芸術・文化・芸能」カテゴリーアーカイブ

平成29年9月9日(土) 1、大村美術館開館10周年記念式典 2、臼井田祭礼

1、大村美術館開館10周年記念式典

右、大村智先生(ノーベル賞受賞者)左、蕨佐倉市長
真ん中の書は大村先生に依頼され、蕨佐倉市長が揮毫し
贈った言葉「善為寳」(善、宝と為す)

場所; 大村美術館

大村美術館は、山梨県韮崎市出身の有機科学者で女子美術大学名誉理事長でもある大村智博士が2007年に自費で同美術館を韮崎市に建設、開館したもの。本年で開館10周年を迎える。同館は約2000点の絵画や陶磁器を所蔵している。2008年に作品を含めた施設を韮崎市に寄贈。館長は引き続き大村博士が務めている。2015年に同博士がノーベル生理学・医学賞を受賞したことを記念し、この度、記念室を設け、同博士所蔵のノーベル賞金メダルを始め数々の記念品や芸術作品が展示されている。

佐倉市は女子美術大学と連携協定を締結しています。佐倉順天堂三代目堂主佐藤進の妻佐藤しずが、同校創立後間もなく、経営難に陥っていた私立女子美術学校の経営を引き継ぎ、火災で焼け落ちた同校を、私財を投げ打って再建しています。佐藤しず亡き後、夫の佐藤進も同行の経営に携わりました。同校にとって佐藤しずは、とりわけ特別な存在となっております。そのような経緯を踏まえ、佐倉市と女子美術大学が、2014年(平成24年)連携協働に関する協定を締結し、相互に協力して、歴史や芸術に関する講演会や事業を実施しています。大村博士にも、これまで2度にわたり、佐倉市で講演をして頂いておりますが、来たる来年7月14日に3度目の講演を佐倉市中央公民館で行なって頂くことになっております。今度の講演は、同博士がノーベル賞受賞後、佐倉市では初めての講演となりますので、多くの市民の皆さんにお聞き頂きたいと思っています。


左、内藤久夫韮崎市長
中、大村智先生
右、蕨佐倉市長

挨拶するのは、福下雄二女子美術大学理事長


2、臼井田祭礼
場所; 臼井田区民広場

平成29年8月24日(木) 1、塚本美術館千葉銀行頭取来訪 2、定例記者会見 3、佐倉ジュニア合唱団来庁 4、佐倉市観光資源視察ツアー意見交換会

1、塚本刀剣美術館千葉銀頭取来訪
場所; 塚本美術館

千葉銀行佐久間頭取が佐倉市の塚本刀剣美術館に来訪されました。
同頭取は、剣道をやっておられたとのことで、刀剣に興味を持っておられます。

この美術館には、鎌倉時代からの刀剣が600本ほど有りますが、本日は、江戸時代初期からの名刀を中心にご覧頂きました。

頭取仲間で、刀剣に興味を持っておられる方が少なからず、おられるとのことで、近々他行の頭取をお連れしてくれることとなりました。


2、定例記者会見
場所; 会議室


3、佐倉ジュニア合唱団面会
場所; 応接室

先般、台湾の合唱コンクールに参加された、佐倉ジュニア合唱団の生徒と戸谷先生、そして保護者の方々が、台湾ツアーの活動報告として来庁されました。

同合唱団には、フラワーフェスタの開会式をはじめ、様々なイベントに参加して頂いております。


4、佐倉市観光資源視察ツアー意見交換会
場所; 6階会議室

佐倉市の観光資源の活用方法を官民一体となって考えようという趣旨から、本日「佐倉市観光資源視察ツアー」を開催しました。

千葉銀行に主体的に動いて頂いて、観光業者、古民家再生業者、シンクタンク、金融機関などの専門機関をお招きし、市内の文化財や観光スポットを視察してもらいました。

視察後、参加者と市職員との意見交換会を実施し、大変参考になるご意見を多数頂きました。

これらの意見を今後の観光振興に生かしてまいりたいと考えております。

平成29年8月22日(火) 1、佐倉市私立幼稚園協会子育て講演会 2、社会福祉施設協議会懇談会 3 、県道路協会印旛支部総会 4、太平洋美術会千葉支部表彰式 5 、中小企業家同友会さくら支部総会

