投稿者「蕨和雄」のアーカイブ

平成30年10月6日(土) 1、臼井小学校運動会 2、弥富地区敬老会 3、和田地区敬老会 4、愛光秋祭り 5、千手会フェスタ 6、木内家花火大会


1、臼井小学校運動会
場所; 臼井小学校グラウンド

臼井小学校は今年で創立146年を迎え、巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄さんや音楽グループ「バンプ オブ チキン」など、日本で活躍する先輩方を輩出している歴史と伝統ある学校です。

本校は、今年度も陸上競技や相撲、合唱活動などに精力的に取り組んでおり、活躍して頂いております。

臼井小学校の益々の発展を期待致します。


2、弥富地区敬老会
場所; 弥富小学校体育館


3、和田地区敬老会
場所; 和田ふるさと館


4、愛光秋祭り
場所; 愛光駐車場

社会福祉法人・愛光は昭和30年に、「千葉県盲人福祉協会」の名称で発足して以来、長きに亘り、障害者の自立や生活に向けた支援や、高齢者への総合的な支援を一貫して続けて来られました。

この福祉に対する熱い情熱とご努力に心より敬意を表する次第です。

社会福祉法人・愛光の益々のご発展を祈念します。


5、千手会フェスタ
場所; 木の宮学園

千手会に於かれては、昭和62年に「さくら千手園」を設立されて以来、地域に根ざした福祉活動を展開して頂いております。

また、「木の宮学園」「レインボー」「ケアホーム山桜」「福寿園」など、多くの事業所を運営する他、佐倉市の2施設の指定管理者としてご協力を頂き、佐倉市の福祉行政に多大なるご尽力を頂いており、心から感謝致します。

社会福祉法人・千手会の益々のご発展を祈念致します。


6、木内家花火大会
場所; 木内家、飯田地区

平成30年10月4日(木) 1、行政改革懇話会委嘱状交付式 2、王子台地区敬老会

1、行政改革懇話会委嘱状交付式
場所; 3/F会議室

本日、5名の方に行政改革懇話会委員の委嘱状を交付させて頂きました。2年間委員として、幅広いご意見を賜りたいと存じます。

佐倉市はこれまで第5次までの行政改革に取り組み、また、私が市長に就任した平成19年以降、様々な見直しを行って参りました。その結果、市の財政状況は、大きく改善して来たところであります。

