成田税務署関連」カテゴリーアーカイブ

平成30年10月10日(水)成田税務署長新任挨拶 場所; 応接室

本日、新任の野末英男成田税務署長が来庁されました。

佐倉市では、今春からe-Tax(電子申告)申告を他市にさきがけて導入しました。
東京国税局から感謝状を贈呈されたところです。

野末署長から電子化による税務処理の効率化についてお礼の挨拶を頂きました。

今後とも、市役所内税務事務の効率化を推し進め、併せて職員の残業時間削減を目指して努力して参ります。

平成30年6月1日(金) 1、大川徳治顕彰碑除幕式 2、国立歴史民俗博物館理事会 3、成田法人会

1、大川徳治顕彰碑除幕
場所; 裏新町・美術館裏

佐倉市の水道の歴史は、佐倉の民営水道創設者・大川徳治氏によって開始されました。
大川氏は、大正12年に私財を投じて水道管を敷き、近隣十数戸の給水から始め、昭和2年に国の許可を得た私営水道となり、やがて利用者が増え、旧佐倉町の大半1,500戸に水道を供給することとなりました。
大正12年から数えて32年間に及ぶ大川氏の事業は、昭和31年に佐倉市へ譲渡移管され終了しました。

この度の大川徳治氏の顕彰碑建立に当たっては、佐倉市管工事協同組合の皆様の「佐倉市の水道事業の礎となった大川氏の遺徳を後世に伝えるべく、また先人達の築いた実績を再確認し継承していこう」という思いから
実現したと伺っております。

又、きょうから水道週間ということで、この佐倉市の水道に尽力された大川氏に思いを馳せる、良き日となりました。
尚、顕彰碑の碑文は、佐倉市管工事協同組合からの依頼により、私が揮毫させて頂きました。


2、国立歴史民俗博物館理事会
場所; 学士会館、神田錦町


歴博企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」(7/10〜9/17) の開催に合わせて、歴博と佐倉市、関係団体とのコラボでイベント実施を企画しました。

[佐倉市・歴博共同イベント概要]
⑴ イベント名; 歴博といっしょに
さくらみやげ
⑵ 開催期間; 平成30年9月7日(金)〜9日(日)
⑶ 開催場所; 歴博(エントランスホール、ミュージアムショップ、レストランさくら)
*企画展示室Aの外にショーケースで佐倉のお土産品の展示有り。
⑷ イベント内容
・佐倉市の物産販売(ミュージアムショップ、レストラン)
・甲冑、侍衣装 体験
・佐倉城CG映像上映 他
⑸ その他
① 8月下旬開催の羽田空港での歴博PRイベントに於いて、上記企画をPRする。
② 上記企画事業で、関係機関、関係団体が歴博を使用する場合、使用料を無料とする。


3、成田法人会総会
場所; マロウドインターナショナル成田

佐倉市では、平成29年分確定申告に於いて、国税局が進めているe-Tax(電子申告)を利用した「申告書等データ引き継ぎ」を他の自治体に先駆けて
実施したところ、先日、東京国税局から感謝状を贈呈されました。

税の申告手続きを始め、行政手続きの電子化は、官民合わせたコストの削減や住民サービスの向上、また、企業の生産性の向上にも資するものと考えております。
佐倉市と致しましては、今後も推進に努めて参ります。

平成30年5月23日(水) 1、国税表彰 2、広報モニター会議 3、佐倉市工業団地連絡協議会総会 4、佐倉市農業士・指導農業士連絡協議会総会

1、東京国税局感謝状表彰
場所; 応接室

佐倉市では、確定申告受付に於ける市民の利便性向上と、事務の効率化、市職員の残業時間の縮減を目指して、今年の確定申告から、e-Tax による申告受付を他市に先駆けて、全面的に導入しました。