1、佐倉市私立幼稚園協会子育て講演会
場所; 音楽ホール

成長が目覚ましい、幼児期に様々なことに触れ、体験し、楽しみながら能力を伸ばすことが、その後の健やかな成長や人格形成において、大変重要です。

本日は、劇団かかし座による影絵公演で子供達にとって、貴重な機会になったことと思います。


2、社会福祉施設協議会懇談会
場所; 社会福祉センター

高齢者福祉施策においては、地域包括ケアシステムの構築が喫緊の課題であり、障害者福祉施策では、障害の有無にかかわらず、誰もが相互の人格と個性を尊重し、支え合う共生社会の実現を目指しています。

地域福祉をめぐる環境は大きく変わろうとしていますが、佐倉市地域福祉施設協議会の皆様と連携して、様々な課題の解決を図ってまいります。


3、県道路協会印旛支部総会
場所; 印旛合同庁舎


4、太平洋美術会千葉支部表彰式

場所; ホテル大蔵千葉


5、中小企業家同友会総会
場所; ウィシュトン

平成29年8月10日(木) 1、長崎大学 ①原爆遺構 ②附属図書館医学分館 ③良順記念館 2、第64 回新美術展

1、長崎大学

① 原爆遺構

長崎大学相川教授から、同大学に残る原爆遺構の説明を受ける佐倉市平和使節団12名の皆さん。


②長崎大学附属図書館医学分館

江戸時代から明治にかけての、医学史について、相川教授から懇切丁寧な御説明を頂きました。

③長崎大学良順記念館

松本良順は佐倉藩医師佐藤泰然 ( 順天堂の祖 )の次男。後に幕府御典医松本良甫の養子となった。(1849年)
幕府の命により、長崎に赴任し、オランダ軍医ポンペに医学等の蘭学を学んだ。
1861年、ポンペを助け、養生所を開院し、初代頭取となった。(長崎大学医学部の前身)

松本良順は後に初代陸軍軍医総監や貴族院勅撰議員を務めた。長崎大学医学部では良順の偉業をたたえ、良順記念館を設立しています。


2、第64回新美術協会展
場所; 国立新美術館

佐倉市で群青会を主宰している、菖蒲みえこ先生が此の度、新美術協会展で栄えある「内閣総理大臣賞」を受賞されました。

左が菖蒲先生、右が蕨佐倉市長。

佐倉城趾公園の梅の老木を描いたと伺いました。作品名は「幻想」です。神秘的で深遠な、すばらしい作品です。

同美術展の会期は8月21日までです。

平成29年7月15日(土) 1、原水爆禁止国民平和大行進 2、樫本大進&アレッシオバックス ヴァイオリン コンサート 3、王子台6丁目夏祭り 4、上志津一区盆踊り 5、上座夏祭り

1、原水爆禁止国民平和大行進
場所; 市役所玄関前

今年で60回目を迎える、2017年原水爆禁止国民平和大行進が開催されました。

佐倉市では、平成7年に制定した平和条例に基づき、様々な平和事業を展開しています。特に、子供達を被爆地に派遣する平和使節団事業につきましては、故山本昌司様より、1億円を超えるご寄付を頂くなど、市民の皆様から高い評価と信頼を頂いております。

又、昨年11月、第6回平和首長会議国内加盟都市会議総会を佐倉市で開催しました。これまでで最多の111自治体185名のご参加を頂き、600人を超える市民のご参加も頂きました。

この会議を広島や長崎以外の佐倉市に於いて開催したことで、核兵器の廃絶は、全国の自治体に於いて、取り組みが進むものと考えております。

今後も平和事業を通して、核兵器の廃絶に向けて、努力して参ります。


2、樫本大進&アレッシオバックス
ヴァイオリン コンサート
場所; 音楽ホール

樫本大進さん、素晴らしい演奏でした。1979年ロンドン生まれの38歳。5つの権威ある国際コンクールで優勝しています。2010年よりベルリン・フィルの第一コンサートマスターを務める実力者。使用楽器は、1674年製アンドレア・グヮルネリ。今後のさらなる活躍が期待されます。


3、王子台6丁目夏祭り
場所; 松山公園


4、上志津一区盆踊り
場所; 西福寺


5、上座夏祭り
場所; 八坂神社