投稿者「蕨和雄」のアーカイブ

平成30年9月22日(土) 1、ユーカリ第4ブロック敬老会 2、ユーカリ第2ブロック敬老会 3、ユーカリ第3ブロック敬老会 4、志津敬老会⑶ 敬老会

1、ユーカリ第4ブロック敬老会
場所; 志津小学校


2、ユーカリ第2ブロック敬老会
場所; コミュニティセンター


3、ユーカリ第3ブロック敬老会
場所; 青菅小学校


4、志津敬老会⑶
場所; 志津中学校

平成30年9月20日(木) 千葉県シニアパークゴルフ大会 場所; 佐倉グリーンパーク

千葉県シニアパークゴルフ大会が佐倉市を会場に180名の参加を得て、盛大に開催されました。

千葉県各地から参加された方々はレベルが高く、それぞれの技を十分発揮されました。
また、本大会の趣旨である会員相互の親睦と融和を図って頂きました。

高齢者の方々が、このような機会を捉え、スポーツを通して健康づくりや仲間づくりをされることは、素晴らしいことであり、この大会が末永く継続されることを祈念いたします。

平成30年9月17日(月・祝) 佐倉白翠園敬老会 場所; 白翠園

社会福祉法人誠友会・白翠園の敬老会にお招き頂きました。

社会福祉法人誠友会は今年で創立30周年を迎えられました。長年に亘り培われた経験、実績により佐倉市の地域福祉の中核として、大変なご尽力を頂いております。

市としても、急速な高齢化を展望し、見守りが必要な独り暮らしの方や、高齢者のみの世帯、認知症や要支援の方など日常生活で何らかの支援を必要とする方の増加が予想され、その対応が重要となってまいります。

さらに我が国に於いては、命に関わる猛暑や頻発した台風、豪雨、北海道の大地震など、大災害が相次いで発生しており、そのような災害時に配慮が必要となる高齢者への支援についても、早急な体制づくりが求められています。

そのような意味からも、地域包括ケアシステムの早期確立を図ることが極めて重要となってまいりました。

地域包括ケアシステムの確立にあたっては、社会福祉法人誠友会の皆様からの忌憚のないご意見等も、真摯に拝聴しながら、高齢者福祉の更なる充実に努めて参りたいと考えております。

平成30年9月16日(日) 1、和田小学校運動会 2、城の辺地区社協敬老会 3、関東大学サッカーリーグ 4、台町祭礼

1、和田小学校運動会
場所; 和田小学校グラウンド

和田小学校の運動会は小学校と幼稚園が一緒になる地域ぐるみの運動会として大変貴重な運動会となっています。

園児と低学年の皆さんが合同で行うダンスや4年生から6年生で行う組体操、全校で行うリレーと見どころ満載です。

和田小学校では、学校運営を進めるにあたり、日頃より地域や保護者之方々の沢山のご協力を頂いております。

今年度も夏野菜観察や大和芋作り、米作りなどの体験活動や読書活動など、子供達の為に地域が学校と協働して活動してくれることは、とても素晴らしいことで、感謝申し上げます。


2、城の辺地区社協敬老会
場所; 中央公民館


3、関東大学サッカーリーグ
場所; 岩名陸上競技場

前半戦; 順天大学対国士舘大学
後半戦; 筑波大学対専修大学

「JR東日本カップ2018 第92回関東大学サッカーリーグ戦」が岩名陸上競技場で開催されました。6月の前期リーグに引き続き、後期リーグも開催されましたことを喜ばしく思います。

先日行われたアジア大学では、21歳以下の日本代表が準優勝を成し遂げましたが、本日行われた試合にも、アジア大会出場選手がおられ、試合を大いに盛り上げて頂きました。


4、台町祭礼
場所; 台町青年館

平成30年9月14日(金) 音楽ホール改修工事視察 場所; 音楽ホール

音楽ホールの天井落下防止策や空調のやり変え、トイレ、照明、外壁修復等の改修が、足掛け9ヶ月の工事を経て、終了しました。

9月23日の千住真理子さんのバイオリンコンサートがリニューアルオープンとなります。

災害に強く、音響や照明装置素晴らしさを誇る当音楽ホールが佐倉市の文化の拠点として、又、多くの市民の皆様にご利用頂きたいと願っております。

平成30年9月13日(木) 1、県老人クラブ連合会理事長来庁 2、七彩会

1、県老人クラブ連合会理事長来庁
場所; 応接室


2、七彩会
場所; 市立美術館

佐倉市内で活躍する水墨画グループ「七彩会」の会員による作品展「七彩会展 個性派水墨画」にお招き頂きました。

会場には、会員23人が計65点を出品しています。

黒の濃淡で自然の風景や町並み、花、人物、心象風景など、様々な対象が描かれています。

絵画とはまた違った奥深さが感じられる力作が揃っています。

会員の皆様のご努力に敬意を表します。

平成30年9月11日(火) 1、内外情勢調査会 2、並木秀俊・截金(きりがね)作品展

1、内外情勢調査会
場所; ホテルニューオータニ東京

駐日中国大使・程 永華氏の講演をお聞きしました。概要は以下の通りです。

「本年5月の李克強首相の来日からしても、日中の関係は改善されつつある。同来日時、日中の第三国での経済協力の在り方を議論する官民フォーラム設置で合意したので、今後もアジアで協力したい。

習近平主席が提唱し、5年目を迎えたシルクロード経済圏「一帯一路」について、日中協力の新しいプラットフォームとして日本の協力を期待する。

日本で警戒感の有る「一帯一路」は共に協議、建設し、成果を分かち合うことが原則である。

エスカレートする米中貿易戦争については、中国に進出した米企業の輸出が増大したという側面も有り、貿易不均衡の責任は米国に有り、この問題は米国の構造的問題に起因している。」


2、並木秀俊・截金(きりがね)作品展

代表作 金孔雀

場所; そごう千葉店7階美術画廊

佐倉市出身(根郷小学校、佐倉中学校出身、東京芸術大学卒)の日本画家の並木秀俊さん(39歳)の截金作品展にお招き頂きました。

金箔を細く切り出して文様を描く截金技法を用いた作品25点が展示されています。

代表作「金孔雀」は桐の板に孔雀を描いた大作で、本体は日本画の伝統的な群青色で彩色し、羽は截金の技法で表現しています。

他にも、草花や風景、文様をモチーフとした繊細かつ華やかな装飾が魅力を放っています。

截金作品の並木秀俊さん、陶芸の和田的さん(40歳)は、ご両人とも佐倉市出身で、若くして一流の芸術家になられています。

明治初期、金工作品を職人芸から芸術に昇華させた佐倉出身の香取秀真、津田信夫そして西洋絵画を一流に高めた浅井忠を輩出した佐倉ですが、そのDNAが脈々と残っており、素晴らしい芸術家や音楽家が育っております。

佐倉市としても、これらの方々を大事にして参りたいと考えております。

平成30年9月9日(日) JAZZフェスティバル 場所; 織戸公園

JR佐倉南商店会及び表町商栄会の皆様のご尽力と地元自治会の皆様のご協力により、第2回ジャズフェスティバルが開催されました。

昨年も参観させて頂きましたが、心を打つ素敵なジャズの音色や、子供達の可愛い歌声、熱のこもったダンス、そして地元商店による出店など、お子様からご高齢の方まで、あらゆる年代の方が楽しめるイベントであったと感じております。

商店街は街の顔であり、地域のコミュニティの場でもあります。このジャズフェスティバルを通して、住民の皆様と商店会の皆様の絆が深まり、地域の賑わいの創出に繋がっていくことを大いに期待しております。