スポーツ」カテゴリーアーカイブ

平成30年9月1日(土) 1、イースタンリーグ 千葉ロッテマリーンズ対読売ジャイアンツ 2、東京大学農学部農家実習閉校式

1、イースタンリーグ公式戦
千葉ロッテマリーンズvs読売ジャイアンツ
場所; 長嶋茂雄記念岩名球場

佐倉市は本年1月に締結した、千葉ロッテマリーンズとの「ALL for CHIBA フレンドシップ協定」に基づき、6月17日にZOZOマリンスタジアムに於いて、読売ジャイアンツとの一軍交流戦を佐倉市デー」として開催して頂きました。

当日は、千葉ロッテマリーンズの選手の皆さんに佐倉市名ロゴ入りのユニフォームを着用して頂きました。

本日のイースタンリーグ、ロッテマリーンズ対読売ジャイアンツ戦においても、同じロゴ入りのユニフォームを着て、試合に臨んで頂きました。

佐倉市の少年野球チームの皆さん500名も招待致しました。

佐倉市と致しましては、今後もプロ野球公式戦の誘致をはじめ、長嶋茂雄読売巨人軍終身名誉監督の少年野球教室等の開催により、野球を通じて、佐倉市を盛り上げて参りたいと考えております。


2、東京大学農学部農家実習閉講式
場所; リッチタイム

本日、3泊4日の農家実習を終了し閉講式を行いました。
学生の皆さんは、日々の農作業を始め、集出荷の手伝い、家畜の世話や農業機械の運転など、農業体験を通して、大学では学ぶことの出来ない貴重な経験が出来たことと思います。

受け入れ農家の皆様には、農繁期の大変お忙しい時期にも関わらず、学生の皆さんを受け入れ、我が子同然にお世話をして頂いたことは、学生の皆さんの一生の思い出となるものと思っております。

学生の皆さんには、実習を受け入れて下さった農家の皆さんのことや、「佐倉の豊かな自然」は農家の方々が、食料を供給する役割だけでなく、その生産活動を通して、国土の保全、水源の涵養、生物多様性の保全、良好な景観の形成など、様々な役割を担って下さっており、その効果は地域住民を始め国民全体が享受していることを、心に留め置いて頂けると、嬉しく思います。

この農家実習を通して習得した知識・技術・経験をフルに活かし、日本の農業・農村づくりを先導し、地域農業を支える人材に成長して頂くことを切に願っております。

平成30年8月31日(金) ラジオ体操夏休み最終日 場所; 西志津多目的広場

西志津多目的広場で開催されているラジオ体操にお招き頂きました。

地域のボランティアの皆さんによる清掃が行き届いた素晴らしい広場で、多くの方々が集い、長年にわたりラジオ体操が続けられています。

ラジオ体操会の皆様の並々ならぬご努力に心から感謝を申し上げます。

このラジオ体操を通して、健康の維持と地域の絆が益々深まることを願っております。

平成30年8月26日(日) 剣道錬成大会 場所; 市立体育館

佐倉市近隣の剣士の皆さん多数が参集し、平成30年度剣道錬成大会が盛大に開催されました。

選手の皆さんに於れては、日頃より厳しい鍛錬を積まれ、本日の大会に臨んでおりました。

本年は、3年に1度の世界剣道選手権大会が韓国で開催されます。今回の世界剣道選手権大会でも、日本の活躍が大いに期待されます。

本日出場された選手の皆さんからも、近い将来国際大会の舞台で日の丸を背負う選手が誕生することを期待しております。

平成30年8月25日(土) 1、佐倉近隣柔道大会 2、志津祭り 3、表町夏祭り

1、佐倉市近隣柔道大会
場所; 市立体育館

千葉県中の柔道選手が集い、佐倉市近隣中学校柔道大会が盛大に開催されました。

選手の皆さんに於れては、日頃の稽古の成果を十分に発揮して頂き、思い出に残る大会にして頂きたいと思います。

前回のリオ・オリンピックでは、日本の柔道代表が史上最多のメダルを獲得し、大活躍をしました。

本日出場される皆さんの中からも、将来オリンピックで活躍される選手が出てくることを大いに楽しみにしています。


2、志津祭り
場所; 志津駅南口


3、表町夏祭り
場所; 町田街区公園

平成30年8月22日(水) 1、聖火リレー要望書提出 2、中小企業家同友会納涼会

1、聖火リレー要望書提出
場所; 千葉県庁

佐倉市、成田市、印西市の3市は、2020年の東京オリンピック、パラリンピック開催時の米国のホストタウンとして登録済みで、千葉県や順天堂大学とも連携を図り、陸上競技の事前キャンプを受け入れる準備をしています。

その中で、是非とも聖火リレーのコースとして、3市を通過するルートの作成をして頂くべく、本日千葉県に対し要望しました。

3市ともオール千葉の一員として一丸となり、東京2020オリンピック・ パラリンピックを盛り上げて参りたいと思っています。


2、千葉県中小企業家同友会・さくら支部 異業種交流納涼会
場所; ウィシュトン

同支部の皆さんに於れては、設立以来、経営者の研鑽、交流に加え、地域活性化に関する様々な事業に積極的に取り組まれており、心から敬意を表します。

また、本年5月に開催した佐倉市産業まつりにご参加頂き、イベントを大いに盛り上げて頂きました。

地域の活性化は、地元企業の活性化無しに成し遂げられるものではありません。

今後とも、皆様と連携を図りながらより良いまちづくりに邁進してゆく所存です。

平成30年8月19日(日) 1、佐倉市秋季少年野球大会 2、佐倉市・船橋市親善囲碁大会

1、佐倉市秋季少年野球大会
場所; 井野中グラウンド


2、佐倉市・船橋市親善囲碁大会
場所; 佐倉中央公民館

本日は、第1回佐倉市・船橋市親善囲碁大会が112名の選手の皆さんの参加を得て、佐倉市中央公民館に於いて、盛大に開催されました。

囲碁の歴史は古く、日本伝来は7世紀頃と言われ、貴族を中心に広く遊ばれていたとされています。その後、武士の間でも広がり、江戸時代になると幕府から支給される家禄を受ける家元制度が出来上がり、囲碁の技術が飛躍的に進歩し、碁会所が生まれるなど、庶民の娯楽としても定着してきた歴史があるようです。

