平成30年6月19日(火) ボツワナ大使来庁 場所; 応接室

本日、駐日ボツワナ大使が来庁されました。ボツワナは南アフリカのすぐ北に接した国です。

8月2日(木) から千葉県で開催される世界女子ソフトボール選手権大会に、ボツワナがアフリカ第1代表として出場しますが、7月23日にボツワナチームが佐倉入りし、岩名第2球場で開幕直前までキャンプを張り、練習に励むことになっております。

この度は、佐倉市にお世話になるということで、大使がご挨拶に見えました。

このボツワナ・ソフトボールチームには、市立井野中学校出身で、日体大、実業団で内野手として活躍した、中村藍子さんが、JICA青年海外協力隊として、2017年1月にボツワナに赴任し、コーチとして選手強化に当たりました。

赴任に先立つ2016年12月、中村さんは佐倉市役所宛、表敬訪問されましたが、「予選を勝ち抜いて、選手権の際、佐倉市にお世話になりたい」と決意を述べて行かれました。この決意が実を結び、この度故郷に錦を飾った形となりました。

生憎というか、幸運にもというか、初戦が対日本となりました。私達としては、両方応援することとなりましたが、いずれにせよ、リーグ戦なので、両チームとも勝ち上がって行くチャンスは十分あります。

両チームの選手の健闘を祈ると共に、両国の絆が一層深まることを願っています。

平成30年6月18日(月) 1、佐倉むらさきライオンズクラブ&長崎あじさいライオンズクラブ来庁 2、佐倉花火大会安全対策会議 3、印旛支部消防操法大会出場部激励会

1、佐倉むらさきライオンズクラブ&長崎あじさいライオンズクラブ来庁
場所; 応接室

佐倉むらさきライオンズクラブと長崎あじさいライオンズクラブは5年前、姉妹ライオンズクラブとなっております。

本日、長崎あじさいライオンズクラブの会長他3名の方々が、佐倉むらさきライオンズクラブの会員の方々と市役所に表敬訪問をされました。

両ライオンズクラブ共、結成10周年を迎え、今後の意気込みが感じられました。

今般、長崎市では、長崎市立仁田佐古小学校建設に合わせ、「長崎養生所」の遺構が発見されました。

1861年、ポンペが松本良順の協力を得て長崎養生所(日本最初の病棟と医学所、後の長崎大学医学部)を建設しています。

松本良順は佐倉順天堂創立者佐藤泰然の次男です。(後に幕府御典医松本良甫の養子となる。)

そのような関係で、先般、田上長崎市長から電話が有り、同小学校体育館に隣接して養生所の資料室を作るので、資料収集等で協力して欲しいとの依頼がありました。

当市としても、全面的な協力を約束しましたが、ライオンズと共に、西の長崎と東の佐倉の連携が一層深まることを期待したいと思っています。


2、佐倉花火大会安全対策会議
場所; 社会福祉センター

8月4日(土) 開催予定の第58回佐倉市民花火大会「佐倉花火フェスタ2018」の合同安全対策会議を開催しました。

警察署、交通安全協会、消防署、千葉県、印旛漁業協同組合、印旛沼土地改良区、京成電鉄、ちばグリーンバス、消防団、花火煙火店、観光協会、商工会議所、青年会議所、佐倉市等総勢50名の関係者で安全対策会議を行いました。

