産業振興」カテゴリーアーカイブ

平成30年5月18日(金) 1、佐倉市暴力団排除対策協議会総会 2、千葉銀行頭取来佐 3、佐倉人権擁護委員協議会総会

1、佐倉市暴力団排除対策協議会総会
場所; 社会福祉センター

佐倉市に於いては、平成24年4月に「佐倉市暴力団排除条例」を制定致しました。平成25年2月には、佐倉市暴力団排除対策協議会を設立致しまして、入札事務を始め、各種イベントからの暴力団排除に取組んでいます。

又、一昨年には、佐倉市商店会連合会により「暴力団排除宣言」が行われ、昨年から商店会や民間主催のイベントについても、暴力団排除活動が展開されております。

今後も、警察・事業者・市民等関係機関との連携を密にして、「犯罪の無い安全で安心なまちづくり」に努めてまいります。


2、千葉銀行頭取来佐

塚本刀剣美術館

左から
並木第四銀行頭取、蕨佐倉市長、佐久間千葉銀行頭取、宮長中国銀行頭取、粟生塚本総業副社長、三角塚本美術館副館長

場所; 塚本刀剣美術館

全国地方銀行協会の会長を務めておられる佐久間千葉銀行頭取が、本日、中国銀行(岡山市)の宮長頭取と第四銀行(新潟市)の並木頭取をお連れになり、佐倉市の塚本刀剣美術館を視察され、私も同行方要請を受け、ご一緒させて頂きました。

本日は、岡山市に因み、備前長船の刀剣を数多く、ご覧頂きましたが、同刀剣美術館には約700本の日本刀が所蔵されております。

日本刀は鍛治職人一人のみで作れるものではなく、7〜8人の職人が関わって出来上がる美術品・芸術品です。刀鍛治(刀工)、研師(とぎし)、鞘師(さやし)、鐔師(つばし)、金工師、塗師(ぬりし)、柄巻師(つかまきし)、白金師(しろがねし…鞘が落ちずに固定される金具を作る)等の多くの職人が関わって出来上がるものとのこと。

本日は3人の頭取に心いくまで、日本刀の美やその見事な構造をご堪能頂きました。

尚、塚本美術館の最近の来館客は8割が刀剣女子とのことでした。刀剣乱舞というゲームで有名になった同田貫(どうだぬき)や沖田総司が使っていた刀と同じ刀工の作の刀を見に来ているとのこと。
尚、同田貫は熊本の加藤清正のお抱え刀工が作ったものが始まりです。


3、佐倉人権擁護委員協議会総会
場所; ウィシュトン

人権擁護委員 の皆様におかれては、人権擁護活動にご尽力頂いております。

本年は、「世界人権宣言」の国連での採択、そして、人権擁護委員制度創設70周年の節目の年になります。

佐倉市では、平成9年に「人権尊重・人権擁護都市宣言」を行い、人権尊重の教育や啓発活動を進めてまいりました。

この節目の年に、改めて、人権の尊さ、大切さを認識し、絶え間ない取り組みを行って行くことの重要性を再確認しているところです。

平成30年4月18日(水) 1、佐倉市更生保護女性会総会 2、第三工業団地連絡協議会総会

1、佐倉市更生保護女性会総会
場所; 社会福祉センター

佐倉市更生保護女性会が昭和35年9月17日に発足してから、58年という長い歳月が経ちました。

その間、少年院などの訪問、手作り人形の小学生への贈呈、又、「社会を明るくする運動」での1円募金や講演会、市内駅前街頭啓発活動等、多大なるご協力を賜り、心から感謝申し上げます。


2、第三工業団地連絡協議会総会
場所; TOTOバスクリエイト

第三工業団地連絡協議会の会員企業の皆様が、会員相互の情報交換、環境美化作業、各種研修など、様々な事業に積極的に取り組まれ、市内産業の活性化や地域貢献にご尽力されておられることに、心から敬意を表しますとともに感謝を致します。

平成30年4月17日(火) 1、栄町・岡田正市町長出陣式 2、陶芸家・和田的氏工房視察 3、千葉県中小企業家同友会総会

1、栄町・岡田正市町長出陣式
場所; 栄町

印旛広域事務組合(7市2町)を組成している栄町の町長選挙の出陣式が開催され、お招き頂きました。

岡田正市町長の3期目となる選挙です。
私は、印旛広域事務組合の管理者を務めておりますが、同組合を代表して、応援のご挨拶を致しました。

岡田町長は2期4年しっかりと実績を残し、将来に向けて、新しい基盤づくりを図ろうとしております。

継続性の意味からも、岡田町長の当選を心から期待して、応援演説をさせて頂きました。


2、陶芸家・和田的氏工房視察
場所; 佐倉市上志津原

本日は、佐倉市の陶芸家・上瀧勝治氏のご案内で臼井小、臼井西中出身の若き陶芸界のホープ、和田的(わだあきら)さんを訪ねました。和田さんは昭和53年生まれの40歳。

和田さんは小学生の頃、佐倉草ぶえの丘での陶芸教室で陶芸を学んだのが原点とのこと。
その後、有田焼の名工、上瀧勝治氏に師事。
上瀧氏の白い壺を見て磁器の世界へ進むことを決心したとのこと。