佐倉市と船橋市の市民が、囲碁を通じて交流されることは、素晴らしいことで、末永く交流を続けて頂きたいと思います。

平成30年8月5日(日) 1、秋季佐倉市民野球大会抽選会 2、畑の学校 3、佐倉西部地区町内会長協議会 4、臼井四町会盆踊り大会 5、井野西区夏祭り 6、佐倉西部地区町内会長協議会懇親会

1、秋季佐倉市民野球大会抽選会
場所; 社会福祉センター

春季市民野球大会で優勝、準優勝、3位に入られたチームの表彰式を行いました。

今年度の市民野球大会は、71チームがエントリーされ、白熱した素晴らしい試合が繰り広げられたと伺いました。皆さんが野球を通じて、他のチームとの交流を図り、親睦を深めて頂きたいと願っております。


2、畑の学校
場所; 川村記念美術館第三駐車場脇の畑

佐倉市青少年育成住民会議が主催する「畑の学校」を視察させて頂きました。

現代では、自然に触れ合う機会が減っており、自然体験は子供達にとって、貴重な経験になると思います。

日頃食べている野菜を自分達の手で育て
ることで、野菜への興味や食に対する興味や愛着を持ったり、様々なことを感じ取って頂きたいと思っています。


3、佐倉西部地区町内協議会懇談会
場所; 佐倉中央公民館


4、臼井四町会盆踊り大会
場所; 臼井小学校


5、井野西区夏祭り
場所; 井野西区大野公園


6、佐倉西部地区町内会長協議会懇親会
場所; シルク

平成30年7月30日(月) 1、献血推進協議会 2、世界女子ソフトボール選手権大会オランダ代表歓迎レセプション

1、献血推進協議会
場所; 第3委員会室

病気や怪我の治療のために、日本国内では毎日3.000人もの患者が輸血を受けております。

また、輸血に必要な血液製剤は、人工的には作れない上に、長期間の保存が出来ないという特徴があります。

従って、継続的な献血が、是非とも必要となってくる訳です。

佐倉市の献血者数は微増ながら増えております。引き続き、多くの市民の皆様のご協力をお願いしたいと思います。


2、世界女子ソフトボール選手権大会オランダ代表歓迎レセプション
場所; ウィシュトン

本日、オランダの選手団27名が愛知県での第1次合宿を行った後、来佐し、ウィシュトンホテルにて、歓迎レセプションを開催しました。

平成30年7月29日(日) 1、竹芸 米中英夫作品展 2、ユーカリ祭り 3、中志津夏祭り 4、西志津夏祭り 5、八幡台自治会盆踊り 6、佐倉杯争奪少年野球大会交流会

1、竹芸 米中英夫作品展
場所;ギャラリーリーベ


2、ユーカリ祭り
場所; ユーカリが丘南公園


3、中志津夏祭り
場所; 中志津中央公園


4、西志津夏祭り
場所; 西志津多目的広場


5、八幡台自治会盆踊り
場所; 八幡台自治会館前公園


6、佐倉杯争奪少年野球大会交流会

長島茂雄記念岩名球場での開会式
(台風により大阪チームと主催チームのみ)

場所; 湯ぱらだいす佐倉

平成30年7月24日(火) 1、茨城県ひたちなか市との広域避難協定締結式 2、農家視察 3、ボツワナ・ソフトボールチーム歓迎レセプション

1、茨城県ひたちなか市との広域避難協定締結式
場所; 千葉県印旛地域振興事務所

平成23年3月に発生した福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、茨城県が「原子力災害に備えた茨城県広域避難計画」を策定しました。

その中で、原子力発電所と極めて近距離に有る、ひたちなか市民の避難先について、千葉県を介して、印旛地域7市2町プラス神崎町に対し、原子力災害発生時の避難につき、受け入れの要請が有り、この度協定締結に至ったもの。


2、農家視察
場所; 石渡正日宏氏宅、岩富

本日は、弥富地区で大規模稲作経営を展開している石渡正日宏氏宅にお伺いしました。

石渡さんは、地域の担い手で、多くの農地(約25ha)を耕作しております。

その為、省力化や効率化を図る観点から、大型の農業機械や設備も導入されております。
そして、その設備状況や整理整頓状況は眼を見張るものがあり、さながら一企業経営をされている感が有りました。

今年からは、稲の病害虫防除の為、ドローンを活用した航空防除を実施しているとのこと。

全国的に農家の高齢化、後継者不足が進む中、このような地域の担い手となる農業者が
思い切った機械化と共に、ご活躍されていることを大変心強く感じました。


3、アフリカ・ボツワナチーム歓迎レセプション
場所; 岩名陸上競技場

本日は、第16回世界女子ソフトボール選手権大会にアフリカ第1代表として、参加するボツワナ共和国代表選手団の歓迎レセプションを行いました。

ボツワナには、佐倉市出身の中村藍子さんが、JAICA青年海外協力隊として、2年半前にソフトボールの指導を行う為、赴任しておりましたが、本日、凱旋帰国しました。
中村さんのご努力に心から敬意を表しますとともに、ボツワナ ソフトボールチームのご健闘を祈念致します。