投稿者「蕨和雄」のアーカイブ

平成30年8月1日(水)めいろう夏祭り 場所; 明朗塾、八街市

めいろう夏祭りにお招き頂きました。

19回目を迎えるこの夏祭りも、関係各位のご努力により、来場者が1日で2万人を超える大きなイベントに成長し、地域のコミュニティづくりに、ご貢献頂いております。

さて、社会福祉法人光明会におかれては、平成10年に社会福祉法人の認可を受けて以来、障害のある方に、就労や生活面での支援を行うなど、さまざまな活動に取り組んで頂いております。

佐倉市におきましても、障害者就業・生活支援センターの人設置や就職するなら明朗アカデミー・佐倉キャンパスを設置して頂き、数多くの障害者を就労の場へ送り出して頂いており、深く感謝申し上げます。

今後とも、社会福祉法人 光明会の御発展を祈念しております。

平成30年7月31日(火) 佐倉ジュニア合唱団来庁 場所; 応接室&市立美術館

7月27日〜29日に開催された東京国際合唱コンクールに出場した佐倉ジュニア合唱団と香港の児童合唱団Diocesan Toky choirの皆さんがいらっしゃいました。

佐倉ジュニア合唱団のみなさんには日頃から、市のイベントに多数、出演頂いており、その美しい歌声は定評があります。

香港の児童合唱団は世界合唱祭で金賞を受賞したりしており、レベルが高く、表現が豊かで、素晴らしい合唱団です。

両合唱団は以前から交流が有り、本日、佐倉で合同ミニコンサートが実現しました。

初めての合同合唱とは思えないほど、ハーモニーが良く、伸び伸びと明るく歌ってくれました。

子供を含めた、こうした市民レベルの草の根交流が、今後も続いてくれることを願っています。

平成30年7月30日(月) 1、献血推進協議会 2、世界女子ソフトボール選手権大会オランダ代表歓迎レセプション

1、献血推進協議会
場所; 第3委員会室

病気や怪我の治療のために、日本国内では毎日3.000人もの患者が輸血を受けております。

また、輸血に必要な血液製剤は、人工的には作れない上に、長期間の保存が出来ないという特徴があります。

従って、継続的な献血が、是非とも必要となってくる訳です。

佐倉市の献血者数は微増ながら増えております。引き続き、多くの市民の皆様のご協力をお願いしたいと思います。


2、世界女子ソフトボール選手権大会オランダ代表歓迎レセプション
場所; ウィシュトン

本日、オランダの選手団27名が愛知県での第1次合宿を行った後、来佐し、ウィシュトンホテルにて、歓迎レセプションを開催しました。

平成30年7月29日(日) 1、竹芸 米中英夫作品展 2、ユーカリ祭り 3、中志津夏祭り 4、西志津夏祭り 5、八幡台自治会盆踊り 6、佐倉杯争奪少年野球大会交流会

1、竹芸 米中英夫作品展
場所;ギャラリーリーベ


2、ユーカリ祭り
場所; ユーカリが丘南公園


3、中志津夏祭り
場所; 中志津中央公園


4、西志津夏祭り
場所; 西志津多目的広場


5、八幡台自治会盆踊り
場所; 八幡台自治会館前公園


6、佐倉杯争奪少年野球大会交流会

長島茂雄記念岩名球場での開会式
(台風により大阪チームと主催チームのみ)

場所; 湯ぱらだいす佐倉

平成30年7月27日(金) 1、民生委員OB会 2、佐倉市高齢者連合会芸能大会 3、郵便局長会議 4、上志津原納涼盆踊り大会

1、民生委員OB会
場所; 一幸

旧佐倉地区の民生委員経験者で組成している「みんじOB会」懇親会にお招き頂きました。

OBとは言え、皆さんまだまだお元気で地域の為にお役に立てる仕事が無いか、お問い合わせ頂きました。

皆さんがこれまで培ってきたご経験や知識を更にご活用頂けることは、行政にとっても、誠にありがたいことで有ります。

又、地域の課題等様々、お聞かせ頂き、勉強になりました。


2、佐倉市高齢者連合会芸能大会
場所; 志津コミュニティセンター

市高連芸能大会にお招き頂きました。

健康で長生きする秘訣は、よく食べ、睡眠時間を十分に摂ること、趣味を充実させること、そして適度に体を動かすことだと言われております。

今回のような芸能大会を大きな目標として、日頃から生きがいを持って、いつまでもお元気でご活躍頂きたいと思います。


3、郵便局長会議
場所; 市庁舎6階会議室

市内郵便局の皆様には、包括協定や個別協定に基づき、高齢者の見守り、不法投棄や道路損傷に関する情報など市民の安心安全に繋がる、きめ細かな支援を頂いております。

市内郵便局長の皆様と市職員が膝を突き合わせて、意見交換が出来る本日の会議は、大変貴重な機会であります。

平成30年4月24日に締結した「郵便局の見守りサービス」をふるさと納税の返礼品とすることに関する協定は、昨年度の会議において、郵便局の皆様よりご提案頂き、実現出来たものです。