本年は、ビック・プレミアム・スターマインを従来の6000発から2000発増やし8000発とし、10分間で打ち上げます。

その他、従来の花火を10000発打ち上げますので、総数18000発となります。

上空で直径500mとなる二尺玉4発と水上花火、そして青年会議所の手筒花火も従来通り行い、観客の皆様の満足度を高めていきたいと考えております。

一方、何よりもまず、関係者との緊密な連携のもと、お客様の安全確保最優先で進めて参りたいと考えております。


3、印旛支部消防操法大会出場部激励会
場所; 社会福祉センター

来たる7月1日に開催される千葉県消防協会印旛支部操法大会に佐倉市消防団の代表として、第3分団22部、第5分団45部が出場することになりました。

消防団の皆様には、昼夜を問わず訓練を重ねてこられた成果を遺憾無く発揮して頂きたいと存じます。

強豪が割拠する印旛支部大会ででの優勝を期待しております。

平成30年6月17日(日) 1、関東大学サッカーリーグ「早稲田大学対専修大学」 2、千葉ロッテマリーンズ佐倉市デー「千葉ロッテマリーンズ対読売ジャイアンツ」

1、関東大学サッカーリーグ
「早稲田大学対専修大学」
場所; 岩名陸上競技場

この度は、「JR 東日本カップ2018第92回関東大学サッカーリーグ戦」が、佐倉市岩名陸上競技場で開催されました。

本日は、早稲田大学対専修大学及び法政大学対順天堂大学の2試合が展開されました。選手の皆さんには、日頃の練習の成果を遺憾無く発揮して頂いて、華麗なテクニックや気迫溢れるプレーを観客の皆さんにご披露して頂きたいと挨拶しました。

6月15日からFIFAワールドカップロシア大会が開幕し、日本代表は明後日6月19日に初戦を迎えますが、ここでも素晴らしい試合を展開してもらいたいと願っております。


2、All for Chiba 佐倉市デー
「千葉ロッテマリーンズ対読売ジャイアンツ交流戦」
場所; ZOZOマリンスタジアム

千葉ロッテマリーンズは、All for C hiba の一環として、県内二軍試合を開催する各市を対象とし、フレンドシップ協定を締結するとともに、本協定の象徴としてAll for Chiba デーではチームが着用するCHIBAユニフォームの右袖に対象市名入りロゴを付けて試合します
きょうは、千葉ロッテマリーンズの選手は全員が右袖に佐倉市のマークを付けて試合に臨んでくれました。

結果は、接戦ながら、2対1でロッテマリーンズが勝利しました。

平成30年6月16日(土) 東日本鉄道OB会佐倉支部総会 場所; 佐倉商工会議所

東日本鉄道OB会佐倉支部定時総会にお招き頂きました。

会員の皆様は、長年に亘り国鉄・JR に勤務してこられ、退職された後も強く団結され、社会福祉活動等を通じて、社会貢献されておられ、心より敬意を表します。

魅力あるまちづくりの為、皆様が現場で培われた様々な技術や豊かな経験を活かして頂き、今後とも地域にご貢献頂ければ幸甚です。

平成30年6月15日(金) 1、東京大学 根本教授来庁 2、佐倉市書道協会展

1、東京大学 根本教授来庁
場所; 応接室

毎年、佐倉市では、東京大学農学部の学生の農家実習を市内農家のご協力を得て実施しています。

本日は、同大学との連携協定のもと、平成27年から進めてきた、米粉特性の調査状況と新品種育成の進捗状況について、根本教授より説明が有りました。

同教授によれば、飼料用米の商業ベースでの栽培と市場性の調査を実施し、主食用米に変わる新たな用途に適した飼料米を研究開発して、米粉の需要拡大に向けて、引き続き研究を重ねたいとの説明が有りました。

収量の多い新品種の飼料米からの米粉を使ったパンの製造等に転換をすることにより、農家の収益拡大を図るというものです。研究状況は道半ばではありますが、当市としても一日も早い研究成果を期待したいと思っています。

飼料米の研究開発にとどまらず、今後とも、東大農学部との連携を深めて参りたいと考えております。


2、佐倉市書道協会展
場所; 市立美術館

第34回佐倉市書道協会展が市立美術館で開催されました。
会員数は総勢74名で、それぞれ漢字、かな、調和体と趣を異にして、精力的に作品が出品され、見応えのあるものとなっております。