今後とも、多様化する市民ニーズや行政課題に適切に対応しながら、佐倉市を選ばれるまちにする為に、新たに、不断の行政改革に取り組んでまいります。


2、王子台地区敬老会
場所; 音楽ホール

平成30年10月3日(水) 1、うすい東地区敬老会 2、農家視察

1、うすい東地区敬老会
場所; 音楽ホール


2、農家視察
場所; 山崎新一さん宅

小竹のユリ(カサブランカ) 栽培農家、山崎さんのお宅にお邪魔しました。

当主の新市さん、奥さんと息子さん夫婦、パートさんとで運営を行っておられます。

販売は、直売で主として宅配で注文を受けているとのこと。

今年は、東大農学部の学生2名を農家実習で受け入れて頂きました。その時の様子を伺いましたが、「猛暑の中、泥だらけで頑張ってくれました。」と話されておりました。


場所; 丹上さんの畑

山崎さん宅からの帰路、新規就農して5年となる、丹上さんの畑を拝見させて頂きました。

丹上さんは、小竹の不耕作畑を借りて露地野菜を多品種栽培し、「結び合い農園」という名前で直売しておられます。

この日は夫婦二人で、忙しそうにサツマイモを収穫していました。そばで今年、生まれた赤ちゃんがおとなしく見守っている姿が印象的でした。

「市で紹介して頂いた畑で、立派な野菜が収穫出来、大変助かっている」とのこと。

丹上さんは、小竹で農家の空き家を買い上げ
小竹で、本格的に農業をされるとのことでした。

このように、各地区に新規就農者が増えるように、行政としても出来る限りの支援をしてまいりたいと考えております。

平成30年10月2日(火) 1、佐倉東高鹿陵祭(体育の部) 2、教育委員辞令交付 3、行政相談員自主研修会 4、清掃組合定

1、佐倉東高・鹿陵祭(体育の部)
場所; 佐倉東高グラウンド

佐倉東高は創立111年の歴史を誇る伝統校です。
私は、佐倉東高定時制振興会の会長を務めている関係も有り、毎年同校の体育祭にお招き頂いております。

過日の鹿陵祭(文化祭)では、服飾デザイン科の見事なファッションショーを始め国際調理科の料理、そして普通科の芸術作品展示等多彩で見事でした。

本日の体育祭も3科合同で、各クラスがそれぞれお揃いのユニフォームを着て、生徒達で準備し築き上げた素晴らしい体育祭となりました。

皆さんが整然と規律正しく行動している姿を見て、感動しました。

平成最後の体育祭を思い出深いものとし、佐倉東高の伝統に皆さんの手で磨きをかけて頂きますようお願いしました。


2、教育委員辞令交付
場所; 応接室


3、行政相談員自主研修会
場所; 大会議室

平成30年度印旛地区行政相談委員 自主研修会が佐倉市役所で開催されました。

皆様に於かれては、住民と国の行政機関との橋渡し役として、地道な活動をされています。県内では、158名の方が委員として委嘱されており、国の行政サービスや行政運営の改善に大きな役割を果たされております。

本日は、千葉地方法務局の赤原講師による講義のあと、佐倉武家屋敷への視察が予定されておりました。

本日の研修会が、皆様の充実した委員活動の一助となりましたら幸いです。


4、清掃組合定例会
場所; 清掃組合

平成30年10月1日(月) 1、社会福祉協議会赤い羽根募金開始 2、市民相談員委嘱状交付式 3、農家視察

1、社会福祉協議会赤い羽根募金開始
場所; 市長室

社会福祉法第112条の規定に基づき、本日より平成31年3月31日までの間、共同募金を実施する旨、厚生労働大臣より告示されました。

本日は、塚田共同募金会長、左奈田社会福祉協議会長及び社会福祉協議会職員の皆さんが、佐倉市役所に来庁され、庁内からの募金を手始めに、募金が開始されました。


2、市民相談員委嘱状交付式
場所; 応接室

佐倉市では、市民が日常生活を送る上で抱えるトラブルに対して、適切な解決の糸口を得られる様にする為、総合的な相談窓口として「法律・人権・行政相談」を開設しております。

この相談会は、市の基本理念である快適で安全・安心なまちづくりに於いて、市民生活に欠かすことの出来ないものとなっております。

本日は18名の市民相談員に加え、岩井睦氏に新たに市民相談員に就任して頂きました。

岩井様におかれては、これまで教員として培われたご経験を活かして頂きながら、市民生活の安定の為、ご尽力頂きたいと願っております。


3、農家視察
場所; 嶋田様宅、馬渡

馬渡の農家、嶋田仙一さん宅にお邪魔しました。
嶋田さんのお宅は、仙一さん、奥さんと息子さん、そのお嫁さんの4人での家族経営で農業をされています。

稲作の他、畑では大まさりや落花生、野菜等多品種を生産し、近くの直売所などで販売しています。

今後とも、農家の皆さんから、様々お話を伺い、市としてどの様な農家支援が出来るか研究して参りたいと考えております。

平成30年9月30日(日) 1、並木町御神酒所お披露目式 2、西志津敬老会

1、並木町御神酒所お披露目式
場所; 並木町ファミリーマート駐車場

本日は、並木町の御神酒所復元記念式典
にお招き頂きました。

並木町の御神酒所については、平成28年度に発生した不審火により全焼してしまいましたが、その膨大な復元資金を町内からの寄付や各地で地道な募金活動を行い賄ったと伺いました。

その労力は計り知れないものが有り、片岡英典復元実行委員会委員長始め、並木町の皆様、関係者の皆様のご努力に心から敬意を表しますと共に、地域文化の継承に多大なご尽力を頂いたことに深く感謝致します。

式典開催中は、台風による雨も上がり、お天気も味方してくれたかの様でした。

この御神酒所が復元出来たのも、地域の絆が強固だったからこそ実現出来たものと確信します。今年の佐倉の秋祭りには、華やかな引き回しが見られることと楽しみにしております。

並木町の地域ぐるみの新たな飛躍に向けた取り組みに、ご期待申し上げます。


2、西志津敬老会
場所; ふれあいセンター

本日は、台風接近に伴う大雨が予想される中、他3会場での敬老会は中止となりましたが、西志津社協敬老会は、西志津ふれあいセンターの中で、予定通り開催されました。

多くの高齢者の参加を得て、数々の催し物が披露され、皆様が楽しまれている姿が印象的でした。

西志津社協及び西志津地区自治会そして関係者、ボランティアの皆様のご尽力に感謝致します。

平成30年9月29日(土) 1、市民文化祭オープニング式典 2、内郷地区敬老会 3、佐倉東地区敬老会 4、佐倉市道4ー1号線樋之口橋開通式典

1、市民文化祭オープニング式典
場所; 音楽ホール

平成30年度第40回佐倉市民文化祭が開催されました。
佐倉市を代表する文化・芸術の祭典が一年も欠かすことなく、今日に至るまで継続できましたことに対し、実行委員、関係者の皆様の並々ならぬご努力に心から敬意を表します。