今後とも、連携を密にして、より良いまちづくりに努めて参りたいと考えております。


4、上志津原納涼盆踊り大会
場所; 上志津原児童公園

平成30年7月26日(木) 1、千葉県商工会議所千葉C地区女性会総会 2、自民党千葉県連移動政調会

1、千葉県商工会議所女性会c地区総会
場所; 国立歴史民俗博物館

千葉県商工会議所女性会c地区(銚子から四街道までの北総地域)の会員の方々が、佐倉市にお集まりになり、総会が開催され、私は来賓として、お招き頂きました。

私からは、佐倉市の紹介を自然、歴史、文化に分けて、パワーポイントを使ってご説明しました。

佐倉市のことを、漠然と分かっていたつもりだったが、大変に参考になったと、皆さんから、お褒めの言葉を頂きました。

今後とも、佐倉市のシティープロモーションを積極的に行うことが大事だと、改めて感じました。


2、自民党千葉県連移動政調会
場所; 京成ミラマーレ

自民党千葉県支部連合会移動政調会が開催されました。

佐倉市からは、以下三点について要望致しました。


(要望項目1)
鹿島川・高崎川沿いの自転車道の整備

サイクルツーリズムの推進を図る意味から、佐倉ふるさと広場〜JR佐倉駅北・城南橋間で未整備となっている部分約1.1kmについての整備を要望しました。

(要望項目2)
鹿島川・高崎川の浚渫及び護岸再整備

JR佐倉駅〜ふるさと広場への舟運航路開設の為、高崎川の一部浚渫と護岸整備を要望しました。

(要望項目3)
主要地方道佐倉印西線バイパスよ整備

主要地方道佐倉印西線バイパス(田町工区)の完成は、佐倉市民の長年の悲願となっていますが、全行程のうち、約70%が整備済みとなっている。

未整備区間のうち、田町工区(下根・田町間 約1.1km)が完成することにより、利便性が大幅に改善することが見込まれることから、是非とも早期に完成させて頂きたいと思っています。

平成30年7月25日(水) 1、市政研究会 2、指定管理者審査委員会審査結果報告 3、総合教育会議

1、市政研究会
場所; ウィシュトン


2、指定管理者審査委員会審査結果報告
場所; 応接室

本日は、児童センターと学童保育所の指定管理者候補者選定にかかる審査の答申を審査委員会より、頂きました。

今回の対象施設は子供やその保護者を対象とした施設であり、審査も大変であったことと存じます。

答申でのご提言を踏まえ、安定的かつ質の高い利用者サービスの提供を行えるように、努めて参ります。


3、総合教育会議
場所; 第3委員会室

本日は、平成30年度第1回目の総合教育会議を開催致しました。

議題は、一点目として、本年度の教育分野の主要施策について、ニ点目として、現在、市が取り組みを進めている定住促進に関する取り組みについて、取り上げました。

そして、いじめ問題と公民館有料化に付きましては、現状把握というこで、報告をしてもらいました。

本日は、活発かつ中味の濃い議論が展開され、意義深いものが有りました。

平成30年7月24日(火) 1、茨城県ひたちなか市との広域避難協定締結式 2、農家視察 3、ボツワナ・ソフトボールチーム歓迎レセプション

1、茨城県ひたちなか市との広域避難協定締結式
場所; 千葉県印旛地域振興事務所

平成23年3月に発生した福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、茨城県が「原子力災害に備えた茨城県広域避難計画」を策定しました。

その中で、原子力発電所と極めて近距離に有る、ひたちなか市民の避難先について、千葉県を介して、印旛地域7市2町プラス神崎町に対し、原子力災害発生時の避難につき、受け入れの要請が有り、この度協定締結に至ったもの。


2、農家視察
場所; 石渡正日宏氏宅、岩富

本日は、弥富地区で大規模稲作経営を展開している石渡正日宏氏宅にお伺いしました。

石渡さんは、地域の担い手で、多くの農地(約25ha)を耕作しております。

その為、省力化や効率化を図る観点から、大型の農業機械や設備も導入されております。
そして、その設備状況や整理整頓状況は眼を見張るものがあり、さながら一企業経営をされている感が有りました。

今年からは、稲の病害虫防除の為、ドローンを活用した航空防除を実施しているとのこと。

全国的に農家の高齢化、後継者不足が進む中、このような地域の担い手となる農業者が
思い切った機械化と共に、ご活躍されていることを大変心強く感じました。


3、アフリカ・ボツワナチーム歓迎レセプション
場所; 岩名陸上競技場

本日は、第16回世界女子ソフトボール選手権大会にアフリカ第1代表として、参加するボツワナ共和国代表選手団の歓迎レセプションを行いました。

ボツワナには、佐倉市出身の中村藍子さんが、JAICA青年海外協力隊として、2年半前にソフトボールの指導を行う為、赴任しておりましたが、本日、凱旋帰国しました。
中村さんのご努力に心から敬意を表しますとともに、ボツワナ ソフトボールチームのご健闘を祈念致します。

平成30年7月23日(月) 印旛地区農業農村整備事業推進協議会 場所; 成田東武ホテルエアポート

千葉県北部の4市2町(佐倉市、成田市、八千代市、印西市、酒々井町、栄町)で組成する印旛沼地区農業農村整備事業推進協議会の総会が開催されました。私は、当推進協議会の会長を務めております。

当地域の受益面積約5000haの水田地帯で、国営ニ期地区事業が展開されています。これは、当地域に於いて、農業用用排水施設が設立から40年以上が経過し、老朽化による様々な問題が生じていることから、農業用用排水設備の再編を行い、農業用水の安定供給、排水不良の改善、区画整理等を行うものです。

平成22年に着工した国営印旛沼ニ期事業は、事業費ベースで66.5%の進捗率となっています。(37,700百万円x66.5%=約25,070百万円)

本事業は、主に農業の生産性向上を目的としておりますが、洪水防止、水循環による水質の浄化や生態系の保全など、多面的な役割も担っております。

今後とも、印旛沼周辺地域の継続的な発展を図る為、「恵の宝」である印旛沼を魅力ある資源として再生し、貴重な自然環境を次世代に継承することも、当協議会の重要な役割でもあると考えております。