投稿者「蕨和雄」のアーカイブ

平成30年2月8日(木)1、家庭等における虐待・暴力対策ネットワーク会議2、印旛沼環境基金理事会

1、家庭等における虐待・暴力対策ネットワーク会議
昨今の虐待・暴力事案につきましては、経済的な困窮、身体的・精神的な疾病等、その要因が重層化・複雑化しており、個別の機関のみでは適切な対応に限界があり、高齢者・障害者・児童等の複数の関係機関で包括的に支援をする必要がある場合が数多く見うけられます。
そのため、さまざまな機関の役割や活動実績等を共有し、忌憚のないご意見を伺い、今後の虐待、暴力の防止や、被害者に対する適切な支援、迅速な対応に活かしていただければ大変有難いと思っております。


2、印旛沼環境基金理事会
昨年の暮れに環境省から発表されました全国湖沼水質測定結果によりますと、印旛沼は、宮城県の伊豆沼と並びワースト1位でした。印旛沼の水質は、改善が見られない状況が続いております。
自然と触れあう機会が少ない昨今において、人々の自然を大切にする意識の醸成は、極めて重要であると思います。
当基金としては、その一翼を担うべく、啓発活動に重点を置き、引き続き、住民の沼への関心や愛着を育んでまいりたいと考えております。

平成30年1月23日(月)1、ロッテマリーンズ・フレンドシップ協定締結式 2、市民カレッジ4年総長講話

1、千葉ロッテマリーンズとのフレンドシップシティ協定締結式
場所;ZOZOマリンスタジアム

千葉ロッテマリーンズ様と本市とのフレンドシップシティ協定を締結致しました。今後、本協定に基づき、イースタンリーグの開催や学校訪問活動など、様々な連携が実現することで、本市の野球競技の普及や競技力向上の大きな原動力となっていくことを期待しております。


2、市民カレッジ4年総長講話
場所; 佐倉中央公民館

平成30年1月4日(木)1、仕事始め式 2、印旛広域事務組合仕事始め式 3、清掃組合仕事始め式

1、仕事始め式
場所;社会福祉センター3F

新年、明けまして、おめでとうございます。仕事始め式を行いました。まず、本日、54人の方々が、永年勤続表彰を受けられました。長年にわたる市政への貢献に対しまして、心から敬意を表しますと共に、深く御礼を申し上げます。

また、昨年中の仕事で秀でた成果を上げた所属に対して、3件の所属表彰をいたしました。表彰を受けた所属の皆さんの尽力に改めて敬意を表します。

私は、市長就任以来、花やスポーツを活用したまちづくり、歴史・自然・文化を大切に育み、認知症施策などを含めた市民の健康づくりを実践してきましたが、その結果といたしまして、市内外の方々から、職員を含めた、この佐倉市への評価がじわじわと高まって来ていると、実感しております。
その一例といたしまして、昨年は複数の方から合計2億円近い寄附を頂きました。これは、佐倉市に寄附文化が根付いてきている証拠であり、職員の皆さんの日頃の堅実で、おもてなしの心に溢れた、素晴らしい仕事の成果、皆さんの努力の賜物だと考えております。

本年も皆さんと力を合わせて、未来の佐倉市を創る、次の世代に誇れる「ふるさと佐倉」づくりに邁進していくことを、ここに誓いたいと思います。どうぞ、皆さん、本年もよろしくお願い申し上げます。


2、印旛広域事務組合仕事始め式
場所;印旛広域

印旛広域事務組合の仕事始め式を行いました。当組合におきましては、広域化する行政ニーズを共同で対応することにより、事務事業を効果的、効率的に行い、構成市町(7市2町)の財政基盤の強化と財源確保に大きく貢献しております。
今後も、各職員の皆さんにおかれましては、常に問題意識を持ち業務に取り組んでいただきますようお願い致します。