本協会会員の作品発表の機会は,
年三度(6月;市書協展、10月;市展、1月;新春展)ですが、私も毎年三度お付き合いをさせて頂いております。

普段の展覧会では要綱通りの規定サイズ作品を書くことが多いのですが、、本市書協展に於いては何の束縛もなく自由な作品サイズで思い通りに書ける醍醐味が有ります。
 
又、昨年同様 小作品も併設展示しています。

私は、大作「思無邪」と小作品「慈愛」を出品致しました。


思無邪;(「論語」為政)心が素直で、偽り飾るところがない。少しも邪悪な考えが無い。江戸時代末期の薩摩藩主、島津斉彬(なりあきら)が座右の銘とし、(おもいよこしまなしと読みます)、現在も斉彬直筆の書が残っています。NHK大河ドラマ「西郷どん」にちなんで書いてみました。

慈愛; 親が子供をいつくしみ、かわいがるような、深い愛情。

期日は、6月12日(日)〜17日(日)10時〜18時(最終日は16時閉場)

平成30年6月10日(日) 1、佐倉市民体育大会剣道大会 2、立教大学校友会・佐倉立教会総会 3、佐倉防犯パトロール・ネットワーク総会

1、佐倉市民体育大会剣道大会

立身流演武

場所; 市立体育館

佐倉市民体育大会剣道大会が、小学生男女126名、中学生男女120名、高校生・一般男女73名、合計319名の剣士の皆さんの参加を得て盛大に開催されました。

日頃の稽古の成果を充分に発揮し、正々堂々と戦って頂きたいと思います。

本大会の試合前に演舞の披露が有りました。その中でも、立見流は江戸時代、佐倉藩に於いて採用された武術です。この立見流がこの度、日本遺産の構成文化財として追認されました。立見流は、現代剣道の源流のひとつとされており、その形は警視庁の形にも取り入れられております。

今後とも、立見流を始めとする武術、そして剣道が益々盛んなまち、佐倉となるよう願っております。

2、立教大学校友会・佐倉立教会総会
場所; アクアユーカリ

立教大学校友会・佐倉立教会の総会にお招き頂きました。

佐倉立教会は、平成28年6月に発足され、花火大会の観覧を始め、様々な活動を通じて、会員相互の交流を深められておられます。

立教大学は何と言っても長嶋茂雄さんの出身校であり、長嶋さん在学中は6大学野球で圧倒的な強さを誇りました。

長嶋さんの活躍で有名になったのは、立教大学と佐倉市です。

そう言った意味からも、立大OBの皆様方には、様々な観点から地元社会を支える大きな力になって頂きたく、OBの皆様のご活躍を切に願っております。

3、佐倉防犯パトロール・ネットワーク総会
場所;中央公民館

佐倉市・八街市・酒々井町で構成されている、さくら防犯パトロールネットワークの総会にお招き頂きました。

さくら防犯パトロールネットワークは、平成15年2月に設立され、「子供の見守り」「防犯パトロール」「青色回転灯装着車によるパトロール」などの防犯活動の他、佐倉警察署と2市1町の防犯活動団体との連携や情報の共有を図って頂いております。現在では、110の団体、5,400名以上の方々がご活躍されておられます。