この取り組みが評価され、本日、国税局より感謝状を頂きました。

今後とも、課税業務が一層円滑に行えるよう努力して参ります。


2、広報モニター会議
場所; 3/F会議室

市の広報の役割として、市が行っている取組や制度、またイベントや種々の話題など、しっかりと市民の皆様にお伝えする必要が有ります。

市と致しましては、広報紙とテレビ映像のそれぞれの長所を生かしながら、市政情報の充実を図りたいと考えております。

広報モニターの皆様のご意見を反映させながら、分かりやすい広報の発信に努めてまいります。


3、佐倉市工業団地連絡協議会総会
場所; フジクラ厚生センター

日頃より、当協議会に於かれては会員相互の情報交換や意見交換、工業団地の環境整備、各種研修など様々な事業に取り組まれ、産業の活性化や地域貢献にご尽力頂いております。

又、先週行った「産業まつり」には、ご出展、ご協力を頂き、成功裏に終わりました。

当協議会のますますのご発展をご祈念申し上げます。


4、佐倉市農業士・指導農業士連絡協議会総会
場所; すぎのや

皆様方には、東京大学農学部学生の農家実習の受け入れを始め、農業後継者の育成や、地域農業の振興にご尽力頂いております。

農業は食料の安定供給はもとより、豊かな自然環境の保持に繋がる、重要な産業であり、地域に誇りと安らぎを与えてくれています。

市としても、担い手の育成・確保、規模拡大、地産地消、販路拡大、6次産業化を強化して、次世代に佐倉の農業が着実に引き継がれ、佐倉ならではの農業が今後とも展開されるよう尽力してまいります。

平成30年2月20日(火) 1、観光佐倉写真コンクール表彰式 2、小学生作文コンクール表彰式

1、観光佐倉写真コンクール表彰式
場所; 商工会議所


2、小学生作文コンクール表彰式
場所; 応接室
「佐倉市税の作文コンクール」の表彰式を行いました。
今年度は、1228点の応募作品の中から、西志津小学校6年の柳田拓哉くんが市長賞に輝きました。
柳田くんは、「租税教室」で学んだことや、「佐倉市子供議会」で、税に関する質問をした経験も作文に生かすことができた、と話してくれました。すばらしい内容の作文でした。

平成29年12月13日(水) 税の作文コ ンクール表彰式 場所; 応接室

平成29年度の成田税務署管内中学生を対象とした「税についての作文」において、西志津中学校3年 齋藤 寧桜さんが佐倉市長賞を受賞し、表彰を行いました。
偶然見ていたクイズ番組からふるさと納税をテーマとして、災害に見舞われた地域への支援を風化させず、地域の活力向上にもつながる方法としてふるさと納税制度がつくられ、どうすれば世の中を更に良くしていけるか考えていきたいという内容でした。
学校生活を心から楽しんでいる様子も伺われ、大変うれしく思う時間となりました。

平成29年6月1日(木) 1、定例記者会見 2、成田法人会第44回定時総会

1、定例記者会見
場所; 会議室

記者会見で以下、お知らせしました。

1、長嶋茂雄記念岩名球場リニューアルオープン(6月4日)について
2、佐倉花火フェスタ2017(8月5日)の開催について

3、子育て支援(病児保育の実施)について

4、住生活関連補助事業について

5、佐倉平和使節団に対する遺贈について

6、なでしこリーグの開催(6月18日)について


2、成田法人会第44回定時総会
場所; マロードインターナショナル成田

成田法人会は昭和22年の税制変革を背景に、納税者らが結成した団体として、今日まで、企業の健全発展に寄与している他、小中学生に対する租税教育を通じ、地域で信頼される法人を目指し、ご活動されています。

皆様が、日々研鑽を積み、地域を思い、未来を思い、地域に根ざした活動を継続されていることに、心から敬意を表します。

平成29年2月21日(火) 小学生税作文市長賞表彰式 場所; 応接室

本日、佐倉市役所において、小学生の「税の作文コンクール」表彰式を行いました。

この税の作文コンクールは、市内小学校6年生を対象に、小学生から見た税のあり方についての作文を募集し、貴重な税金をより身近に考えてもらう為に実施しているものです。

今回、1,274作品の中から、栄えある市長賞を受賞された方は、以下の方々です。

千代田小学校 村山 悠さん
志津小学校 石城 里衣奈さん
根郷小学校 牛尾 七海さん
和田小学校 柳橋 美華さん
小竹小学校 藤井 優花さん

以上の5名です。皆さんご受賞おめでとうございます。