警察連携」カテゴリーアーカイブ

平成30年5月18日(金) 1、佐倉市暴力団排除対策協議会総会 2、千葉銀行頭取来佐 3、佐倉人権擁護委員協議会総会

1、佐倉市暴力団排除対策協議会総会
場所; 社会福祉センター

佐倉市に於いては、平成24年4月に「佐倉市暴力団排除条例」を制定致しました。平成25年2月には、佐倉市暴力団排除対策協議会を設立致しまして、入札事務を始め、各種イベントからの暴力団排除に取組んでいます。

又、一昨年には、佐倉市商店会連合会により「暴力団排除宣言」が行われ、昨年から商店会や民間主催のイベントについても、暴力団排除活動が展開されております。

今後も、警察・事業者・市民等関係機関との連携を密にして、「犯罪の無い安全で安心なまちづくり」に努めてまいります。


2、千葉銀行頭取来佐

塚本刀剣美術館

左から
並木第四銀行頭取、蕨佐倉市長、佐久間千葉銀行頭取、宮長中国銀行頭取、粟生塚本総業副社長、三角塚本美術館副館長

場所; 塚本刀剣美術館

全国地方銀行協会の会長を務めておられる佐久間千葉銀行頭取が、本日、中国銀行(岡山市)の宮長頭取と第四銀行(新潟市)の並木頭取をお連れになり、佐倉市の塚本刀剣美術館を視察され、私も同行方要請を受け、ご一緒させて頂きました。

本日は、岡山市に因み、備前長船の刀剣を数多く、ご覧頂きましたが、同刀剣美術館には約700本の日本刀が所蔵されております。

日本刀は鍛治職人一人のみで作れるものではなく、7〜8人の職人が関わって出来上がる美術品・芸術品です。刀鍛治(刀工)、研師(とぎし)、鞘師(さやし)、鐔師(つばし)、金工師、塗師(ぬりし)、柄巻師(つかまきし)、白金師(しろがねし…鞘が落ちずに固定される金具を作る)等の多くの職人が関わって出来上がるものとのこと。

本日は3人の頭取に心いくまで、日本刀の美やその見事な構造をご堪能頂きました。

尚、塚本美術館の最近の来館客は8割が刀剣女子とのことでした。刀剣乱舞というゲームで有名になった同田貫(どうだぬき)や沖田総司が使っていた刀と同じ刀工の作の刀を見に来ているとのこと。
尚、同田貫は熊本の加藤清正のお抱え刀工が作ったものが始まりです。


3、佐倉人権擁護委員協議会総会
場所; ウィシュトン

人権擁護委員 の皆様におかれては、人権擁護活動にご尽力頂いております。

本年は、「世界人権宣言」の国連での採択、そして、人権擁護委員制度創設70周年の節目の年になります。

佐倉市では、平成9年に「人権尊重・人権擁護都市宣言」を行い、人権尊重の教育や啓発活動を進めてまいりました。

この節目の年に、改めて、人権の尊さ、大切さを認識し、絶え間ない取り組みを行って行くことの重要性を再確認しているところです。

平成30年4月20日(金) 1、保護司会佐倉市分会総会 2、連合千葉佐倉成田地域協議会要請書受領 3、茨城県ひたちなか市本間市長来庁 4、県司法書士会佐倉市部総会

1、保護司会佐倉市分会総会
場所; 社会福祉センター

保護司の皆様には、日頃より「非行や犯罪のない地域づくり」を推進するため、犯罪防止に向けた啓発活動や再犯防止の為の就労支援活動など、並々ならぬご尽力を頂いております。

近年、犯罪件数は減少していますが、一方で特殊詐欺や児童虐待、ストーカー犯罪、窃盗、覚醒剤犯罪そして高齢者犯罪が顕在化しております。

そのような中、保護司の皆様と行政、関係機関が連携して、安全安心なまちづくりに努めて参りたいと考えております。


2、連合千葉佐倉成田地域協議会要請書受領
場所; 応接室

連合千葉 成田・佐倉地域協議会の伊藤賢議長より、本日以下のような要請が2件有りました。

⑴、「学校における働き方改革」に関する要請
⑵、「倫理的な消費者行動」の促進に向けた要請


3、茨城県ひたちなか市本間市長来庁
場所; 応接室

本日、茨城県ひたちなか市の本間市長が来庁、東海村第二原子力発電所で大規模災害が発生した場合に於ける市民避難者の受け入れ要請が有りました。

千葉県へのひたちなか市民の避難対象者は14,000人で内佐倉市への受け入れ依頼は2,639人。今後、協定締結に向けて協議することとなりました。

本件は、茨城県が広域避難計画を策定し、東海村から30㎞以内の避難対象者約96万人の避難先を計画したことに基くもの。

内、千葉県には76,000人が避難することとし、佐倉市にはひたちなか市下高場地区の住民が避難することとし、要請が有ったものです。北総地区一帯が協力する中で、佐倉市としても、前向きに検討致したいと考えております。