皆様のご努力、ご活動により犯罪の発生は年々減少傾向を示しておりますが、一方で、振り込め詐欺や、カードの騙し取りなどの被害は、依然として多く発生しております。

皆様のご活動が益々重要となっておりますので、今後とも引き続き安心安全なまちづくりにご支援を頂きたいと存じます。

平成30年6月9日(土) 佐倉城下町菖蒲まつり 場所; 城址公園菖蒲園

田町町内会及び関係者の皆様のご尽力を得て、菖蒲祭りが盛大に開催されました。

今年の菖蒲田は、手入れが例年より、行き届いていて、見応えのある花々が咲き誇っておりました。

気温の関係で、花の咲き具合が早く、アヤメは、終わってしまいましたが、菖蒲、花菖蒲が見頃となつています。

3月末の桜、4月のチューリップ、5月の薔薇、6月の菖蒲、アヤメと佐倉フラワーフェスタが順次華やかに展開されています。

これからも、ひまわり、コスモス、秋咲きの薔薇とまだまだ、お楽しみ頂けます。

多くの市民が花に癒され、活気あるまちづくりが出来ますよう、行政としても、市民協働の下、努力して参ります、

平成30年6月6日(水) 1、全国市長会議 2、地域から森・里・川・海のつながりの回復に取り組む首長の会総会 3、イースタンリーグ実行委員会

1、全国市長会議

退任挨拶する松浦正人防府市長

場所; ホテルニューオータニ「鶴の間」

議事
⑴ 平成29年度決算報告
⑵ 平成30年度予算承認
⑶ 各支部提出議案審議
⑷ 決議案
① 東日本大震災からの復旧・復興及び福島第一原発事故への対応に関する決議
② 防災対策の充実強化に関する決議
③ 地方創生の推進・分権型社会の実現に関する決議
④ 都市税財源の充実強化に関する決議
⑤ 子ども・子育てに関する決議
⑦ 公立小中学校施設整備の為の予算確保に関する決議
⑧ 参議院選挙改革に関する決議
⑸ 役員改選


2、地域から森・里・川・海のつながりの回復に取り組む首長の会総会
場所; ビジョンセンター永田町6階)

当該首長の会は環境省と緊密に連携し、活動之趣旨を次の通りとしています。

国土全体として森里川海のつながりを回復することは極めて重要であり、また、各自治体が様々な課題を抱えている現状に於いては、森里川海の上流・中流・下流のそれぞれの地域が抱える課題を総合的に解決して行くような取組が求められ、かつそうした取組が地域の創生にもつながる。

そのためにも国民一人一人が自然の恵みを意識しながら力を出し合い、地方と都市が一体となって取り組んでいくことが求められている。このような観点から、当首長の会は次のような活動を行なっていく。

⑴ 森里川海のつながりの維持・回復に向けて積極的な情報収集と政策の提案を行なっていく。

⑵ 森里川海のつながりの維持・回復の為の財源として、あらゆる資金チャネル を活用する仕組みを創設する。


3、イースタンリーグ実行委員会
場所; 社会福祉センター3階

本年度、第一回目の実行委員会を開催し、以下の事項を確認しました。

⑴ 実施内容
イースタンリーグ
千葉ロッテマリーンズ対読売ジャイアンツ
⑵ 実施日
平成30年9月1日(土)
試合開始予定時刻; 13時00分
⑶ 場所
長嶋茂雄記念岩名球場
⑷ 入場料(前売り券)
内野スタンド席 1,500円
内野芝生席 1,000円
外野芝生席 500円
(販売開始; 平成30年7月15日〜)

平成30年6月5日(火) 1、佐倉市観光協会総会 2、全国市長会創立120周年記念市長フォーラム (大村智氏講演)

1、佐倉市観光協会総会
場所; 佐倉市立美術館

本年4月に、佐倉ふるさと広場の売店「佐蘭花」をリニューアル致しました。
売り場面積の拡充により、5月までの前年比売上高が、1.4倍に拡大しました。

観光を成功させていくためには、行政と観光協会が知恵と汗を出し合いながら、車の両輪となって取り組んでいく必要が有ります。

観光協会の皆様方に於かれましては、より一層の積極的な運営とご協力を切にお願い致します。


2、全国市長会創立120周年記念フォーラム・北里大学特別栄誉教授・大村智氏講演「私の研究と社会貢献」

場所; 全国都市会館

大村智先生は本年7月14日に佐倉中央公民館で3度目の講演 (ノーベル賞受賞後初) を行って頂くことになっていますが、先生の主な研究業績は以下の通りです。

微生物が生産する有用な天然有機化合物の発見を目的に独創的な研究を推進し、これまで500種類以上の化合物を発見。

そのうち、26種類が医薬、動物薬、農薬、及び生化学研究用試薬として広く使われ、感染症の治療・撲滅、生命現象の解明などに貢献している。

特に、抗寄生虫薬イベルメクチンは熱帯病のオンコセルカ症及びリンパ系フィラリア症の他、疥癬の予防・治療薬として年間3億人余りに使われている。

(イベルメクチンは先生がロイヤリティを放棄したことから、現在WHOが無償で赤道直下の人々に供給しております。
オンコセルカ症は2020年に、フィラリア症は2025年に撲滅される見込みです。)