そして、立て続けに世界初と言える、磁器の新しい可能性を表現し、日本伝統工芸展、日本陶芸展で数多くの賞を獲得し、今や上瀧先生を凌ぐ勢いを示しております。

歴史と文化のまち佐倉としても、この有能な若き作家を応援してまいりたいと考えています。


3、千葉県中小企業家同友会佐倉支部総会
場所; ウィシュトン

千葉県中小企業家同友会も早いもので、設立以来本年で7年目を迎えました。

佐倉支部の皆様におかれては、経営者の研鑽や交流に加え、地域活性化に関する様々な事業に、前向きに取り組んで頂いており、心から敬意を表します。

市としても、市内立地企業に対する支援、事業拡大や施設拡充への支援、起業、創業への各種支援など様々な産業経済施策を更に押し進めてまいります。

平成30年4月12日(木) 1、佐伯書道会作品展 2、佐倉市施設野菜・園芸部会総会

1、佐伯書道会作品展
場所; 市立美術館


2、佐倉市施設野菜・園芸部会総会
場所; リッチタイム

佐倉市施設野菜園芸部会の総会にお招き頂きました。

当部会は、会員相互の連携を通じ、栽培技術の向上や販路拡大に取り組むなど、経営基盤の安定・強化を図る目的で組織された生産者の会です。

当部会の皆様の生産したトマトやキュウリ等は、品質に優れ安全で美味しく、市民はもとより、首都圏の消費者にも人気が高く、市を代表する農産物となっています。

平成30年4月3日(火) NHKテレビ・ふるさと広場チューリップ畑からの生中継

佐倉ふるさと広場で明日から始まる佐倉チューリップフェスタに先駆け、NHKテレビの昼の情報番組「旬感ゴトーチ」がチューリップ広場から生中継をしてくれました。

現場リポーターとして佐倉にゆかりの深い有森裕子さんが登場しました。

東京ドームと同じ広さに100種類67万本のチューリップが咲き誇る関東最大級の花の祭典、第30回佐倉チューリップフェスタが明日から25日まで開催されます。

多くのお客様のご来場をお待ちしております。

平成30年3月31日(土) ふるさと広場・佐蘭花(売店)リニューアルオープン式典 場所; ふるさと広場

本日、ふるさと広場の売店、通称「佐蘭花」のリニューアルオープン式典を挙行しました。

売店の面積が広くなり、商品の品揃えがしやすくなった他、地場産の新鮮な野菜も売れるようになりました。
また、地元の金子牧場の牛乳を使ったソフトクリームも販売しております。
地場産のお菓子類も多彩になりました。

さらに、お子様連れの方々用に、授乳室を整備しております。さらに、サイクリングやジョギングをされる皆様用に、シャワー室も完備し、より使い勝手を良くして、観光拠点として、充実させました。

今年は、暖かく晴天の日が続いておりますので、チューリップも例年より早く咲きつつあります。チューリップは今年は67万球となり、一段と盛大になりました。

多くのお客様に楽しんで頂きたいと思っています。

尚、4月3日の13時からNHKテレビが実況中継をする予定と伺っています。

平成30年3月22日(木) 1、保護司会研修会 2、新規就農者意見交換会

1、保護司会研修会
場所; アンシャンテ

保護司会佐倉市分会「自主研修会 懇親会」にお招き頂きました。

保護司の皆様には、日頃から罪を犯した人達の社会復帰への指導・援助を始め、青少年の非行防止活動など多方面において並々ならぬご尽力を頂いております。

本日は葛西広子保護司( 元佐倉市教育長 )による大変貴重な研修をして頂きました。感謝します。


2、新規就農者意見交換会
場所; 大佐倉谷家

「佐倉市新規就農者の会」の懇親会にお招き頂きました。

当会は、会員相互に情報や意見の交換を行い、経営基盤の安定・発展を図る為に組織されたものです。

佐倉市の新規就農者は年々増加傾向にあり、会員の皆様方の中には、お子様がお生まれになった方が2組になりました。

市としては、やる気溢れる新規就農者が増え、継続的に安定した経営を行えるよう、引き続きサポート体制を強化してまいります。

平成30年3月13日(火) 1、志津中学校卒業式 2、塚田商事50周年記念コンペ

1、志津中学校卒業式
場所; 志津中学校体育館

佐倉市立志津中学校256名の卒業式にお招き頂きました。
今年も、志津中学校の卒業生の中で、皆勤賞を取られた方が38名おられました。その内、小学校から通算9年の皆勤賞が6名でした。それだけで、いかに素晴らしい学校であるかがわかります。

卒業生の皆さん、本日を以って、義務教育9年間の過程を終了され、新しい世界に向けて羽ばたいて行かれます。

豊かな自然と歴史・文化の薫り高いここ「佐倉」の地で学んだことに誇りを持って今後共、臆することなく、様々なことに挑戦して行って下さい。

皆さんの未来が希望に満ちた素晴らしいものになることを切に願っております。


2、塚田商事50周年記念コンペ
場所; 久能カントリークラブ

塚田商事(株)が創立50周年を迎えられ、記念のゴルフコンペを開催され、その懇親会にお招き頂きました。

企業を50年続けるということは、大変なことですが、塚田社長のお人柄とご努力の賜物と心から敬意を表します。

又、塚田社長には、市民憲章、法人会、ライオンズクラブ、さらには商工会議所会頭等ボランティア活動も多岐に亘ってご活躍頂き、併せ深く感謝しております。

塚田商事(株)の益々のご発展を祈念しております。