3、清掃組合仕事始め式
場所;清掃組合

皆さんには、地域から排出される廃棄物の処理という、住民生活に密接した仕事を担当していただいております。当施設が、皆さんの努力により、日々、施設が円滑に稼働していることに、管理者として改めて御礼を申し上げます。
清掃事業においては、ごみ処理施設の老朽化に伴い、近隣の千葉市や印西市などで、新清掃工場の整備計画が進められ、県内でも、ごみ処理の広域化を検討する動きがありました。
当組合では既存施設の延命化を選定し、平成28年度から三ヵ年計画で進めてまいりました、「ごみ焼却施設基幹的設備改良工事」も、いよいよ、仕上げを迎えようとしています。
皆さんには、この施設が長く運営できるよう、地元住民から、更なる信頼が得られるよう、先見の明を持って仕事に取り組んでいただきたいと思います。

平成29年12月28日(木)仕事納め式 場所;社会福祉センター

『第4次佐倉市総合計画後期基本計画』、そして『佐倉市まち・ひと・しごと創生総合戦略』に基づき、職員の皆さんには、健康福祉や教育文化、都市土木、産業振興、災害対応など、佐倉市が「選ばれるまち」になるための各施策を着実に進めて頂きました。中でも4月の保育園入所待機児童ゼロの達成は大きな成果でありました。関係職員の皆さんに感謝申し上げます。また指定管理者制度や既存事業の見直しなど、苦難の局面も多く有りましたが、関係部局の皆さんが英知を絞り、改善策を立案してくれたことは大きな収穫でした。職員の皆さんの底力、対応能力の高さに、私は佐倉市の明るい未来を確信した次第です。

平成29年12月27日(水)1、佐倉市表彰 2、新春佐倉美術展懇親会 3、歳末警戒巡視出陣式 4、歳末警戒巡視

1、佐倉市表彰
場所;3階会議室


2、新春佐倉美術展懇親会
場所;市立美術館
新春佐倉美術展の搬送・展示の準備が整い、懇親会にお招きいただきました。
この展覧会も、今回で35回目を迎え、永きにわたり佐倉で創作活動される皆さまの発表の場として、一年の初めを飾る恒例の行事となっております。
芸術は、人々に精神的な豊かさ、感動を与え、生きる勇気と喜びをもたらす普遍的な力を持つものと確信しております。
新春佐倉美術展は、1月5日より14日まで佐倉市立美術館で開催されます。

出典 : 老子 道徳経60章
題名:治大國若烹小鮮
読み:大国を治むるは小鮮(しょうせん)を烹(に)るが若(ごと)し
意味:小鮮とは小魚のことで、小魚を煮るときは、やたらとかきまぜたり、突いたりすると形が崩れてしまうし、味も落ちてしまいます。
国を治めるときは、あまり細かいことに口を出さず、又、政府による上からの介入を避けて民間の活力を引き出す、これが理想なのだと述べています。


3、歳末警戒巡視出陣式
場所;市役所玄関前

消防団員の皆様、消防組合職員の皆様におかれましては、平素より佐倉市の安全・安心なまちづくりの推進にご尽力をいただき、この場をお借りしまして感謝申し上げます。
皆様はこれより警戒活動への巡視に出向されますが、寒さの厳しい折、風邪などをひかないよう、また事故のないように気をつけてください。
結びに、皆様がすばらしい新年を迎えることを、心よりご祈念申し上げます。


4、歳末警戒巡視
場所;臼井・千代田地区

平素より、消防団と消防組合との緊密な連携により、地域住民の生命、身体、財産が守られていることを、この場をお借りしまして深く感謝するとともに、大変誇りに思っております。

平成29年11月7日(火)1、子供議会 2、国立歴史民俗博物館館長・副館長来庁

1、子供議会
場所;佐倉市議会議場

「佐倉市子供議会」は、平成10年に「中学生議会」として開始され、その後、平成18年からは小学生による議会を実施することとなり、名称を「子供議会」に変え、現在まで続く佐倉市の伝統行事として定着しました。

今日は、生徒の皆さんが11小学校の代表として、自信と誇りを持って、自分の考えを、議場で述べてくれました。


2、国立歴史民俗博物館館長・副館長来庁
場所;応接室