医療・健康」カテゴリーアーカイブ

平成30年4月24日(火) 1、郵便局との協定締結式 2、聖隷佐倉市民病院第4期増築起工式 3、吉見藤棚視察

1、郵便局との協定締結式
場所; 応接室

本日、郵便局の「見守りサービス」をふるさと納税の返礼品とすることに関する協定を締結いたしました。

これまでも、不法投棄や道路の損傷などに係る情報連携体制の構築を行って頂いております。

今後とも、郵便局との連携を深め、地域課題解決の一助として参りたいと考えております。


2、聖隷佐倉市民病院第4期増築起工式
場所; 聖隷佐倉市民病院

聖隷佐倉市民病院の第4期工事起工式にお招き頂きました。

今回の工事は、新病棟、手術棟の増築をされると伺いました。
当病では、入院患者、外来患者とも、年々増加傾向にある中で、より一層地域医療の充実に繋がるものと期待しております。

今後とも、地域医療の向上にご貢献頂きたいと願っております。


3、吉見藤棚(市保存樹)視察
場所; 栗原邸

本日は、佐倉市吉見の農業、栗原隆さん宅の藤棚を拝見させて頂きました。樹齢70年を越える立派な枝ぶりが、丁度満開の時期を迎えておりました。

藤は日本固有種だそうで、本州、四国、九州に分布するマメ科の落葉木本(もくほん)です。木本とは、根の露出部が年々発達した多年生植物で、枯死しなくなることから、(不死=フジ)と呼ばれるようになったということです。

栗原さん宅の藤は、市の名木・古木に選定しており、日頃からその管理にお骨折り頂いております。

栗原さん宅の近くに有る光の子保育園の子供達も見に来ているとのことでした。

平成30年3月24日(土) 佐倉東部地区連合会懇談会 2、東邦大学医療センター佐倉病院公開講座

1、佐倉東部地区連合会懇談会
場所; 中央公民館

本日は、佐倉東部地区連合会からの要望により、平成30年度当初予算の概要と現状の市の財政内容について、お話させて頂きました。
私の40分程度の説明の後、皆さんとの質疑応答を通して、自治会長さん達の献身的なご活動のいったんにも触れることが出来、非常に有意義な懇談会となりました。


2、東邦大学医療センター佐倉病院公開講座
場所; 東邦大学医療センター佐倉病院7/F

東邦大学佐倉病院のご協力を頂き、「歩行障害」をテーマとした市民公開講座を開催して頂きました。
非常に関心の高いテーマで佐倉病院7階の大会議室がいっぱいになりました。

病気や加齢により「歩く」ことに支障が出てまいりますと、ご本人にとっても介助者にとっても大変な負担となります。
当病院では、榊原先生を始め、多くのスタッフの皆様が、チーム医療という形で、トータル的な歩行ケアを提供する体制を整えて頂いております。
そう言った意味で、本日の公開講座は市民のみなさまにとって参考になったものと考えております。

この公開講座を契機として、当院の実施しているトータルの治療とケアをご理解頂くと共に、お気軽にご質問頂くことで日頃の疑問点を解消し、より一層安心して受診並びに治療に臨めるきっかけとなればと考えております。

市行政としては、歩行障害の予防の為に「骨粗しょう症検診」や「高齢者のはつらつ測定会」などで骨や筋力などを測定する機会を設け、症状の進行を防止する運動や、栄養改善の講座を開催することで、市民の皆様の健康づくりと介護の予防に取り組んでまいります。

平成30年3月10日(土) 1、佐倉城400年クロージング行事「武家の弓術・刀術演武会」 2、西志津河津桜まつり 3、救命と安全の連鎖研究会

1、佐倉城400年クロージング行事「武家の弓術・刀術演武会)
場所; 佐倉城本丸跡

佐倉・城下町400年記念事業のクロージングイベントの一環として、武家の弓術・刀術演武会を挙行致しました。


⑴ 武術・立身流について
立身流は、居合、剣術、柔、鎗、長刀、棒、半棒、四寸鉄刀(しゅりけん)、捕縄等の総合武術で、佐倉藩外不出の武術として厳しく継承されてきました。

立身流は、戦国時代伊予国、立身三京が創始し、江戸時代堀田家の武芸として採用されました。

明治に入り、門下の逸見宗助が警視庁剣術世話係に就き、活躍した結果、警視流の居合、剣術、柔術には立身流が取り入れられています。

現在、22代加藤綋宗家のもと、流儀が継承され、昭和53年に千葉県無形文化財に指定されています。


⑵ 弓馬術礼法小笠原流「百々手式(ももてしき)」について

小笠原流は、初代小笠原長清が鎌倉幕府の将軍・源頼朝の師範となり、江戸時代にも徳川幕府の師範として、流鏑馬や大的式、百々手式、草鹿式を行ってきました。。

因みに、剣術や茶道に於ける、歩の進め方は小笠原流によるものです。

維新後は、皇居にて勤番を務めています。現在は、小笠原清忠宗家のもと初代より800年を超える伝統を継承しています。

「百々手式」弓術は通常の弓道とは異なり、前の射手より順次雨垂れ拍子に射放つもので、前の射手の矢が的に到着する音を聞いてから、次の射手が射放つ式法で、まさしく矢継ぎ早とはこのことであります。


