平和祈念式典」カテゴリーアーカイブ

平成30年8月15日(水) 佐倉市平和式典 場所; 市役所庁舎2階

先の大戦が終わりを告げてから、73年の歳月が過ぎようとしております。

終戦記念のこの日、戦禍に潰えた数多の尊い命、先人たちの筆舌に尽くしがたい困難と深い悲しみに思いを馳せ、戦争の惨禍を二度と繰り返してはならないと決意を新たに致します。

佐倉市は被爆地への「佐倉平和使節団」派遣など、様々な平和事業を推進しております。

一方、平和に対する脅威として、核兵器の存在が有ります。

佐倉市が加盟している平和首長会議においては、2020年までに核兵器を廃絶しようとする行動目標を定めております。

佐倉市は平和首長会議を始め、広島市や長崎市とも連携を図りながら、世界恒久平和の実現と核兵器の廃絶に向けて、思いを一つにする自治体連携の輪の中で、平和への取り組みを、今後とも推進して参ります。

平成29年8月15日(火) 佐倉市平和式典 場所; 本庁舎2階

終戦記念のこの日、戦禍に潰えた数多の尊い命や、先人達のご労苦に思いを馳せる時、私達は日本の平和と繁栄を、未来永劫引き継いでいかねばならないという責務を強く感じます。

本年5月元佐倉市原爆被爆者の会代表で被爆者でもあった、故山本昌司様から、平和使節団事業の為に約1億913万円ものご寄付をいただきました。これは、山本様から二度と核兵器を使ってはならない、戦争を繰り返してはならないという強いご遺志を私達に託されたものであります。

又、昨年度は、第6回平和首長会議国内加盟都市会議総会を、首都圏で初めて、ここ佐倉市で開催致しました。核兵器廃絶や恒久平和実現の取り組みが、被爆地だけでなく全国的に地道に繰り広げられていることを広く発信出来ました。

今後とも佐倉市は、 平和首長会議をはじめ、長崎市や広島市とも連携を図りながら、世界恒久平和の実現と核兵器廃絶に向けた取り組みを推進してまいります。

平成29年8月9日(水) 1、長崎市平和祈念式典 2、第7回平和首長国内加盟都市会議 3 、佐倉市平和使節団・勉強会

1、長崎市平和祈念式典
場所; 長崎市平和公園


2、第7回平和首長国内加盟都市会議
場所; 長崎大学

左から 蕨佐倉市長、田上長崎市長、菅谷松本市長、國島高山市長

壇上左、松井広島市長( 平和首長会議会長 ) 壇上右、田上長崎市長( 副会長 )


3、佐倉市平和使節団・勉強会
場所; 長崎にっしょうかん

佐倉平和使節団12名( 佐倉市内中学生 )の勉強会を視察しました。