「芸術・文化活動が盛んなまち佐倉」は市民の皆様の手により形作られておりますが、市民文化祭はその大きな基盤となるものです。

来たる2020年の東京オリンピック・パランリンピックに於いても、佐倉市の文化・芸術を世界の人々に楽しんでいただけるよう、佐倉市が持つ魅力を様々な形で情報発信していきたいと考えております。


2、内郷地区敬老会
場所; 内郷小学校


3、佐倉東地区敬老会
場所; 佐倉東小学校


4、佐倉市道4ー1号線樋之口橋開通式典
場所; 表町樋之口橋

高崎川改修に伴い、平成27年より3年の歳月をかけて進めて来た、樋之口橋が完成し、本日開通式が挙行されました。

江戸時代、樋之口橋は千葉へと通ずる「六崎道」の重要拠点となる橋でありました。

また、昭和31年には、「佐倉樋之口橋納涼大会」として佐倉市で初めて花火大会を行なった場所でもあります。今年で第58回を迎えるほどに続いている花火大会は現在、印旛沼湖畔で行われていますが、その発端が樋之口橋であり、感慨深いものがあります。

また、この橋の完成により、当地区懸案の豪雨対策が一歩づつ着実に進んでいることを実感致します。

県、国交省のご協力に感謝致します。

平成30年9月28日(金) 1、市民カレッジスポーツフェスティバル 2、第10回障害者作品展 3、100歳訪問 4、福島大輔選手表敬訪問 5、佐倉・朝日健康マラソン大会実行委員会

1、市民カレッジスポーツフェスティバル
場所; 市立体育館

平成30年度佐倉市民カレッジ スポーツフェスティバルが盛大に開催されました。

参加の皆様におかれては、市民カレッジの授業の後に、自主的に練習を重ねられ、又、実行委員の方々がスポーツフェスティバルの準備、会場設営に当たられたと伺いました。

皆様のご努力に敬意を表します。

高齢化が一層進む中で、これからは皆様の心と身体が健康で、地域で安心して生きがいのある生活を送ることが出来る健康長寿社会を、築くことが大切です。

皆さまが、健康で長生きして頂くことが社会に活力を与え、未来を担う子供達の成長にも大きく貢献するものと考えています。

このスポーツフェスティバルはもちろんのこと、皆様には、市民カレッジでの活動やボランティア活動など様々な分野で力強くご活躍頂きたいと思っております。


2、第10回障害者作品展「ふれあいギャラリー」
場所; 市立美術館

本日から、今月30日までの3日間、「障害者作品展ふれあいギャラリー」が開催されます。

作品の出品にご協力頂いた皆様、開催にご尽力頂いた実行委員の皆様、ご支援頂いた事業所の方々等、多くの関係者の皆様のお力添えに感謝します。

様々な作品をご鑑賞頂く中で、出展者に寄り添い、障害について考える機会となりますことを願っております。


3、100歳訪問
⑴ 成田様 (クラーチファミリア)


⑵ 石田様 (上座)


⑶ 白石様 (さくら福寿苑)


⑷ 藤森様 (ユーカリ優都苑)


4、福島大輔選手表敬訪問
場所; 応接室

先般開催されたアジア大会(インドネシア)に於いて、障害馬術団体で銀メダルを獲得した市内在住の福島大輔選手が来庁されました。

障害馬術団体は競技アリーナに設置された様々な色や形の障害物を、決められた順番に飛越、走行して各チーム4人で得点を競う競技です。

福島選手はプレッシャーのかかる4番手で、華麗な跳躍を披露し、銀メダルの獲得に貢献しました。


5、佐倉・朝日健康マラソン大会実行委員会
場所; 社会福祉センター

平成31年3月開催の第38回佐倉朝日健康マラソン大会の第1回実行委員会を開催しました。

本大会は県内唯一の日本陸連公認大会で、公認大会としては、今回で6回目を数えるところとなりました。

今大会に於きましては、コース上の問題点(一部が砂利道、老朽化した狭い橋)を解消すべく、コースの一部変更を行いました。

今後は、ランナーの皆さんにとりまして、ストレスが緩和され、走りやすい、安全・安心な大会となったと自負しております。

多くの選手の皆さんのご参加を祈念しております。