2、西志津河津桜まつり
場所; 西志津多目的広場

本年も西志津河津桜まつり実行委員会の皆様のご尽力により、西志津多目的広場に於いて、河津桜まつりが盛大に開催されました。

地域の皆さんの活動により、西志津多目的広場は、周囲を開墾し、「花壇」を造り、雑草を取り除き「花に囲まれた憩いの散歩道」に替わりました。

その中で、河津桜が見事な花を咲かせています。

多くのお客様をお迎えし、憩いのひと時が展開されていることに、深く感謝を申し上げます。


3、救命と安全の連鎖研究会
場所; 東邦大学佐倉病院7/F

東邦大学佐倉病院、佐倉警察署、佐倉消防署、佐倉市役所をメンバーとして、第10回目の「救命と安全の連鎖研究会」が開催されました。

佐倉市は、医師の皆様、佐倉警察署の皆様、消防士の皆様と連携を密にして、市民が万が一、急病等を発症した場合でも、安心して救急医療にかかれるよう体制整備を図っております。

又、佐倉市は市内救急告示病院である東邦大学佐倉病院、聖隷佐倉市民病院、佐倉中央病院に対し、補助金を交付し救急医療体制の強化を図っているところでもあります。

本年は、上記体制の強化に加え、さらに市内4ヶ所目となる子育て世代包括支援センターをユーカリが丘に設置する他、産婦健診事業も開始致します。

今後共、佐倉市は「選ばれる街」を目指し、市民の皆様が安心して生活出来る地域づくり、環境づくりに邁進してまいります。

平成30年2月25日(日) 佐倉市医師会市民公開講座 場所; 志津コミュニティセンター

本日は、東邦大学佐倉病院神経内科の榊原隆次教授に「認知症の診断と治療・ケア」というテーマで講演頂きました。

厚労省によれば、団塊の世代が75歳以上となる2025年には認知症患者は700万人に達し、高齢者の5人に1人が認知症になる見込みです。

佐倉市では認知症の早期発見・早期治療・より良いケアの観点から、医療と介護関係者の情報共有を図る為、「さくらパス」の利用を推進しております。

市民の皆さんが、この公開講座を契機として、認知症についての正しい認識を深めて頂き、役立てて頂ければ幸甚です。

尚、本日は400名以上の来場者があり、盛況でした。

平成30年2月24日(土) 1、ACミランアカデミークリニック2018 2、しづ市民大学閉講式 3、地域福祉フォーラム 4、東邦大学佐倉病院勉強会

1、ACミランアカデミークリニック2018

場所; 岩名サッカー場
「ACミラン アカデミークリニック2018 in 千葉佐倉」が、多数のサッカー少年の参加の下、盛大に開催されましたことを心よりお祝い申し上げます。
ACミランは、国際タイトル獲得数が世界1位と世界でも屈指の名門クラブであります。本日は、佐倉市ほか東京・愛知・石川で展開されておりますACミランアカデミーの各テクニカルディレクターである4名の先生方にお越しいただきました。受講者の皆さんは、とても貴重な機会ですので、集中して先生の話をよく聞いて、皆さんのサッカー技術の向上につなげられるよう、精一杯頑張っていただきたいと思います。


2、しづ市民大学閉講式
場所; 志津市民プラザ
第28期となる「しづ市民大学」を修了されました皆様に、心からお慶び申し上げますとともに、皆様の学習への熱意とたゆまぬ努力に、深く敬意を表します。
昨年5月より、4つの専科コースに学習の場を求められ、それぞれの学習課題に取り組み、多くの仲間とともに学び、心身を磨き、その成果の証として、本日ここに修了証が授与されました。このことが、皆様方の更なる飛躍に繋がることを期待しております。


3、地域福祉フォーラム
場所; 志津コミュニティセンター
市では平成28年3月に「第3次佐倉市地域福祉計画」を策定し、住民自らが、地域で活動し、支え合い、助け合いができる地域社会を目指し、地域福祉の推進に取り組んでいます。
また、昨年、社会福祉法が改正され、地域共生社会の実現に向けた取組みの推進が求められる中で、佐倉市といたしましても、包括的な支援体制の整備など、国の動向を踏まえながら、住民や地域、関係団体、行政などが、様々な地域の課題を連携して解決することで、佐倉市がより暮らしやすいまちになるよう取り組んでまいりたいと考えております。


4、医療連携学術フォーラム(東邦大学佐倉病院)
場所; ウィシュトン

平成30年2月10日(土) 1、市民カレッジ修了式 2、市民カレッジ卒業式 3、東京女子医科大学八千代医療センター地域連携フォーラム

1、市民カレッジ修了式
場所; 中央公民館

第1学年、第2学年、第3学年の皆様は本日、修了式を迎えられました。第1学年の皆様は、久しぶりに学び舎に集い、新たな仲間と共に、充実した1年を過ごされました。
第2学年の皆様は、「私達のまちづくり」という実践活動を通してなかまとの絆を深められました。
第3学年の皆様は、「福祉」「歴史」「情報」「元気」の専攻課程に分かれ、実習を交えた学習を深められました。
佐倉市民カレッジに対する地域の期待に応えていただくためにも、健康にご留意の上、更に学習に励んで頂きたいと存じます。