4、県司法書士会佐倉市分会総会
場所; 成田

昨今、市民の皆様が直面する問題や疑問が多様化、複雑化してご自分だけで解決が困難な事例が増えております。

こうした状況に於いて、専門家である司法書士の皆様にお力添え頂けたら、市民も大変心強いと思います。

地域に密着した暮らしの法律家として、地域住民にお力をお貸し頂きたいと存じます。

平成30年4月18日(水) 1、佐倉市更生保護女性会総会 2、第三工業団地連絡協議会総会

1、佐倉市更生保護女性会総会
場所; 社会福祉センター

佐倉市更生保護女性会が昭和35年9月17日に発足してから、58年という長い歳月が経ちました。

その間、少年院などの訪問、手作り人形の小学生への贈呈、又、「社会を明るくする運動」での1円募金や講演会、市内駅前街頭啓発活動等、多大なるご協力を賜り、心から感謝申し上げます。


2、第三工業団地連絡協議会総会
場所; TOTOバスクリエイト

第三工業団地連絡協議会の会員企業の皆様が、会員相互の情報交換、環境美化作業、各種研修など、様々な事業に積極的に取り組まれ、市内産業の活性化や地域貢献にご尽力されておられることに、心から敬意を表しますとともに感謝を致します。

平成30年1月18日(木) 1、中志津駐在所竣工披露 2、自治会長表彰式 3、市民カレッジ1・2年まちづくり実践報告会

1、中志津駐在所竣工披露
場所; 中志津自治会館
中志津駐在所竣工披露にお招きいただきました。
駐在所は、地域に身近な立場で警察活動を行う拠点で犯罪の抑止等に大きな役割を果たしております。県警本部並びに佐倉警察署の皆様のご尽力により、立派な駐在所が竣工したことは、たいへん喜ばしく、また心強く感じているところです。


2、自治会長表彰式

場所; 社会福祉センター
日頃、自治会・町内会・区や地域まちづくり協議会を通じて、それぞれの地区のため、ご尽力をいただいている方々を表彰させて頂きました。
受賞された皆様方におかれましては、改めて心より感謝申し上げます。


3、市民カレッジ1・2年まちづくり実践報告会
場所; 中央公民館

佐倉市民カレッジの第2学年の皆さんによる「私たちのまちづくり」学習の実践報告会が開催されました。8グループの皆さんから報告があり、皆さんのこれまでの人生経験と郷土佐倉に対する愛着に裏打ちされた活動であると感じました。皆さんの行動力と豊かな見識に対して、敬意を表します。皆さんにおかれましては、市民カレッジ卒業後も、地域活動に積極的に取り組んでいただきたいと願っております。

平成29年9月21日(木) 1、秋の交通安全運動出動式 2、千葉政経懇話会 3、津田塾大学連携協力協定

1、秋の交通安全運動出動式
場所; 佐倉市役所玄関前

平成29年秋の全国交通安全運動出動式が挙行されました。

市内での人身事故件数は、平成17年以降毎年減少傾向を示しておりますが、一方で近年、歩きスマホや自転車と歩行者の接触事故が増加していると伺っております。

私達の目指すところは、交通事故の撲滅で、不幸な事故が一件でも減りますよう願っております。


2、千葉政経懇話会
場所; 三井ガーデンホテル

講師; いすみ鉄道
鳥塚 亮( あきら ) 社長
演題; 「危機を乗り越える戦略」


3、津田塾大学連携協力協定締結式

右が高橋裕子 津田塾大学学長 左が蕨佐倉市長

場所; 応接室

津田塾大学と佐倉市は、中・長期的に連携協力を行うことを確認し、この度、連携協力に関する包括協定を締結しました。

津田塾大学は、日本で初めての女子留学生である津田梅子により明治33年に創設された女子英学塾を前身としています。

梅子の父、津田仙は佐倉藩士で、通訳として渡米した経験から、幼少の梅子を米国へ留学させました。

同大学は梅子が掲げた「英語を通して世界に目を向けられる人間を育てる」「英語の技術習得のみならず、視野の広い女性であれ」との建学の精神を受け継ぎ、レベルの高い英語教育と少人数教育により、幅広い分野で熱意を持って活躍する女性を輩出しています。

この度、相互の持つ資源やネットワーク等を活用し、連携することにより、地域社会の発展及び人材の育成に寄与することを目的として、連携協力協定を締結しました。

これからが楽しみです。

平成29年7月10日(月) 夏の交通安全運動街頭キャンペーン 場所; 印旛合同庁舎玄関前

夏の交通安全運動が始まりました。本日より、7月19日までの日程で行われます。

本日の街頭啓発キャンペーンは、その一環として実施されました。

夏休みを前に、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけて頂き、ご家族や、ご友人と過ごす楽しい夏休みを迎えて頂きたいと思います。

今年は、交通事故や事故死が昨年より増えております。不幸な事故を招かぬ為にも、交通事故0(ゼロ)を目指して、関係機関の皆様と協力し、努力して参りたいと思っています。

平成29年5月22日(月) 1、太平洋美術会展覧会 2、佐倉地区保護司会総会

1、太平洋美術会展覧会
場所; 国立新美術館


2、佐倉地区保護司会総会
場所; 市役所6階会議室

佐倉地区保護司会( 佐倉市、四街道市、酒々井町 ) 総会が開催されました。

保護司は、非常勤の国家公務員として、罪を犯した人が社会復帰する為の指導、支援を行う他、犯罪を防ぐ為の啓発活動を行ってくれています。

当地区の犯罪件数は平成14年より、減少傾向を示しております。

一方、窃盗や高齢者の再犯が目立っており、これも世相を反映したものとなっております。

今後とも、保護司の皆さんや警察と密接に連携し、犯罪の無い、明るく安全な社会づくりに努めてまいります。