人権擁護」カテゴリーアーカイブ

平成30年5月18日(金) 1、佐倉市暴力団排除対策協議会総会 2、千葉銀行頭取来佐 3、佐倉人権擁護委員協議会総会

1、佐倉市暴力団排除対策協議会総会
場所; 社会福祉センター

佐倉市に於いては、平成24年4月に「佐倉市暴力団排除条例」を制定致しました。平成25年2月には、佐倉市暴力団排除対策協議会を設立致しまして、入札事務を始め、各種イベントからの暴力団排除に取組んでいます。

又、一昨年には、佐倉市商店会連合会により「暴力団排除宣言」が行われ、昨年から商店会や民間主催のイベントについても、暴力団排除活動が展開されております。

今後も、警察・事業者・市民等関係機関との連携を密にして、「犯罪の無い安全で安心なまちづくり」に努めてまいります。


2、千葉銀行頭取来佐

塚本刀剣美術館

左から
並木第四銀行頭取、蕨佐倉市長、佐久間千葉銀行頭取、宮長中国銀行頭取、粟生塚本総業副社長、三角塚本美術館副館長

場所; 塚本刀剣美術館

全国地方銀行協会の会長を務めておられる佐久間千葉銀行頭取が、本日、中国銀行(岡山市)の宮長頭取と第四銀行(新潟市)の並木頭取をお連れになり、佐倉市の塚本刀剣美術館を視察され、私も同行方要請を受け、ご一緒させて頂きました。

本日は、岡山市に因み、備前長船の刀剣を数多く、ご覧頂きましたが、同刀剣美術館には約700本の日本刀が所蔵されております。

日本刀は鍛治職人一人のみで作れるものではなく、7〜8人の職人が関わって出来上がる美術品・芸術品です。刀鍛治(刀工)、研師(とぎし)、鞘師(さやし)、鐔師(つばし)、金工師、塗師(ぬりし)、柄巻師(つかまきし)、白金師(しろがねし…鞘が落ちずに固定される金具を作る)等の多くの職人が関わって出来上がるものとのこと。

本日は3人の頭取に心いくまで、日本刀の美やその見事な構造をご堪能頂きました。

尚、塚本美術館の最近の来館客は8割が刀剣女子とのことでした。刀剣乱舞というゲームで有名になった同田貫(どうだぬき)や沖田総司が使っていた刀と同じ刀工の作の刀を見に来ているとのこと。
尚、同田貫は熊本の加藤清正のお抱え刀工が作ったものが始まりです。


3、佐倉人権擁護委員協議会総会
場所; ウィシュトン

人権擁護委員 の皆様におかれては、人権擁護活動にご尽力頂いております。

本年は、「世界人権宣言」の国連での採択、そして、人権擁護委員制度創設70周年の節目の年になります。

佐倉市では、平成9年に「人権尊重・人権擁護都市宣言」を行い、人権尊重の教育や啓発活動を進めてまいりました。

この節目の年に、改めて、人権の尊さ、大切さを認識し、絶え間ない取り組みを行って行くことの重要性を再確認しているところです。

平成30年4月13日(金) 1、花火大会実行委員会 2、千葉県保育協議会印旛支部総会 3、人権擁護委員協議会一部

1、花火大会実行委員会
場所; 3/F会議室


2、県保育協議会印旛支部総会
場所; 中央公民館

千葉県保育協議会印旛支会総会にお招き頂きました。

印旛管内から、多くの関係者がお越し頂き、ありがたく存じます。

少子化が進む中で、女性の社会進出、ひとり親家庭の増加、待機児童の問題、病児病後児保育、保育士不足等保育を巡る環境は様々な課題を抱えております。

そう言った状況下、保育を担う方々が一堂に会し、改めて課題を共有し、研究されることは、大変意義あることと思います。


3、佐倉人権擁護委員協議会一部会総会
場所; ミレニアムセンター4/F

佐倉人権擁護委員協議会は佐倉市、四街道市、八街市、酒々井町によって構成されています。

人権擁護委員の皆様は、人権相談や小中学校等に於ける人権教室などの啓発事業に積極的に取り組まれておられます。

平成30年は、「世界人権宣言」の国連での採択及び人権擁護委員制度70周年の節目の年であります。

行政としても、人権擁護委員の皆様の活動に対し、積極的に支援して参りたいと考えております。

平成30年1月31日(火) 1、人権男女平等参画施策推進会議 2、佐倉市コミュニティバス出発式 3、佐倉市八街市酒々井町構成市町消防団長課長会議

1、人権男女平等参画施策推進会議
場所; 社会福祉センター


2、コミュニティバス出発式
場所; 市役所玄関前駐車場


3、佐倉市八街市酒々井構成市町消防団長課長会議
場所; 佐倉市八街市酒々井消防組合

平成30年1月21日(日) 1、さくらヒューマントーク2018 2、印旛沼環境基金水辺の風景画コンクール表彰式

1、さくらヒューマントーク2018
場所; 志津コミュニティセンター

さくらヒューマントーク2018を開催致しました。佐倉市では、平成9年に「人権尊重・人権擁護都市宣言」を行い、差別や偏見をなくすために、人権尊重の教育や啓発活動を進めて参りました。

佐倉市といたしまして、様々な人権課題に対応すべく、引き続き、絶え間ない取り組みを行って参ります。


2、印旛沼環境基金水辺の風景画コンクール表彰式
場所; 市立美術館

印旛沼環境基金主催の第20回水辺の風景画コンクール表彰式を開催致しました。本年度の応募数は、印旛沼流域13市町の小・中学校合わせて、127校から 1,649点の応募がありました。応募作品すべてを展示したいところでございますが、今回は458点を選ばせていただきました。これからも皆さんが、身近な水辺と親しみ、水を大切にし、印旛沼をきれいにしようとする行動の原動力となって、将来、かつてのきれいな印旛沼の水を取り戻すことができるものと期待しております。

平成29年5月12日(金) 佐倉市人権擁護委員協議会総会 場所; ウィシュトン

本日は、佐倉人権擁護委員協議会の定時総会にお招き頂きました。

人権擁護委員の皆様には、日頃から佐倉市の人権啓発・教育事業にご理解、ご協力を頂いており、感謝しております。

近年は、いじめやインターネット上での書込み等による人権問題が発生しております。

従って人権擁護委員の皆様による「人権教室」を始めとした啓発活動の取組みは益々、重要となっております。

佐倉市としては、人権擁護委員の皆様の活動をより一層支援してまいりたいと考えております。