並木秀俊・截金(きりがね)作品展

代表作 金孔雀

場所; そごう千葉店7階美術画廊

佐倉市出身(根郷小学校、佐倉中学校出身、東京芸術大学卒)の日本画家の並木秀俊さん(39歳)の截金作品展にお招き頂きました。

金箔を細く切り出して文様を描く截金技法を用いた作品25点が展示されています。

代表作「金孔雀」は桐の板に孔雀を描いた大作で、本体は日本画の伝統的な群青色で彩色し、羽は截金の技法で表現しています。

他にも、草花や風景、文様をモチーフとした繊細かつ華やかな装飾が魅力を放っています。

截金作品の並木秀俊さん、陶芸の和田的さん(40歳)は、ご両人とも佐倉市出身で、若くして一流の芸術家になられています。

明治初期、金工作品を職人芸から芸術に昇華させた佐倉出身の香取秀真、津田信夫そして西洋絵画を一流に高めた浅井忠を輩出した佐倉ですが、そのDNAが脈々と残っており、素晴らしい芸術家や音楽家が育っております。

佐倉市としても、これらの方々を大事にして参りたいと考えております。

平成30年7月12日(木) 1、アビロン絵画展 2、内外情勢調査会 3、成田山書道美術館

1、アビロン絵画展
場所; 臼井公民館

佐倉出身の浅井忠とゆかりのある、太平洋美術会の会員で、佐倉市にお住まいの方々の絵画の会・アビロン絵画展にお招き頂きました。

どれも、精力的な絵で、感服致しました。

皆さんの末永いご活躍を期待致します。


2、内外情勢調査会
場所; ホテル日航成田


3、成田山書道美術館名品選
場所; 成田山書道美術館

成田山書道美術館より、「明治150年の書道」展にお招き頂きました。

成田山新勝寺が建設した、この書道美術館も開館25周年を迎えることから、その記念展ともなっている。

現在、約6000点に及ぶ収蔵作品を本年一杯、3期に分けて展示するとのこと。

書家の作品だけでなく、政治家や文化人、学者、その他能書として知られた人々を網羅しており、圧巻です。

中でも、私としては、以下の作品に大変な感銘を受けました。

勝海舟「易経一節」、副島蒼海(種臣)「観方孝孺詩」、大久保甲東(利通)「漢詩幅」、中村不折「墨龍図題詩」、尾崎紅葉「重義如泰山」、正岡子規「五月雨五句」、夏目漱石「菅虎雄宛書簡」

2期目、3期目の展示も、大変楽しみです。

平成30年3月6日(火) 内外情勢調査会 場所; ホテル日航成田

本日は、「大揺れのトランプ政権と世界ーどう動く北朝鮮情勢」と題して、時事総合研究員、明石和康氏の講演がありました。

ポイントは以下の通り。


1、2年目も混乱必死のトランプ政治

本年1月のトランプ支持率は37%と長期低空飛行。大方の世論は呆れているが、共和党内の支持率は高く、低所得白人層には大いに受けている。


2、軍事優先、歳出増路線の行く末は?

中露を「現状変更を目指す勢力」として敵視。NPRでは、使える核兵器「低出力戦術核兵器」の開発を打ち出した。2019年度の国防予算は前年比13%増の6860億ドル。財政赤字拡大の様相。


3、命運左右する11月の中間選挙

11月6日の中間選挙は天下分け目の戦い。


4、北朝鮮「微笑外交」の次は対話か、再び挑発か

北朝鮮の金正恩体制は核実験成功を「歴史的大業」と形容している。
米国は本土を守るミサイル防衛が数の上で劣勢で危機感を強めている。


5、米中露の覇権争い

習近平国家主席は「社会主義強国」を目指し、国家主席の任期制限撤廃。習主席の対外戦略は、いずれトランプ政権との正面衝突に向かう恐れ十分。(一方、金正恩とは必ずしも、うまく行っていない)

露のプーチン大統領は「大国ロシア」の復活に向けて野心満々。


6、ロシア疑惑追及はトランプ政権のアキレス腱

トランプ大統領はプーチン大統領と親しいティラーソン氏を国務長官に起用し、好転を図ったが、選挙戦中のトランプ陣営と露の共謀疑惑が浮上。

コミーFBI 長官解任はトランプ大統領の命取りになる危険有り。モラー特別検察官の捜査は大詰めに来ており、「共謀」と「司法妨害」でトランプ氏に迫りつつある。

平成29年11月12日(日)1、第42 回長嶋茂雄旗争奪少年野球大会 2、千代田ふれあい祭り 3 、第3回草ぶえの丘太鼓まつり 4、第16回中 志津福祉まつり 5、岩渕薬品ロコモティブシンドローム予 防イベント 6、第25回ユーカリが丘福祉まつり 7 、専門家ネットワークセミナー 8、坂戸念仏踊り

1、長嶋茂雄旗争奪少年野球大会
場所; 長嶋茂雄記念岩名球場


2、千代田ふれあい祭り
場所; 臼井南中学校グラウンド


3、第3回草ぶえの丘太鼓まつり
場所; 草ぶえの丘


4、第16回中志津福祉まつり&秋祭り
場所; 中志津ふれあい公園


5、岩渕薬品ロコモティブシンドローム予防イベント
場所; ウィシュトン


6、第25回ユーカリが丘福祉まつり
場所; 志津コミュニティセンター


7、専門家ネットワークセミナー
場所; ミレニアムセンター佐倉


8、坂戸念仏踊り
場所; 坂戸西福寺

平成29年9月14日(木) 1、臼井地区社協敬老会 2、内外情勢調査会

1、臼井地区敬老会
場合; 音楽ホール


2、内外情勢調査会
場所; ホテル日航成田

駒澤大学経済学部井上智洋准教授の講演を聞きました。

同氏の専門はマクロ経済学ですが、最近は、人工知能が経済に与える影響について、論じることが多いとのこと。

本日は、「人工知能と経済〜未来はどうなる」と題した講演でした。

人工知能とはそもそもどのような技術であるのかを説明して頂いた上で、2030年までの間にどの程度の人工知能が出現するのかという予測を示されました。

人工知能の発達により、どのような仕事が残るのか、経済成長はどのような影響を被るのか、2030年以前と以降に分けて解説頂きました。

大変参考になる講演でした。