2、市民カレッジ卒業式
場所; 中央公民館

佐倉市民カレッジ第23期生88名の皆様に卒業証書を授与致しました。4年間の学業を終了された、熱意とたゆまぬ努力に、深く敬意を評します。

縁あって出会った多くの仲間と共に力を合わせ、佐倉市のまちづくりの主役として、今後とも頑張って頂きたいと存じます。


3、東京女子医科大学八千代医療センター地域連携フォーラム

東京女子医科大学八千代医療センター地域連携フォーラムにお招き頂きました。

佐倉市では、小児初期急病診療所を開設していますが、大変多くの、当医療センターの先生方に、ご協力頂いております。心より感謝致します。

東京女子医科大学の創立者、吉岡弥生は佐倉順天堂第2代目堂主、佐藤尚中から医学を学んだ長谷川泰によって創設された済生学舎(後の日医大) に於いて、医学を学び、順天堂で臨床を勉強しています。

佐倉市としては、市民が安心して暮らせるまちづくりを推進する為にも、地域の医療機関との連携を一層深め、地域医療及び救急医療の更なる充実を目指してまいります。

平成30年1月26日(金) 1、印旛環境基金成果事業報告会 2、副知事来佐 3、印旛郡市遺族会新年会 4、農家視察 5、佐倉むらさきライオンズ新年会 6、小児初期急病診療所新年会 7、県精神神経科診療所新年会

1、印旛環境基金成果事業報告会
場所; 印旛合同庁舎
本日は、当基金の助成事業成果報告会に、小学校や高等学校、NPO法人を含む一般市民団体の方々をはじめ、多数の皆様にお集まりいただきました。
印旛沼の水質ですが、環境省の発表によると、全国湖沼の水質順位は宮城県の伊豆沼と並びワースト1位となっております。皆さんの地道な活動の積み重ねが実を結び、CODの値が、一刻も早く改善されることを願ってやまないところです。当基金といたしましても、引き続き、関係団体の皆さんと連携を図りながら、現状の打開に向けて、取り組んでまいる所存です。


2、副知事来佐
場所; 塚本刀剣美術館
本日は滝川副知事が塚本刀剣美術館を視察され、お迎え致しました。
現在、国宝をはじめ名刀と呼ばれているものは、そのほとんどが徳川家や全国各地の大名家に伝わったものです。当館にも酒井家をはじめ各大名家に伝わった作品があり、今回その中の一部が展示されています。徳川家最後の将軍十五代慶喜佩用の大小や、稲葉家伝来の大小などは、当館開設以来初めての公開となっています。また、沖田総司の愛刀と同じ刀工の作品や刀剣乱舞で有名な同田貫正国の作品も展示されています。どの作品も刀剣としての鋭さや美しさに加え、芸術的な価値の高い作品ばかりで、かなり見応えのあるものばかりとなっています。


3、印旛郡市遺族会新年会
場所; リッチタイム


4、農家視察
場所; 押尾彰一宅


5、佐倉むらさきライオンズ新年会
場所; ウィッシュトン


6、小児初期急病診療所新年会
場所; リッチタイム


7、県精神神経科診療所新年会
場所; ホテル・ニューオオタニ幕張

平成29年12月20日(水) 1、佐倉青年会議所新旧理事長来庁 2、JAICA海外派遣者来庁 3、健やかまちづくり推進委員会 4、指定管理者審査委員会委嘱状交付式

1、佐倉青年会議所新旧理事長挨拶
場所; 応接室


2、JAICA海外派遣者来庁
場所; 応接室


3、健やかまちづくり推進委員会
場所; 社会福祉センター

委嘱状交付


4、指定管理者審査委員会委嘱状交付式
場所; 応接室

平成29年11月12日(日)1、第42 回長嶋茂雄旗争奪少年野球大会 2、千代田ふれあい祭り 3 、第3回草ぶえの丘太鼓まつり 4、第16回中 志津福祉まつり 5、岩渕薬品ロコモティブシンドローム予 防イベント 6、第25回ユーカリが丘福祉まつり 7 、専門家ネットワークセミナー 8、坂戸念仏踊り

1、長嶋茂雄旗争奪少年野球大会
場所; 長嶋茂雄記念岩名球場


2、千代田ふれあい祭り
場所; 臼井南中学校グラウンド


3、第3回草ぶえの丘太鼓まつり
場所; 草ぶえの丘


4、第16回中志津福祉まつり&秋祭り
場所; 中志津ふれあい公園


5、岩渕薬品ロコモティブシンドローム予防イベント
場所; ウィシュトン


6、第25回ユーカリが丘福祉まつり
場所; 志津コミュニティセンター


7、専門家ネットワークセミナー
場所; ミレニアムセンター佐倉


8、坂戸念仏踊り
場所; 坂戸西福寺